大和証券 Daiwa Securities

主な商品・サービス
株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金

るいとう(株式累積投資)

るいとう(株式累積投資)の取扱銘柄一覧

るいとう(株式累積投資) 取扱銘柄一覧 pdf

るいとう(株式累積投資)とは

「るいとう」は基本的に毎月一定の金額で株式を買い続けていく株式投資です。投資金額は1銘柄につき1万円以上1,000円単位かつ月間100万円に満たない範囲で自由に設定することが可能。まとまった資金が必要ないので、手軽に始められます。

るいとう(株式累積投資)の魅力

魅力1 少額から投資が可能

1銘柄につき1万円以上1,000円単位かつ月間100万円に満たない範囲で自由に設定でき、まとまった資金が必要ないので、手軽に始められます。

魅力2 銘柄の分散によるリスク分散

複数銘柄に毎月一定の金額で分散投資することが手軽にできます。1つの銘柄に資金を集中すると、株価変動の影響を大きく受けてしまいますが、複数の銘柄に分けて投資すれば、リスクの低減が図れます。

魅力3 投資の時間分散によるリスクの分散(ドル・コスト平均法)

毎月一定金額の買付を継続することで、株価が高いところでまとめて買付してしまうことを防ぎ、結果的に買付単価が平準化される効果が期待できます。

ドル・コスト平均法とは

「るいとう」や「投信積立」のように、選んだ銘柄を毎月一定の金額で続けて買っていく方法を「ドル・コスト平均法」といいます。 一定の金額で買うため、株価が低い時は相対的に買付数量が増え、反対に株価が高い時には相対的に買付数量が減ります。長期間買付けを継続すれば、結果的に買付単価が平準化される効果が期待できます。(時間分散によるリスクの分散)

Aさん(毎月)5万円ずつ投資、8ヶ月計40万円)とBさん(40万円を一度に投資)の比較 ※手数料等のコストは考慮していません。 株価 1ヶ月目 1,000円 2ヶ月目 850円 3ヶ月目 700円 4ヶ月目 1,300円 5ヶ月目 1,000円 6ヶ月目 7ヶ月目 900円 8ヶ月目 1,200円 Aさん 投資金額(一定) 5万円(1ヶ月目〜8ヶ月目) 取得数量 50株 58.8株 71.4株 38.5株 50株 62.5株 55.6株 41.7株 Bさん 投資金額 40万円 取得数量 400株 購入株数 8ヶ月目時点の時価評価(平均取得単価) Aさん 428.5株 51.4万円(933.5円) Bさん 400株 48万円(1,000円)

複数回に分けて購入することで、買付単価が平準化される効果が期待できます。

カンタン!つみたてシミュレーション

「毎月一定額積み立てたら将来いくらになる?」「目標金額をためるには毎月いくら積み立てたらいい?」など簡単に計算することができます。

  • シミュレーションはご入力いただいた項目に基づき算出した概算値ですので、積立計画の目安としてご利用ください。

つみたてシミュレーションをする 新規ウィンドウで開く

お取引の流れ

STEP1 好きな会社を選ぶ

  • ポイント 当社が選定する約1,700銘柄の中から、自由に選択可能

株式ミニ投資と異なり、売買単位が1株である銘柄もお取引いただけます。

STEP2 毎月の買付金額、買付日を決める

  • ポイント 毎月1万円から手軽に始められる

基本的に毎月一定の金額で株式を買い続けていく株式投資です。投資金額は1銘柄につき1万円以上1,000円単位かつ月間100万円に満たない範囲で自由に設定することが可能。まとまった資金が必要ないので、手軽に始められます。

STEP3 入金方法を決める

毎月一定金額をご入金いただく定期入金には、銀行預金またはゆうちょ銀行通常貯金からの口座振替(自動引落し※1による入金方法があります。その他、臨時入金※2によるお買付けも可能です。

入金方法について詳しくはこちら

STEP4 るいとう開始

  • ポイント 売却はいつでもお申込みが可能

売りたいときにいつでもお申込みいただけます※3。売却価格は原則としてお申込みの翌営業日の始値となります。

  • ポイント 配当金がもらえる

自動的に配分、再投資されます。

  • ポイント 単元株数に達した場合、総合取引口座に振替えが行なわれ※4、株主になれる

株主になると、議決権や株主優待などの権利も享受できます。

  • ※1
    入金締切日は20日のみとなります。
  • ※2
    入金締切日は毎月10日、20日、月末の中からお選びいただけます。
  • ※3
    一部売却の場合は、単元株数(単位口数)の10分の1以上の株(口)数が必要。
  • ※4
    総合取引口座には国内株式口座管理料(年間3,240円(税込))がかかります。ただし、「ダイワの証券総合サービス」にご加入いただいた個人のお客さまは、国内株式口座管理料が半額(年間1,620円(税込))となります。さらに、「eメンバー」のお申込み等により無料特典が受けられます。

詳しくはこちら

お申込みメモ

買付対象 金融商品取引所に上場している株式・優先出資証券で、大和証券が選定する銘柄。

るいとう(株式累積投資) 取扱銘柄一覧 pdf

入金方法

定期入金

銀行預金およびゆうちょ銀行通常貯金の口座振替(自動引落し)による入金ができます。

臨時入金

お預り金等による決済、セブン銀行ATMおよびゆうちょATM等からの入金、または振込等による入金ができます。臨時入金の際は、買付銘柄、買付日等を当社お取扱窓口までお申し出ください。

入出金

入金額 投資する銘柄ごとに1万円以上1,000円単位かつ月間100万円に満たない範囲の金額を入金できます。
買付方法 毎月10日、20日、月末が入金締切日。入金締切日の2営業日後に金融商品取引所において原則として寄付きに成行きで、立会取引開始前に買付注文を発注します。
売却方法

・売却は毎日受付けます。

・株数・口数指定による一部売却、全部売却ともに可能です(一部売却の場合は、単元株数・単位口数の10分の1以上1,000分の1単位で売却可)。

・株式・優先出資証券の売却は、お客さまからの売却注文を受けた翌営業日に、寄付きの価格で当社が買取る方法で行ないます。

配当金の取扱い 配当金はお客さまの株式・優先出資証券の持分に応じて配分し、自動的に次回の買付日に当該銘柄を買付けます。
分割の取扱い 株式・優先出資証券を分割で取得する場合は、お客さまごとの持分に応じて配分し、それぞれの口座に組入れます。
単元株数・
単位口数の取扱い
お客さまの持分が単元株数・単位口数に達したときには、株式・優先出資証券を総合取引口座に振替えます。
株式等の振替え 単元株数・単位口数到達時以外の株式・優先出資証券の振替えはできません。
手数料 るいとうの手数料はこちら
株式累積投資口座管理料 事務諸経費として年間3,240円(税込)の株式累積投資口座管理料(事務手数料)がかかります。
  • 株式累積投資口座管理料発生月の前月末のお預り資産が3,000万円以上のお客さまは無料となります。
株式等の名義人 大和証券株式累積投資口
株式等の議決権 大和証券が行使します。お客さまは議決権を行使することはできません。
  • お申込みの際には、必ず約款の内容をご覧ください。

「るいとう(株式累積投資)」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
るいとう(株式累積投資)

可能

- - -

可能

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
るいとう(株式累積投資) -

可能

- - -
  • NISA口座でのお取引は可能です。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

るいとう(株式累積投資)の手数料はこちら

るいとうの手数料

上場有価証券等のお取引にあたってのリスクについて

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下、「裏付け資産」(※)といいます)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。
また、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。

  • 裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。