株主優待

株主優待とは

株主優待は、その会社の決算の月に一定数以上の株式を保有している株主に対して、企業が商品やサービスなどを進呈する制度です。多くの企業が株主優待を実施している目的としては「自社製品・サービスの紹介」、「業務内容の理解および知名度の向上」、「株式の長期保有の促進」などが考えられます。
日本の企業は特に2月、3月に決算を行なう企業が多く、その企業の決算月に株主でいることでさまざまな優待を受取ることができます。

株主優待を受けるためには

株主の権利を獲得するためには、「権利確定日」に株主として株主名簿に登録されている必要があります。「権利確定日」に株主として登録されるには、「権利確定日」から起算して4営業日前である「権利付最終日」までに必要な株数を購入して、「権利付最終日」大引けまで売却せずに保有する必要があります。
「権利確定日」は、企業によって異なりますので注意が必要です。

24日(日) 25日(月) 26日(火):権利付最終日 4営業日 この日までに買付けが必要 27日(水):3営業日 28日(木):2営業日  29日(金):権利確定日 1営業日 30日(土)

株主優待銘柄を検索しよう

スマートフォンアプリ
「株主優待ロボアドバイザー」(iPhone / Android)

「株主優待ロボアドバイザー」は、楽しみながら株主優待銘柄を発掘できる無料のアプリです。
簡単なアンケートに答えるだけで、「お客さまの好みの株主優待銘柄」をAI(人工知能)が予測します。

詳細を見る

「国内株式」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
国内株式

可能

-

可能

可能

可能

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
国内株式 -

可能

可能

可能

可能

  • 各商品・取引方法によってお取引窓口が異なります。詳細は、各ページでご確認ください。

「国内株式」に関する疑問はこちら…

よくあるご質問 新規ウィンドウで開く

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては約定代金に対して最大0.97200%の国内取次手数料(税込)に加え、現地情勢等に応じて決定される現地手数料および税金等が必要となります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動(裏付け資産の価格や収益力の変動を含みます)による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行うにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われていないものもあります。