外国株式

外国株式投資情報

マーケット動画

ダイナミックに躍動するニューヨーク市場。一日の動きと注目の経済指標や個別銘柄の動向をニューヨークから詳しく解説します。

毎営業日、香港市場(前引け・大引け)の情報をご提供しています。

中国マーケット (毎日 8:40)

中国マーケット 前引 (毎日 14:10)

ログイン後にご覧になれるレポート

「ダイワのオンライントレード」にログイン後、旬の話題についての解説など個別銘柄に関するさまざまなレポートをご覧いただけます。
豊富なレポートからお気に入りのものを見つけていただき、ぜひ日々の投資にお役立てください!

詳細を見る

取扱市場・取扱銘柄

「ダイワ・コンサルティング」コースのお客さまは20カ国、「ダイワ・ダイレクト」コースのお客さまは16カ国の株式にご投資いただけます。
こちらでは、主な取扱市場と、当社で取扱いの銘柄の中から一部の銘柄についてご紹介します。

地域 国名 市場 取扱コース・取扱窓口
北米 アメリカ ニューヨーク

「ダイワ・コンサルティング」コース

お店

「ダイワ・ダイレクト」コース

コンタクトセンター

ナスダック
カナダ トロント
欧州 イギリス ロンドン
スイス チューリッヒ
デンマーク コペンハーゲン
ノルウェー オスロ
スウェーデン ストックホルム
フィンランド ヘルシンキ
ドイツ フランクフルト
フランス パリ
イタリア ミラノ
スペイン マドリッド
オランダ アムステルダム
ベルギー ブリュッセル
オーストリア ウィーン
アジア・オセアニア 中国 香港

「ダイワ・コンサルティング」コース

お店


タブレット

インターネット

「ダイワ・ダイレクト」コース

コンタクトセンター


タブレット

インターネット

上海B

「ダイワ・コンサルティング」コース

お店

「ダイワ・ダイレクト」コース

コンタクトセンター

シンガポール シンガポール

「ダイワ・コンサルティング」コース

お店

タイ バンコク
オーストラリア シドニー
アフリカ 南アフリカ ヨハネスブルク

「ダイワ・コンサルティング」コース

お店

  • マレーシア、インドネシア、「ダイワ・ダイレクト」コースにおけるシンガポール・タイ・オーストラリア・南アフリカの株式の注文は、売付のみお取次ぎいたします。

主な取扱市場

米国株

ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(NASDAQ)上場銘柄を取扱っています

中国株

香港証券取引所上場銘柄を取扱っています

欧州株

欧州13カ国の株式を取扱っています

新興国株式

ブラジル、インド、ロシアといった注目度の高い国の個別株式(DR)を取扱っています

海外ETF

先進国・新興国・商品など様々な銘柄を取扱っています

取引方法・手数料(口座管理料)

大和証券では外国株の取引方法として3つの取引を用意しています。

  • 1
    お客さまが大和証券を通じて直接海外市場に発注を行なう「海外委託取引
  • 2
    お客さまと大和証券の間で相対で取引を行なう「店頭設定
  • 3
    1日の値動きを平均した価格を基準に売買できる「出来高加重平均取引

自分のニーズに合った取引を選択できることも、外国株投資のポイントです。

(1)海外委託取引

お客さまのご注文を当社が取次ぎ、現地証券会社経由で現地市場にて執行いたします。
ご精算金額は、約定金額(株数×約定価格)のほか、現地手数料・現地諸費用等・国内取次手数料等が別途必要となります。
中国株を海外委託取引でお取引いただく場合はオンライントレードから注文することができます。
中国株以外の外国株を海外委託取引でお取引いただく場合は、各コースのお取扱窓口で注文を承ります。

お客さま→大和証券(日本)→大和証券(米国)→NY証券取引所 海外委託取引のイメージ図

(2)店頭設定

お客さまからのご注文に対して、当社が相手方となって取引を成立させる相対取引です。
通常、取引価格は、現地市場における終値等に対し、お客さまの買付価格は高く、売却価格は低くなります。ご精算金額は、約定金額(株数×取引価格)となります。
店頭設定でお取引いただく場合は、各コースのお取扱窓口で注文を承ります。

お客さま⇔大和証券 店頭設定のイメージ図

(3)出来高加重平均取引(「ダイワ・コンサルティング」コースのみ)

当社を相手方として、出来高加重平均値を基準とした価格で売買する方法です。
平均値を基準に取引するので、値動きが大きい銘柄の売買に効果的です。
出来高加重平均でお取引いただく場合は、お取扱窓口で注文を承ります。

出来高加重平均値 出来高加重平均取引のイメージ図

各取引の違いとメリット・デメリット

  海外委託取引 店頭設定 出来高加重平均取引
取引形態 当社を通じ、直接海外の市場に注文を出す方法です。 当社を相手方として、当社が設定した価格で売買する方法です。 当社を相手方として、出来高加重平均値を基準とした価格で売買する方法です。
取引対象銘柄 当社の定めた範囲内で幅広い銘柄に投資することができます。 当社が指定した銘柄となります。 当社が指定した銘柄となります。
取引価格 現地市場での約定価格となります。 当社がその都度提示する取引価格となります。
当社が提示する取引価格は直近の現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に概ね2〜3%の値幅を加減して決定しております(注2)。
現地市場における出来高加重平均値に、お買付けの場合は2%のコストを加えた価格、ご売却の場合は2%のコストを引いた価格でお取引いただけます。
手数料等 現地手数料、現地諸費用、税及び国内取次手数料(注1)。 必要な費用は取引価格に含まれます。 必要な費用は取引価格に含まれます。
約定日 豪州・アジア市場は発注日当日、
欧米市場は発注日翌営業日となります。
発注日当日となります。 豪州・アジア市場は発注日当日、
欧米市場は発注日翌営業日となります。
(現地取引状況等により、注文数量の一部又は全部の約定ができないことがあります。)
為替 約定日の当社提示為替となります。 約定時の当社提示為替となります。 約定日の当社提示為替となります。
受渡日 豪州・アジアは注文日より4営業日、欧州・北米は注文日より5営業日となります。 注文日より4営業日 豪州・アジアは注文日より4営業日、欧州・北米は注文日より5営業日となります。
注文締切時間
(日本時間)
  • 豪州:
    夏時間は
    13:30、
    冬時間は
    14:30
  • 香港:
    17:10
  • 上海:
    15:30
  • 欧州:
    14:00
  • 北米:
    18:00
  • 豪州:
    17:55
  • 香港:
    9:55
  • 欧州:
    15:55
  • 北米:
    17:55
  • 豪州:
    10:30
  • 香港:
    10:00
    (終日・前場)、
    13:30
    (後場)
  • 欧州:
    14:00
  • 北米:
    17:00
主なメリット 「指値注文」および「成行注文」の選択ができます。
当社が店頭設定又は出来高加重平均取引で指定した銘柄よりも幅広い銘柄に投資することができます。
当社が提示した価格で、すぐにお取引できます。
約定した時点で取引価格、為替、受渡代金が確定します。
出来高加重平均値を基準とした価格で取引を行なうため、変動率の高い銘柄でも平均的な価格で売買することができます。
主なデメリット 時差の関係から欧米市場等に注文を出す場合、お取引時間は日本の夜間となり、約定日は翌営業日となります。 相対でのお取引となるため、在庫状況等により、取引可能な銘柄・価格・数量に制限があります。 お取引の仕組み上、欧米市場等日本と時差がある市場の場合、翌営業日にならないとお取引価格が決まりません。
  • 注1

    海外委託手数料には国内取次手数料と現地手数料があり、いずれの手数料もお客さまにご負担いただきます。
    国内取次手数料は全市場共通で、最大で0.972%の手数料率となります。現地手数料は国ごとに異なった手数料率が定められています。また、印紙税や取引所手数料など諸経費が必要となるケースもあります。

    お買付の
ケース 国内取次手数料(最大0.972%) 現地手数料(市場によって異なります) 買付単価×株数 お客さまにご用意いただく金額です。

    海外委託取引の手数料について詳しくはこちら

  • 注2

    当社が提示する価格は現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に概ね2〜3%の値幅を加減して決定しております。
    値幅には市場変動に伴う価格変動リスク、売買対象銘柄の流動性などを考慮したリスク量等の取引コストが含まれております。

    店頭設定における取引価格のイメージ

    • 市場動向等により値幅が変化する場合があります。

【口座管理料(年間)について】

外国株式のお預かりには口座管理料がかかりますが、「プレミアムサービス」等により無料になる場合があります。
また、NISA口座でのお買付けの場合、口座管理料はかかりません。

詳しくはこちら

オンライントレードでの取引

中国株は、ダイワのオンライントレードでもお取引可能です。オンライントレードで中国株の注文を出されますと、国内取次手数料・現地委託手数料が割安になります。是非ご利用ください。

オンライントレードのサービス時間

(当社営業日)

新規注文 6:00 17:10 18:00 翌営業日の予約注文 27:00 注文取消・訂正 9:28 9:30 10:28 10:30 13:28 17:06 18:00 翌営業日の予約注文 27:00

サービス時間に関する注意点はこちら 新規ウィンドウで開く

(当社非営業日)

当社非営業日は、6:00〜25:00まで翌営業日の予約注文が可能です。

オンライントレードでの取引について詳しくはこちら

よくあるご質問

Q1 NISA口座で取引ができますか?

A1

お取引いただけます。

解説

NISA口座では、「店頭設定でのお取引、かつ、円貨からの注文」によるお取引を承ることが可能です。ご注文はお店またはコンタクトセンターで承りますので、各コースのお取扱窓口までご連絡ください。コンタクトセンターでのご注文方法はこちら 新規ウィンドウで開くをご確認ください。
なお通常、外国証券をお預かりする場合には口座管理料がかかりますが、NISA口座でお預かりする場合には無料となります。

  • ダイワの「プレミアムサービス」等により無料になる場合があります。

Q2 オンライントレードで取引することはできますか?

A2

中国株についてはお取引いただけます。

解説

中国株についてはお取扱窓口もしくはオンライントレードでお取引いただけます。その他の外国株のご注文についてはお取扱窓口で承りますので、各コースのお取扱窓口までご連絡ください。コンタクトセンターでのご注文方法はこちら 新規ウィンドウで開くをご確認ください。

Q3 既に保有している外貨を使って取引をすることができますか?

A3

お取引いただけます。

解説

円貨、外貨のどちらからでもお取引いただけます(ただし、一部の例外を除きます。)。お持ちの米ドルや香港ドル、ユーロ、豪ドルなどを有効活用する手段として、外国株式をご利用いただくことが可能です。

Q4 外国株式の配当金・分配金を外貨のまま受取ることができますか?

A4

受取ることができます。

解説

外貨での受取りを希望する場合、「受取りらくらくサービス(配当金・利金・分配金自動受取サービス)」のお申込みが必要となります。
ただし、NISA口座でお預かりしている外国株の配当金は円貨での受取りとなります。また、外貨で受取ることができない通貨の場合は円貨での受取りとなります。

Q5 取引に係る税制について教えてください。

A5

譲渡益課税に関しては、国内株式と同様、申告分離課税が適用されます。

解説

税率は20%(所得税15%、住民税5%)が適用されます。また、特定口座もご利用いただけます。一方、配当金課税に関しては、原則として海外で源泉税が徴収され、その差し引かれた金額に対して再び国内で課税されます。国内での課税については国内株式と同様、原則20%(所得税15%、住民税5%)の源泉徴収が行なわれます。一方、配当控除の適用はありませんので、その点には注意する必要があります。

  • 別途、復興特別所得税として所得税の2.1%が徴収されます。

「外国株式」のお取扱窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
中国株

可能

-

可能

可能

-
米国株等

可能

- - - -

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
中国株 -

可能

可能

可能

-
米国株等 -

可能

- - -

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては約定代金に対して最大0.97200%の国内取次手数料(税込)に加え、現地情勢等に応じて決定される現地手数料および税金等が必要となります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動(裏付け資産の価格や収益力の変動を含みます)による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行うにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われていないものもあります。