投資信託:投資信託ってなに?

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金を1つにまとめて、運用の専門家(投資信託委託会社など)が株式や債券などに投資して運用し、その成果を投資家それぞれの投資額の割合に応じて分配する仕組みの金融商品です。
投資信託は、販売会社、運用会社、受託会社の3社が役割を分担し、運用・管理がされています。

投資信託の仕組み

証券会社・銀行など(販売会社):投資家が投資信託を購入換金するときの窓口となります。分配金・償還金の支払いも行います。 投資信託委託会社など(運用会社):投資信託を作り、投資対象の調査・分析をし、受託会社に運用指示を行います。 信託銀行など(受託会社):運用会社からの運用指示に従い、株式や債券などの売買や管理を行います。 国内外の株式・債券市場等の運用成果は、信託銀行など(受託会社)・証券会社・銀行など(販売会社)を通し、投資家に分配金・償還金がわたります。投資家の購入代金は投資として、信託銀行など(受託会社)・証券会社・銀行など(販売会社)を通し、国内外の株式・債券市場等にわたります。投資信託委託会社など(運用会社)は信託銀行など(受託会社)に運用指示を行います。

販売会社、運用会社、受託会社のいずれかが破綻したとしても、制度上、投資家の信託財産は保全される仕組みになっています。ただし、このように制度的に保全されていることと、投資信託が元本保証のない金融商品であることとは別のことのため注意が必要です。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら 新規ウィンドウで開く