大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

ダイワの自動更新株価ボード

登録した銘柄の株価情報を自動的に更新・表示!ダイワの自動更新株価ボード

「ダイワの自動更新株価ボード」は、登録した銘柄のリアルタイム株価情報が自動的に更新・表示される情報ツールです。登録できる銘柄数は最大で600銘柄(60銘柄×10グループ)で、株価や気配などの変化を点滅表示でお知らせします。
また、自動更新される株価情報一覧を見ながら直接注文画面に進むことができます。
「ダイワの自動更新株価ボード」は、パソコン版、スマホ・タブレット版ともに無料でご利用いただけます。

利用料 : 無料

主な機能概要

パソコン版画面

  • 1
    登録銘柄グループの切替ができます。
    また前営業日時点の保有銘柄を自動更新株価ボードで表示できます。
    (各グループ60銘柄 × 10グループで最大600銘柄登録可能)
  • 2
    オンライントレードの登録銘柄と同期できます。
  • 3
    注文画面や注文約定照会画面、残高画面を表示します。
  • 4
    登録銘柄グループの編集や登録銘柄の並び替えができます。
  • 5
    表示ボードの切替ができます。(4本値ボード、指標ボード、チャートボード、気配ボード)
    • 上の画像は起動時に表示される4本値ボードのレイアウトです。
      その他のボード種類のレイアウトは以下の通り。(画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます)
  • 6
    スマホ・タブレット版への切替ができます。
    • パソコンのご利用環境によっては、ご利用いただけない場合がございます。
  • 7
    文字サイズの切替ができます。(起動時のサイズを「小」とし、「中」、「大」と選択できます。)
    • スマートフォン・タブレットからパソコン版をご覧の場合はご利用頂けない場合がございます。
  • 8
    多機能チャートや銘柄診断が利用できます。また起動中に条件に合致すれば画面内に通知するアラート機能の設定ができます。(最大10銘柄まで設定可能)
  • 9
    「詳」ボタンを押すと右側に銘柄の詳細情報、板情報、チャートを表示できます。その他、他の登録銘柄グループへの移動ができます。

スマホ・タブレット版画面

  • 1
    設定・管理画面で表示モード1〜4の切替ができます。(4段階)上の画像は起動時に表示される、表示モード4です。 その他の表示モードのレイアウトは以下の通りです。(画像をクリックすると拡大できます)
  • 2
    メニューから登録銘柄の同期や注文約定照会、残高照会、パソコン版への切替などが選択できます。
  • 3
    プルダウンで前営業日時点の保有銘柄や別の登録銘柄グループに切替ができます。
  • 4
    登録銘柄グループの編集や登録銘柄の並び替えができます。
  • 5
    銘柄コードや銘柄名、キーワードで銘柄の追加ができます。
  • 6
    銘柄名をタップすると銘柄詳細画面で板情報などが確認できます。
  • 7
    起動中に条件に合致すれば画面内に通知するアラート機能の設定ができます。(最大10銘柄まで設定可能)

お申込み・ご利用にあたって

ご利用条件 弊社に口座をお持ちで、オンライントレードのご利用申込みをされているお客さま。

オンライントレードのお申込みはこちら

ご利用方法 「ダイワのオンライントレード」にログイン後の「登録銘柄」メニュー内「株価ボード」よりご利用いただけます。
動作環境

ダイワの自動更新株価ボードの動作環境はこちら 新規ウィンドウで開く

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら