大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
積立
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

日本円と外国通貨との金利差に着目したFX投資 -リスクを抑えた中・長期投資のススメ-

FXで利益を獲得する方法は2つあります。ひとつは通貨ペアを売買する際、買値と売値の差によって生じる「為替差益」。もうひとつは特定の通貨ペアを持ち続けることで日々得られる通貨ペアの金利差調整額、つまり「スワップポイント」があります。

FXの利益の出し方は?

ここでは「スワップポイント」に着目し、リスクを抑えながらスワップポイントをコツコツと貯めていくFXの活用術を紹介します。
なお、ここで紹介する活用術は“スワップポイント受取り”を前提としています。

  • スワップポイントは金利情勢により変化しますので、受取りが保証されているものではありません。また支払いとなることもあります。

取引のポイント

1 高金利通貨を見つけよう

スワップポイントは通貨ペアの金利差調整額であることから、金利の高い国の通貨との組合せがスワップポイントの高い通貨ペアとなります。主要国の政策金利とスワップポイントを見てみましょう。

主要国の政策金利(2013年2月13日現在)

国名 日本 米国 ユーロ圏 英国 豪州 NZ カナダ 南アフリカ
政策金利 0.10% 0.25% 0.75% 0.50% 3.00% 2.50% 1.00% 5.00%
  • 日本:無担保コール翌日物 米国:フェデラルファンド金利 ユーロ圏:市場調整金利 英国:レポ金利 豪州:政策金利 NZ:目標短期金利 カナダ:翌日物金利誘導目標 南アフリカ:レポ金利
  • 直近の政策金利は、ダイワのオンライントレードにログイン後「マーケット>金利・債券」の順にお進みいただくと確認することができます。

スワップポイント(例)

(例)ダイワ365FXにおいて、「米ドル/円」、「豪ドル/円」、「南アフリカランド/円」を各1枚※1ずつ買建取引した場合(買付時の為替:1米ドル=90円、1豪ドル=95円、1南アフリカランド=10円とする)

取引金額
(円換算ベース)
獲得スワップポイント(過去の実績より)※2
1日 1ヵ月 1年
米ドル/円 90万円 2円 135円 1,454円
豪ドル/円 95万円 76円 2,184円 30,087円
南アフリカランド/円 100万円 115円 3,519円 47,686円
  • ※1
    「米ドル/円」1枚は10,000米ドル、「豪ドル/円」1枚は10,000豪ドル、「南アフリカランド/円」1枚は100,000南アフリカランド
  • ※2
    1日:2013年1月31日時点 1ヵ月:2013年1月1日〜31日 1年:2012年2月1日〜2013年1月31日
    あくまで過去の実績を示したものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

なお、現在のスワップポイントは、「スワップポイントの見方」よりご確認いただけます。

スワップポイントの見方

POINT 「豪ドル/円」や「南アフリカランド/円」など、
スワップポイントの高い通貨ペアを選ぶ。

2 レバレッジを抑えた取引をしよう

取引数量が同じなら、レバレッジに関係なくもらえるスワップポイントは同じです。そのため、レバレッジを効かせて取引したほうが、レバレッジを抑えて取引するよりも少ない証拠金で済むため、高い資金効率といえるでしょう。ただし、為替変動によるロスカットのリスクが高くなります。

ここで紹介している手法は、スワップポイントをコツコツと獲得し続けることが目的であるため、ロスカットを避ける必要性があります。そのためには、レバレッジをなるべく抑えた取引をし、証拠金に余裕を持たせることでロスカットされにくい状態を保つことをおすすめします。

POINT 為替変動によるロスカットのリスクを軽減するため、
レバレッジを抑えた取引を心がける。

3 中・長期を見据えて取引をしよう

スワップポイントは毎日付くため、建玉を長く保有することで、より多くのスワップポイントを獲得することが可能です。
そのため、短期的な為替の値動きに左右されるのではなく、中・長期的な為替のトレンドを読むことが重要になってきます。
特に、建玉を保有する通貨国の動き(経済政策や金利動向等)には耳を傾けるようにしましょう。
また、スワップポイントは各国の金利情勢等により変化しますので、定期的に確認しておきましょう。

スワップポイントの見方

POINT 短期的な為替の動きよりも、中・長期の為替トレンドを読む。
スワップポイントは定期的に確認する。

スワップポイントの見方

ダイワFXならびにダイワ365FXでは、お取引画面より現在のスワップポイントを確認できます。
確認方法は以下の通りです。

ダイワFX

①ダイワFXのお取引画面より「投資情報」をクリックします。

②「スワップポイント」をクリックすると当日のスワップポイント一覧を確認できます。

ダイワ365FX

①ダイワ365FXのお取引画面より「マーケット情報」をクリックします。

②「スワップポイント」をクリックするとスワップポイントを通貨ペア毎に確認できます。「相場表」をクリックすると一覧でご覧いただけます。

注意すること

  • 1

    スワップポイントは常に「受取り」とは限らない
    スワップポイントは、通貨ペアの金利差調整額であるため、金利の高い国の通貨を売って金利の低い国の通貨を買った場合は、スワップポイントを支払うことになります。また、受払いが発生しない通貨もあります。

  • 2

    スワップポイントの受払いは建玉決済後となる
    建玉保有中は、評価損益として計上され、受払いをすることはできません。受取りの場合は建玉決済後の受渡日以降に出金が可能です。支払いの場合は、建玉決済後の受渡日に証拠金より減額されます。

  • 3

    スワップポイントによる利益も課税対象となる
    FXは利益に対し、他の所得と区分し、「先物取引に係る雑所得等」として、税率20%(所得税15%、住民税5%)で課税されます(申告分離課税)。FXの利益は「為替差益+スワップポイント-必要経費(手数料等)」により算出されるため、スワップポイントも課税の対象となります。

    • 東日本大震災からの復興財源を確保するため、平成25年から平成49年まで(25年間)の各年分の所得税の額に2.1%を乗じた金額が追加的に課税され、税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)となります。
  • 4

    ロスカットに注意する
    ロスカットを回避するためには、証拠金維持率をしっかりと管理することが大切になります。証拠金維持率とは、建玉を保有するのに必要な証拠金額に占める評価損益等を含めた証拠金額の割合です。この証拠金維持率とお客さまが設定したロスカット水準によりロスカットの適用が決まります。レバレッジを効かせて取引すれば、少しの為替変動で証拠金維持率が低下しますので、レバレッジを抑えて取引し、証拠金維持率を高く保つことがロスカットを回避するポイントとなります。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

  • 「ダイワ365FX」の取引手数料は、無料です。ただし、売気配と買気配には、差額であるスプレッドがあります。
  • 「ダイワFX」の取引手数料は、無料です。ただし、当社が提示するBid(売値)とAsk(買値)には、差額であるスプレッドがあります。
  • 「ダイワ365FX」、「ダイワFX」を行なうには、証拠金をお預けいただく必要があります。必要となる証拠金の額は、当社が定める計算式によって算出されます。また、必要な証拠金は、通貨ペア(通貨の組合せ)やその通貨の価格によって変化しますので、本取引の額の証拠金の額に対する比率は、常に一定ではありません。
  • 「ダイワ365FX」、「ダイワFX」は、取引対象である通貨の価格変動により取引価格が変動します。また、取引対象である通貨の金利変動により金利差相当額(スワップポイント)が受取りから支払いに転じることもあります。通貨の需給の偏りにより、スワップポイントが金利差を反映せず、買付けた通貨の対象国の金利が売付けた通貨の対象国の金利よりも高い場合にもスワップポイントを支払うことになる場合があります。したがって、元本や利益を保証するものではなく、損失が発生することがあります。また、お客さまにお預けいただいた証拠金の額を上回る取引を行なうことができるため、証拠金を上回る額の損失が生じるおそれがあります。

その他ご留意事項

  • [ダイワ365FX]お取引に際しては、必ず「ダイワ365FX」に係るご注意、契約締結前交付書面、口座設定約諾書、お客さま向け資料の内容をよくお読みください。
  • [ダイワFX]お取引に際しては、必ず「ダイワFX」の契約締結前交付書面等、お客さま向け資料の内容をよくお読みください。