金融・証券用語解説 [繰延税金資産]

金融・証券用語解説
[繰延税金資産]

繰延税金資産  (くりのべぜいきんしさん

カテゴリ :  経済 / 経営・財務

税効果会計で使用する勘定科目のひとつ。
企業会計上は費用として支出したものの、税務会計上は損金と認められないことを「一時差異」と言います。この結果、企業は税金を前払いした形になります。この前払い分は将来戻ってくると想定し、一定の条件のもとに「繰延税金資産」として貸借対照表に計上します。似た言葉に繰延資産がありますが、こちらは企業の創立費など一時的に資産として計上できる費用のことで、全く別のものです。

繰延税金資産は、企業の決算が黒字で将来も税金を支払う利益が上がっていることが前提になります。このため、赤字続きの企業は繰延税金資産を計上することはできません。赤字になったり黒字になったりと業績の変動が大きな企業の場合、繰延税金資産の算定は複雑になり、同資産が大きく増減することがあります。

最近検索した用語

閲覧履歴がありません

新着用語

新着用語がありません

カテゴリから探す

カテゴリがありません
情報提供:株式会社時事通信社

お勧め情報

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.26500%(税込)、ただし、最低2,750円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,300円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,300円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら

商号等:大和証券株式会社 金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第108号
©Daiwa Securities Co.Ltd.

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.26500%(税込)、ただし、最低2,750円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,300円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,300円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。