ログイン 無料診断

投資信託の利回りとは?計算方法や商品の賢い選び方をご紹介

投資を始めるにあたって重要なポイントになるのが「利回り」です。「投資した元本が、どのくらいの期間で、どのくらいの利益になるのか」を知ることは投資において最も重要であり、その目安になるのが「利回り」だからです。

そこで、本記事では投資信託を例に、利回りの基本的な考え方や計算方法、利率や騰落率との違い、銘柄選びのポイントなどをご紹介します。加えて、これから投資を始める方向けに、商品の賢い選び方について解説します。

投資信託の利回りとは?計算方法も紹介

利回りとは、投資金額に対する収益の割合のことをいいます。この収益には「利息」だけでなく、投資商品を売却した場合に得られる「売却損益」も含みます。なお、一般的に、「利息」は債券や預金に対して使われる言葉のため、投資信託では「利息」とは言いません。代わりに投資信託では「分配金」という仕組みがあります。分配金は、投資信託の運用期間を通じて変動した基準価額(投資信託の値段)に応じて運用会社の判断で支払われます。

利回りは、投資信託を選ぶ際の重要な指標となるので、正しく理解しておきましょう。 以下、利回りの計算方法、利率や騰落率との違いについて説明していきます。

投資信託の利回りの計算方法

投資信託の利回りは、以下の式で計算できます。

<計算式>
利回り(%)=収益(分配金+売却損益)÷運用年数÷投資金額×100

例えば、100万円の投資信託を購入し、1年後に4万円の分配金を受け取り、101万円で売却した場合の計算例は以下のようになります。

<計算例>
利回り(%)=収益(分配金4万円+売却益1万円)÷運用年数1年÷投資金額100万円×100=5%

ここでいう収益とは、分配金と売却損益の合計から、税金や手数料を差し引いた金額です(税引前の金額で利回りを算出するケースもあります)。このように利回りを算出すれば、投資信託における1年あたりの収益の割合を把握することができます。

利回りと利率の違い

「利回り」に似た単語として「利率」というものがありますが、意味が異なるのでご注意ください。

利率とは、額面金額に対する毎年受取る利息の割合のことで、クーポンともいいます。利率の計算式は、以下の通りです。

<計算式>
利率(%)=利息÷額面金額×100

例として、「額面金額100万円の債券を購入し、1年後に3万円の利息を受取る場合」の利率を計算してみると、「利息3万円÷額面金額100万円×100=3%」となります。

利回りと騰落率の違い

投資信託では、「騰落率」という用語もよく使われますが、「利回り」と混同しやすいので注意が必要です。騰落率とは、株式や投資信託(ファンド)が「一定期間内にどれだけ値上がり・値下がりしたか」を知るために、配当や分配金を考慮した価格の変化率を計算したものです。計算式を示すと、以下のようになります。

<計算式>
配当・分配金込み月間騰落率(%)=(月末の価格+月内の配当・分配金−月初の価格)÷月初の価格×100

利回りと違い手数料や税金を勘案していないため、実際の運用損益とは異なるという点にご留意ください。また、過去の実績であり、将来を予想するものではありません。なお、投資信託では、月間騰落率を掛け合せたものが累積リターンになります。

賢い投資信託の選び方

イメージ

投資信託の銘柄を選ぶ際は、利回りも重要ですが、運用成績・コスト・分配方針といった要素も確認しましょう。

利回り以外にもチェックすべきポイントはある

投資信託を選ぶ際には、以下のようなポイントをチェックすることをおすすめします。

■運用成績

基準価額(投資信託の値段)の推移を見ることで、その投資信託の運用成績や値動きの大きさなどを把握できます。運用成績が優れているか判断するには、同じタイプ(投資対象)の投資信託などと比較することも大切です。

■コスト

投資信託は、購入時に購入時手数料(販売手数料)、保有期間中に運用管理費用(信託報酬)という費用(コスト)がかかります。費用は投資信託ごとに異なり、中長期で保有する際には運用成果に大きな影響を与えるので、それぞれ確認して比較しましょう。

なお、解約時に信託財産留保額という費用が発生する場合がありますが、これは解約に伴い生じる費用を負担してもらうためのコストです。購入時手数料や運用管理報酬と違い、運用会社などの収益になるものではありません。

■分配方針

投資信託ごとに、分配金を支払う頻度や、運用成果のどの程度を分配するかといった方針が定められています。定期収入が欲しい方向けには、分配金が毎月支払われる投資信託もあります。ただし、分配金は投資信託の資産の中から支払われるため、その分だけ基準価額も低下します。分配金だけでなく基準価額の動きも合わせて確認することが重要です。

また、週間のオンライントレード買付金額・件数や、純資産・純資産増加額、累積リターン等のランキングも投資信託選びの参考になります。

投資の利回りはどれくらいが理想?

利回りは投資信託選びの重要な指標ですが、利回りの高い銘柄が良い商品であるとは限りません。高い利回りの銘柄はハイリスクな傾向があるので、自分にとっての利回りとリスクのバランス、つまり「投資方針」を考えることが大切です。

「リスクを抑えて、毎月、安定的に分配金が欲しい」、「ハイリスクを許容してハイリターンを狙う」といった具合に、投資方針は人それぞれ異なります。目標とする利回りもその人次第で異なるのが当然です。目標とする利回りに応じて、自分に合った投資信託を見つけましょう。

しかしながら、「自分に合った目標利回り」がどれくらいなのか分からず、投資信託の銘柄選びに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方には、大和証券のロボアドバイザー「ダイワファンドラップオンライン」の利用をおすすめします。

ロボアドバイザーとは、資産運用の自動化サービスのこと。様々な質問に答えることで、その人に合った目標利回りと、その目標利回りに応じたポートフォリオを提案する仕組みです。なお、「ダイワファンドラップオンライン」は、ロボアドバイザーが診断することで、その人に最適な目標利回り・ポートフォリオを提案してくれるだけでなく、運用まで自動で行ってくれます。

投資初心者にはダイワファンドラップオンラインがおすすめ

投資初心者にはダイワファンドラップオンラインがおすすめです。最適な目標利回りの計算に加え、「どの銘柄を購入するか」といった投資判断も自分自身でしなくてもよいため、運用の知識に不安がある方も安心して利用できます。

さらに、ダイワファンドラップオンラインは、最先端のテクノロジーで資産運用のご提案からメンテナンスまで全て自動化されています。株式・債券・REITへの国際分散投資を行えたり、お客さまの計画的な資産形成をサポートする「定期積立サービス」を月々1万円から利用できたりする点が魅力です。

投資の王道は「長期・積立・分散」。株式・債券・REITへの国際分散投資でリターンの安定化を図るダイワファンドラップオンラインを利用して長期的に定期積立すれば、投資初心者の方でも「長期・積立・分散」を手軽に実践することができます。

まとめ

利回りとは投資金額に対する年間収益の割合のことであり、投資信託を選ぶ際の重要な指標です。ただし、利回りが高い銘柄はハイリスクな傾向があるため、投資信託は利回りが高ければ良いとは限りません。資産運用の目標に応じて、ご自身にとって最適な利回りを見つけましょう。

投資初心者の方は、「自分に適した目標利回りが分からない」、「銘柄の選択が難しい」とお感じになるかもしれません。そのような場合は、申込みから運用までWEB上で完結し、月々1万円から株式・債券・REITへの国際分散投資が可能な「ダイワファンドラップオンライン」のご利用をおすすめします。

大和証券のロボアドバイザー

全自動で信頼の
グローバル資産運用を。

まずは無料診断をする 最短1分で最適な運用プランをご提案します

ロボアドバイザーが最適なプランをご提案します

簡単な質問に答えてあなたに最適なプランを!
簡単な質問に答えてあなたに最適なプランを!
まずは無料診断をする 最短1分で最適な運用プランをご提案します

ロボアドバイザーが最適なプランをご提案します

Category

カテゴリー

投資 のおすすめ記事

2020.12.17 投資

投資初心者が投資信託を実際に購入してみようとした結果……

投資信託は運用や管理をファンドマネージャーと呼ばれる専門家に任せられる金融商品ですが、投資初心者が投資信...

2020.11.26 投資

投資信託の利回りとは?計算方法や商品の賢い選び方をご紹介

投資を始めるにあたって重要なポイントになるのが「利回り」です。「投資した元本が、どのくらいの期間で、どの...

資産運用 のおすすめ記事

2021.06.15 資産運用

30代・40代におすすめの資産運用3選!それぞれのメリットをご紹介

30代から40代にかけての時期は、多くの方が「結婚」「出産」「子どもの入学」「マイホーム購入」といった人...

2021.02.10 資産運用

資産運用で最も大切なポイントとは?お金の色分けと自分に合った運用プランの見つけ方

近年は人生100年時代といわれるほど、平均寿命が延びています。また、少子高齢化が進んでいる日本では1人の...

ロボアドバイザー のおすすめ記事

話題のロボアドバイザーで将来の資産づくりを真剣に考えてみた

住宅の購入資金、子どもの入学費用、老後の生活資金など、将来必要となるお金に関する漠然とした不安から、資産...

投資初心者がロボアドバイザーの契約をしてみたらどうなる?

資産運用に興味があるものの、「投資に詳しくないので手が出せない」といった悩みをもつ方は少なくないでしょう...

積立 のおすすめ記事

2021.06.15 積立

今話題の“つみたてNISA”で将来に向けた資産作りをはじめよう!

近年、「貯蓄から投資へ」という流れのなか、資産運用をはじめたいと考える方が増加し、「つみたてNISA」と...

2020.10.02 積立

積立投資のおすすめ5種類を解説!投資初心者にやさしい積立の始め方もご紹介

投資の基本は、「長期・積立・分散」です。この言葉は、長期的に積立投資を継続し、投資先を複数に分けて分散さ...

年金・老後 のおすすめ記事

2020.10.02 年金・老後

年金の仕組みや老後に必要な資産について徹底解説!老後を見据えた資産運用も紹介

昨今は「人生100年時代」といわれるようになり、老後のための資産形成はより重要度を増しています。日本人の...

2020.10.02 年金・老後

老後2,000万円問題とは?若いうちから始めたい長期的な資産形成のすすめ

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書では、「老後30年間で約2,000万円が不足する」...

ご不明な点はお気軽にお問合わせください

0120-010101

【平日】8:00〜18:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.26500%(税込)、ただし、最低2,750円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,300円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,300円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら 新規ウィンドウで開く

TOP