大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
積立
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

投資信託とは(1)

投資信託は専門家が投資家のお金を運用します

投資信託とは、不特定多数の投資家から集めたお金を1つにまとめて、運用の専門家が株式や債券などの有価証券に分散して投資をし、そこから得られた収益を投資家に分配するしくみの金融商品です。

なお、投資信託は、「投信」または「ファンド」とよばれることがあります。そして、一般的に投資信託には、以下の3つの特徴が考えられています。

(1)少ない金額からでも購入できる

一般的に、株式や債券などに投資するには、ある程度まとまった資金が必要です。しかし、投資信託は1万円程度の少ない金額からでも購入できます。

(2)分散投資によるリスク低減効果を得ることができる

イギリスの運用に関する有名なことわざに「卵を1つのかごに盛るな」というものがあります。これは、すべての卵を1つのかごに盛っておいた場合、もし何かの拍子にかごを落とせばすべての卵が割れてしまいますが、いくつかのかごに分けて盛っておけば、1つのかごを落としてもすべての卵が割れてしまうことはないということを意味しています。

これを資産運用にあてはめると、複数のものに分散して投資をすれば、仮にそのうちの1つが値下がりしても他のものでカバーでき、全体ではリスクを低減させることができるということです。

投資信託は、株式や債券などの有価証券に分散して投資をしているので、少ない金額からでも分散投資によるリスク低減効果を得ることができます。

(3)専門家に運用を任せられ、手軽に始めることができる

一般的に、個人が株式や債券などの投資に必要な知識を短期間で身に付け、それを運用に活かすことは非常に難しいことです。投資信託は、投資家に代わって専門家が運用してくれるので、投資に関する知識や経験が乏しい人でも手軽に始めることができます。

ただし、投資信託は値動きのある有価証券に投資をしているため、元本が保証されているわけではありません。投資信託の購入を検討する際には、この点についてあらかじめ留意しておく必要があります。

投資信託にはさまざまな種類のものがあります

投資信託にはさまざまな種類のものがあります。一般的な概要その他については以下のとおりです

投資信託の種類 投資信託(契約型)の中に公社債投資信託と株式投資信託があり、また、それぞれの中に単位型(ユニット型)と追加型(オープン型)があります。

(1)運用対象による分類

公社債投資信託
  • 運用対象に株式を一切組入れることができない投資信託
株式投資信託
  • 運用対象に株式を組入れることができる投資信託

(2)追加設定の有無による分類

単位型
(ユニット型)
  • 新しく募集・設定された投資信託がそれぞれ独立して管理・運用されており、運用が開始されてからは追加で購入できないタイプ
  • 運用が開始されてから一定期間解約できないクローズド期間が設けられている
追加型
(オープン型)
  • 運用が開始された後でも追加で購入できるタイプ

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら 新規ウィンドウで開く