大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
積立
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

信用取引とは

信用取引は委託証拠金を担保にその約3倍強の株式取引ができます

信用取引とは、投資家が証券会社に委託保証金(現金や一定の有価証券)を担保として預入れることにより、資金または株式を借りて行なう取引です。

信用取引は、委託保証金という少ないお金でその数倍もの取引を行なうことができるため(通常は委託保証金の約3倍強)、相場の方向性をタイミングよくつかむことで、高い投資効果を得ることが可能となりますが、予想が外れた場合には、大きな損失を被る危険性があります。

つまり、信用取引はハイリスク・ハイリターンの取引です。

株価の上昇を予想する投資家の信用取引

株価の上昇を予想する投資家は、証券会社から資金を借りて株式を買付け、一定期間(制度信用取引の場合は6カ月)以内に借りた資金を返済して取引を決済します。返済方法は、買付けた株式を売戻して支払うか、あるいは手元にある現金を差出すか(現引き)のいずれかです。

この信用取引の損益のイメージ例は以下のとおりです。

イメージ例

A社の株価が1,000円のときに上昇を予想。手元資金300万円(委託保証金)を担保に借りた資金で10,000株を買付け。
(手数料、金利等のコストは考慮していません)

予想どおりの場合:(1,500円-1,000円)×10,000株=500万円→手元資金300万円に対して500万円の利益 予想に反した場合:(900円-1,000円)×10,000株=100万円→手元資金300万円に対して100万円の損失

株価の下落を予想する投資家の信用取引

株価の下落を予想する投資家は、証券会社から株式を借りて当該株式を売付け、一定期間(制度信用取引の場合は6カ月)以内に借りた株式を返済して取引を決済します。返済方法は、売付けた株式を買戻して返却するか、あるいは保有している同じ銘柄の株式を差出すか(現渡し)のいずれかです。

この信用取引の損益のイメージ例は以下のとおりです。

イメージ例

B社の株価が1,000円のときに下落を予想。手元資金300万円(委託保証金)を担保に借りたB社株10,000株を売付け。
(手数料、金利等のコストは考慮していません)

予想に反した場合:(1,000円-1,100円)×10,000株=100万円→手元資金300万円に対して100万円の損失 予想どおりの場合:(1,000円-500円)×10,000株=500万円→手元資金300万円に対して500万円の利益

信用取引サービスについて詳しくはこちら

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら 新規ウィンドウで開く