大和証券 Daiwa Securities

ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス「ダイワ・コンサルティング」コース専用サービス

ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス

ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス(PAAサービス)

資産運用にもコンシェルジュを

近年、ホテルなどの総合案内係といった職名を指す言葉として日本でも使われるようになった「コンシェルジュ(concierge)」。

本来はフランス語で建物の門番を意味する言葉であったと言われています。
現在はホテルに限らず種々の観光施設や商業店舗等で「お客さまの様々なご要望にお応えするスタッフ」の呼び名として「コンシェルジュ」が使われたり、またサービス体系として「コンシェルジュ・サービス」という呼び方もされています。

私たちは、証券ビジネスの分野で長年培ってきた経験とノウハウを活かし、お客さまに最上級の快適さを提供するため、ダイワSMAにワンランク上のサービスを導入いたしました。

プライベート・アセットアロケーション・サービス
Private Asset Allocation Service

ダイワSMAはお客さまに資産運用のコンシェルジュサービスを提供いたします。

PAAサービスの特長

  • 特長1 機動的なアロケーションの実行
    • 定量的な分散だけにとらわれない資産配分、また、市場動向を勘案した資産配分を行ないます。
    • 現金を含めたリスク管理を行ない、機動的に対応します。
  • 特長2 オーダーメイドの運用(個別運用)PAAサービスでは、お客さまにご記入いただいた「投資意向ご確認書」をもとに、お客さまと綿密な打合せを行ないます。
    打合せの内容に基づいて、お客さまごとの「許容リスク」、「期待リターン」など定量的なものはもちろん、投資に対する嗜好なども加味した上で、お客さまお一人おひとりに合せた運用を行ないます。
    また、「ぜひ投資したい」あるいは「投資したくない」など、あらかじめ投資対象を指定することも可能です。
  • 特長3 投資判断者(アセット・アドバイザー)が運用報告
    • アセット・アドバイザーは運用だけでなく、お客さまへの運用報告も合せて行ないます。
    • PAAサービスでは、運用報告を行なうにあたって、専用の報告書を作成しています。

ご契約までの流れ

  • サービス内容のご説明本・支店の担当者からサービス内容を説明します。
  • 投資意向のご確認ご面談等を通じて、お客さまの投資目標やリスクに対する考え方を確認させていただきます。
    お客さまに「投資意向ご確認書」をご記入いただき具体的な資産配分のご提案を行なう際の参考にさせていただきます。
  • お客さまごとのポートフォリオのご提案専任のアセット・アドバイザーが「プライベート・アセットアロケーション・サービス提案書」を作成し、お客さまのご意向を踏まえた複数のポートフォリオをご提案します。
    資産配分について一任して頂ける範囲をご相談します。
    この際、あらかじめ投資対象としないアセットを指定していただくことも可能です。
  • ご契約・ダイワSMA口座開設お客さまとのご面談で決定した運用方針を元に「プライベート・アセットアロケーション・サービス投資方針説明書」を作成し、内容をご説明します。
    その後、投資一任契約の締結を行ないます。契約締結時に、投資一任契約による運用を行なうためのSMA専用口座(ダイワSMA口座)を併せて開設いたします。
    契約締結の締切は、原則として、月末3営業日前までとなります。
  • 入金手続月末2営業日前までに、投資一任契約により運用されるご資金をご入金ください。
  • 運用開始ご入金の確認が取れましたら、翌月初めから運用が開始されます。
  • 運用報告お問合せダイワSMA専用の運用報告書(月次・四半期)の他に、毎月、PAAサービス専用の運用報告書をお届けいたします。専用フリーダイヤルにより、専任のアセット・アドバイザーまたはSMAコンサルタントへお問合わせいただけます。

PAAサービスご契約概要

契約資産額 「投信コース」は1億円以上500万円単位
「投信・ETFコース」は2億円以上500万円単位
契約期間 1年の自動更新(終了2カ月前に通知)
SMA口座開設・運用開始 原則として、月末3営業日までに締結した投資一任契約によるご資金を翌月初めより運用開始
運用コース 「投信コース」
内外株式、外国債券、転換社債、REIT、商品市場などに投資する投資信託(SMA専用およびファンドラップ専用)を組合せて運用
「投信・ETFコース」
内外株式、外国債券、転換社債、REIT、商品市場などに投資する投資信託(SMA専用およびファンドラップ専用)と、国内ETF(株価指数連動型上場投資信託)等を組合せて運用
投資信託及びETFの売買 投資一任契約に基づきアセット・アドバイザーが適宜行ないます。
契約資産額の変更 契約資産額の増額は500万円単位で、毎月可能。
減額は1円以上1円単位で、契約の有効期間開始日以降、毎月初めに変更可能。
解約 毎月15日までの申込みにより、月末に可能(資産返還にあたっては、現金化のための時間が必要なスタイルもあります)。申込期限日が営業日ではない場合、申込期限日は前営業日に繰上がります。
報酬 成功報酬型と固定報酬型より選択

※金銭の代わりに株式を活用したご契約も可能ですが、詳細はアセット・アドバイザーまたはSMAコンサルタントにご相談ください。
ダイワSMA、PAAサービス投信コース、PAAサービス投信・ETFコースは、いずれか1つを選択してご契約いただきます。同時選択はできません。

「ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス」のお取引窓口について

このページの先頭へ

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • ダイワSMA(「ダイワSMA」及び「ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス」の両方を含みます。以下同じ)報酬は、投資一任契約に定める契約資産の額に一定の料率(成功報酬型:上限3.24%(税込)、固定報酬型:上限4.32%(税込))を乗じて計算します。さらに成功報酬型の場合は、運用成果の額の最大21.6%(税込)が加算されます。また、多種多様な運用スタイルに応じて間接的にご負担いただく費用(信託報酬など)を別途ご負担いただきます。詳しくは、各商品の目論見書、契約締結前交付書面をご確認ください。

ご投資にあたってのリスク等

  • ダイワSMAは投資一任契約に基づき、ダイワSMA口座において値動きのある有価証券に投資・運用するサービスであるため、契約資産の額(投資元本)が保証されるものではなく、金利・為替相場の変動および株式・債券の発行者の信用状況などが変化することにより、投資元本を下回る可能性があります。
  • 運用による損益は、すべて投資者であるお客さまに帰属します。
  • なお、信用取引または先物・オプション取引を利用する投資一任契約を締結する場合に限り、多種多様な運用スタイルに応じて契約資産の額の一定割合を証拠金等として差入れます(これら取引の金額は証拠金等を上回る可能性がありますが、これら取引の金額の証拠金等に対する比率は運用状況によって異なり、事前に算出することはできません)。相場変動、発行者に係る状況等の変化により、株式等の価格または市場価額が予想と反対の方向に変化し、短期間のうちに証拠金等の大部分またはそのすべてを失う可能性があります。また、その損失は証拠金等の額だけに限定されず、契約資産の額(投資元本)のすべてを失うか証拠金等の追加差入れが必要となる場合があります。信用取引または先物・オプション取引の詳細については、契約締結前交付書面をご確認ください。

ご投資にあたっての留意点

  • ダイワSMAのお申込みにあたっては、あらかじめ契約締結前交付書面をお渡ししますので、よくお読みください。
  • また、お申込みの際には、「ダイワSMA投資一任契約書(兼契約締結時交付書面)」または「ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス投資一任契約書(兼契約締結時交付書面)」、「ダイワSMAサービス内容説明書」または「ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス内容説明書」、「ダイワSMA口座約款」等で詳細をご確認ください。
前のページへ戻る このページの先頭へ

SMA

  • ダイワSMA
  • ダイワSMAプライベート・アセットアロケーション・サービス