大和証券
検索
口座開設ログイン
  • ホーム
  • 商品
  • 投資信託
  • 購入時手数料無料ノーロードファンド(「ダイワ・ダイレクト」コース専用)

「ダイワ・ダイレクト」コース専用 購入時手数料無料 ノーロードファンド \0「ダイワ・ダイレクト」コース専用 購入時手数料無料 ノーロードファンド \0

ピックアップファンド

auスマート・ベーシック(安定) auスマート・ベーシック(安定成長) BASIC 銘柄コード:3737/3738

ファンドの特色:

  • @
    投資対象ファンドへの投資を通じて、内外の債券、株式に投資を行ない、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざします。
  • A
    各資産の投資比率が異なる、「安定」「安定成長」の2つのファンドをご用意しています。

運用の特色:

  • 実質的に日本を含む世界の債券、株式に分散して投資を行なうことによりリスクの低減をめざします。
  • 資産クラス毎に概ね市場全体の動きを捉えることをめざします。
  • 投資を行なう資産クラスと配分比率は以下のとおりです。

<auスマート・ベーシック(安定)>

auスマート・ベーシック(安定)

<auスマート・ベーシック(安定成長)>

auスマート・ベーシック(安定成長)

詳しくはこちら

auスマート・プライム(成長) auスマート・プライム(高成長) PRIME 銘柄コード:3739/3740

ファンドの特色:

  • @
    投資対象ファンドへの投資を通じて、内外の債券、株式等※に投資を行ない、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざします。
    ※不動産投資信託証券(リート)を含む場合があります。
  • A
    各資産の投資比率が異なる、「成長」「高成長」の2つのファンドをご用意しています。

運用の特色:

  • 実質的に日本を含む世界の債券、株式に分散して投資を行なうことによりリスクの低減をめざします。
  • 投資対象ファンドの選定については、運用体制や運用哲学などの評価(定性評価)に加えて運用実績にかかる評価(定量評価)等を勘案して決定します。
  • 投資対象ファンドは適宜見直しを行ない、組入れファンドの入替えを行なう場合があります。
  • 投資を行なう資産クラスと配分比率は以下のとおりです。ただし、組入れファンドおよび信託財産全体のリスク特性やパフォーマンス等を継続的にモニターし、各資産クラスについて上下10%の範囲内で配分比率を調整します。

<auスマート・プライム(成長)>

auスマート・プライム(成長)

<auスマート・プライム(高成長)>

auスマート・プライム(高成長)

詳しくはこちら

「ダイワ・ダイレクト」コース専用ファンド(ノーロード)一覧

  • auスマート・ベーシック(安定)
  • auスマート・ベーシック(安定成長)

auスマート・ベーシック(安定)銘柄コード:3737

基準価額

前日比(騰落率)
円 /
純資産
億円
1年 3年
  • auスマート・プライム(成長)
  • auスマート・プライム(高成長)

auスマート・プライム(成長)銘柄コード:3739

基準価額

前日比(騰落率)
円 /
純資産
億円
1年 3年

投資信託のお取引にあたってのリスク・留意点について

主なリスクおよび留意点

投資信託にかかるリスクについて
ファンドは、株式、債券、投資信託証券など値動きのある証券(外貨建て資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

投資信託にかかる手数料等について
投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。

ご投資にあたっての留意点
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。投資信託説明書(交付目論見書)のご請求は、大和証券のお取引窓口までお願いいたします。

収益分配金に関する留意事項

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。