大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
積立
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

条件付注文
(逆指値注文・デュアル指値注文・連続注文)

大和証券では、インターネット(オンライントレード)上で通常の指値・成行注文に加えて、さまざまな条件付注文を取扱っております。

逆指値注文のしくみ

逆指値注文とは、通常の指値・成行注文とは逆に、お客さまが指定した株価(以下「注文条件」といいます)以上になったら買付、以下になったら売付の注文を発注する注文形態です。
お客さまが指定した注文条件に株価が到達した時(以下「条件合致」といいます)に、予めシステムに登録した注文を発注する注文ですので、株価の動きを見ながら機動的にお取引できないお客さまにとって、大変便利な注文方法です。

株価(縦軸) 時間(横軸) 注文条件 買付株価(縦軸) 時間(横軸) 注文条件 売付

その他の特徴

  • 期間指定により逆指値注文を発注することも可能です。
  • 注文条件に値幅は関係ありません。
  • 注文条件に合致して発注される注文は、指値・成行のどちらでも構いません。また指値は、注文条件より高くても安くても構いませんし、成行注文も可能です。

デュアル指値注文のしくみ

デュアル指値注文とは、当初は指値注文を発注し、あらかじめ設定した条件株価に達した場合、条件合致後の執行条件と単価に自動訂正する注文形態です(OCO注文と呼ばれる場合もあります)。

  • 1
    リスクコントロール(売却注文・埋注文の場合)
    利益確定とロスカット(損切り)の注文を同時に出すことができます。
  • 2
    トレンドフォロー(買付注文・建注文の場合)
    例えば、ボックス相場の時に、レンジの底値を拾う注文と、レンジを抜けた場合にはトレンドフォローするという注文を同時に出すことができます。安い株価を狙いながら、株価が上昇してしまった場合はタイミングを逃さず取引することが可能です。
(1)リスクコントロール 180(円) 200(円) 240(円)  条件株価 (1)条件株価に合致 (2)成行に訂正 (3)約定が確定 220(円) 240(円) 当初指値 260(円) (2)トレンドフォロー 180(円) 当初指値 (1)条件株価に合致 (2)指値に訂正 200(円) 240(円) 条件株価 (2)成行に訂正 (3)約定が成立 220(円) 条件合致後の指値 条件株価 240(円) 260(円)

連続注文のしくみ

買付注文または建注文を発注する際に、その注文がすべて約定した場合に自動で発注する売付注文または埋注文を予め予約注文としてセットで注文する方法です(IFD注文と呼ばれる場合もあります)。相場を見ていなくても、買付注文または建注文の約定後に利益確定の注文を出すことが可能です。
連続注文とデュアル指値注文を組み合わせることもできます(IFD+OCO注文と呼ばれる場合もあります)。予め利益確定とロスカット(損切り)の幅を自分で決めておくことができます。
場中に相場を追い続けることが難しい方のリスクコントロールに適しています。

180(円) 一次注文 (1)買付注文が約定 200(円) (2)売付注文を発注 220(円) 240(円) (3)売付注文が約定 二次注文を自動発注 260(円)

「条件付注文」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
条件付注文 - -

可能

可能

可能

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
条件付注文 - -

可能

可能

可能

「国内株式」に関する疑問はこちら…

よくあるご質問 新規ウィンドウで開く

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行なう場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては、現地諸費用等を別途いただくことがあります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行なうにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行なうことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行なわれていないものもあります。