大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

株式プレミアム取引

株式プレミアム取引は、「ダイワ・コンサルティング」コース専用の商品です。

株式プレミアム取引の概要

「株式プレミアム取引」とは、お客さまと大和証券が相対で行う「オプション取引」(※)です。
取引の内容には「売値ターゲット型」があります。

  • 「オプション取引」とは、「株式などを一定の条件で売買する権利」を取引するもので、世界中で広く利用されてる「デリバティブ取引」と呼ばれる金融取引手法のひとつです。

株式プレミアム取引のメリット

株式プレミアム取引はこんな方にオススメです。

売値ターゲット型

  • 1
    保有株式の有効活用
    プレミアムと貸借料を受け取ることにより、配当以外の収益を得ることができます。また保有株式による資産運用なので新たな資金が必要ありません。
  • 2
    ターゲット(目標)価格での売却
    売却したい目標価格がある場合、行使価格をその水準に設定し、終了日にその価格を上回っていた場合、指値売りと同様の経済効果が得られます。
    • ただし、返還日に株価が行使価格以上になっていた場合でも、行使価格で売却するのと同様の効果しか得られない(機会損失)ことになります。また、権利の行使は大和証券の判断によります。
  • 3
    お客さまの負担軽減
    株価動向や売却のタイミングを注視する必要がなくなるほか、権利割当となった場合は、市場で売却した時に発生する取次手数料がかかりません。
  • 4
    マーケット・インパクトの軽減
    大量の株式を市場で売却する場合と比較して、マーケットへのマイナス影響を抑えることができます。
  • 5
    お客さまの相場観に応じた設計が可能(オーダーメード)
    お客さまの相場観やニーズに応じて、取引期間や行使価格などを自由に設定することができます。
    • お支払いするプレミアムは契約期間や行使価格に応じて変動します。ただし、契約期間や行使価格の設定水準によっては取引自体が成立しない可能性もあります。

お取引方法

本・支店にて取扱っております。取扱窓口までご来店ください。

「株式プレミアム取引」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
株式プレミアム取引

可能

- - - -

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
株式プレミアム取引 - - - - -

「国内株式」に関する疑問はこちら…

よくあるご質問 新規ウィンドウで開く

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

本取引は、上場株式等を対象とした店頭有価証券オプション取引です。

手数料など諸費用について

本取引は当社との相対取引により売買することとなり、その対価のみ(購入対価、売却対価)を受払いいただきます。
株式相場、金利水準の変動により損失が生じるおそれがあります。
本取引は、対象株式等の価格、対象株式等の価格の変動率(ボラティリティ)および金利水準の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、対象株式等の価格が大幅に変動したときには、短期間のうちに損失が発生するおそれもあります。

取引の相手方などに対する信用リスク

本取引は、当社の信用状況の変化等により、金銭の支払が滞ったり、支払不能が生じたりして、損失が生じるおそれがあります。
本取引は、対象株式等の発行者の信用状況の変化に伴い損失が生じるおそれがあります。

対象株式等を買う権利(コールオプション)の売方(オプションを付与する立場の当事者)のリスク

権利行使日までの期間において、本取引におけるオプションの価値は上記の理由などにより変動するため、権利行使日を待たずに合意による中途解約をする場合には、お客様が支払う中途解約に伴う解約金が当初受け取ったプレミアムを上回ることにより、損失が生じるおそれがあります。
なお、当社がお客様に時価情報として提供する評価損益は、当社所定の方法で算出しておりますが、権利行使日を待たずに合意により中途解約をする場合および契約終了事由に該当し本取引が終了する場合には、評価損益から想定される金額以上の損失が生じることがあります。
オプションの売方は、買方から権利行使の意思表示があった場合、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、コールオプションの場合には売付株式等が必要となりますから、特に注意が必要です。

売付けの価格等と買付けの価格等の差について

当社がご案内する、お客様が買方の場合のプレミアムとお客様が売方の場合のプレミアムとの間には差があります。したがって、例えば本取引の約定直後に合意による中途解約をする場合などは、お客様に損失が生じるおそれがあります。

その他の留意点について

本取引は、オプション取引と同時に有価証券貸借取引も行ないます。

クーリング・オフについて

本取引に関しては、金融商品取引法第37 条の6 の規定の適用はありませんので、クーリング・オフの対象にはなりません。