豊富な投資情報と充実の投資ツール 中国株投資情報

スマホ・タブレットサイトでもご利用いただけます。(ログイン→トップ画面の「マーケット」→「中国株情報」)

主な機能概要

ニュース

1日100本以上のニュースを配信。投資に直結した個別銘柄ニュースから業界動向、政策動向まで幅広くカバーしています。

「ニュース一覧」ではすべてのニュースを表示。また、「マーケット」「企業動向」「政策」「統計」「業界動向」「投資判断」を選ぶと、種類ごとにニュースを表示することができます。 「印刷」をクリックすると、ニュースを印刷することができます。 「▲▼」をクリックすると掲載日で並び替えすることができます。また、「地域」「種類」でニュースを絞り込むことができます。

レポート

1日2本配信。個別銘柄レポートに加え、投資の参考になる現地トピック・セクターレポートを配信しています。

「レポート一覧」ではすべてのレポートを表示。また、「トピック」「セクター」「個別銘柄」「IPO紹介」「為替」を選ぶと、種類ごとにレポートを表示することができます。 「印刷」をクリックすると、ニュースを印刷することができます。 「▲▼」をクリックすると掲載日で並び替えすることができます。また、「地域」「種類」でニュースを絞り込むことができます。

指数&株価

主要指数、個別銘柄の株価を表示。個別銘柄は企業概要だけでなく、主要銘柄については決算コメントを含む最近の動向や売上構成、関連写真なども掲載しています。

「ハンセン」「H株」「レッドチップ」「(香港)その他」「GEM」「上海B」「深センB」「インターネット取扱銘柄」の分類ごとに株価を表示します。 「リアルタイム」の表示があるページは、リアルタイムの数値を表示。「リアルタイム」の表示のないページは基本的に15分ディレイで表示します。 チャートを「日中足」「日足」「週足」「月足」から選ぶことができます。 チャートをクリックすると拡大表示することができます。

スクリーニング

株価や業績から条件に合う銘柄を検索できる「スクリーニング」、企業概要や主要業務から条件に合う銘柄を検索できる「企業検索」、話題のテーマから簡単に銘柄を探せる「簡単サーチ」の3つの銘柄検索機能をご提供しています。

「スクリーニング」「企業検索」「簡単サーチ」から選ぶことができます。 市場分類、業種分類、業績・財務項目、株価項目で銘柄を絞り込むことができます。

登録銘柄&ポートフォリオ

登録した銘柄の最新株価や騰落率などを一覧で見ることができる「登録銘柄」機能と登録銘柄の損益管理ができる「ポートフォリオ」機能をご提供しています。

登録銘柄の対象銘柄は中国B株と香港全銘柄(含ETF)。
最大300銘柄まで登録が可能です。ポートフォリオでは、購入価格や購入株数を登録することで、最大300銘柄の損益状況を管理することができます。

お申込み・ご利用にあたって

お申込みの条件・
動作環境
弊社に口座をお持ちで、「ダイワのオンライントレード」の利用申込をされているお客さま。
利用料金 無料
ご利用方法 「ダイワのオンライントレード」にログイン
PCサイト:ホームのメニュー内「中国株」→「中国株投資情報」
スマホ・タブレットサイト:トップ画面の「マーケット」→「中国株情報」
動作環境

中国株投資情報の動作環境はこちら 新規ウィンドウで開く

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては約定代金に対して最大0.97200%の国内取次手数料(税込)に加え、現地情勢等に応じて決定される現地手数料および税金等が必要となります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動(裏付け資産の価格や収益力の変動を含みます)による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行うにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われていないものもあります。