無料診断 口座開設 無料診断 口座開設 ログイン
ログイン 無料診断

ダイワファンドラップ
オンラインの強み

手間ゼロ
時間いらず
知識いらず

ロボアドバイザーによる
資産運用の自動化

「ダイワファンドラップオンライン」は、最先端のテクノロジーで資産運用のご提案からメンテナンスまでを全て自動化します。

毎日が忙しく、なかなかお時間が取れないとお悩みのあなたにこそ最適な資産運用プランをご提案いたします。

ゴールベース資産管理手法

「ダイワファンドラップ オンライン」は、金融先進国である米国で主流となりつつある「ゴールベース資産管理手法」に基づく運用管理プロセスの自動化を最先端テクノロジーで実現しました。

「ゴールベース資産管理手法」とは、専ら高い収益を求めて投資するのではなく、長期分散投資を通じてお客さまと共有したライフプランにおける目標(ゴール)の実現に向けて、生涯にわたりお客さまとアドバイザーが伴走していくという資産運用の考え方であり、米国の富裕層の中で広く取り入れられているものです。

ゴールベース資産管理手法のプロセス

目標(ゴール)実現可能性の評価

簡単な質問にご回答いただくだけで、お客さまの目標(ゴール)の実現可能性を診断します。

目標利回りの算出

お客さまの目標(ゴール)の実現に向け必要な運用利回りを算出します。

最適資産配分の構築

目標(ゴール)実現に向け最適化された資産配分を構築します。

投資商品の選定

最適資産配分に応じた投資対象銘柄を選定します。

発注

最適資産配分を実現するよう投資対象銘柄の発注を行ないます。

積立

毎月あらかじめ設定された金額で積立投資を行ないます。
その際、資産配分を最適な状態に戻すよう投資対象銘柄の購入数量を決定します。

リバランス

経済環境や相場環境の変化に伴いバランスの崩れた資産配分を最適な状態に戻すよう投資対象銘柄の売買を行ないます。

運用状況の評価

お客さまの運用資産状況をご確認いただけます。

納税

ダイワファンドラップオンラインの運用にかかる税金を源泉徴収します※。
※お客さまが特定口座源泉徴収ありをご選択された場合に限ります。


15

歴史があるからこそ可能な
安定の運用実績

大和証券は日本の投資一任サービスのパイオニアとして、15年にわたり多くのお客さまにご満足いただいています。

お客さまの損益状況

「ダイワファンドラップ」(「ダイワファンドラップ」、「ダイワファンドラッププレミアム」、「ダイワファンドラップオンライン」を含みます。)を、10年以上保有されているお客さまの評価損益率の分布を示しています(2020年7月末時点)。なお、計算式は次の通りです。

(ファンドラップ契約資産時価評価額+出金累計金額−入金累計金額)÷入金累計金額×100(%)

「ダイワファンドラップオンライン」では、そのノウハウをふんだんに取り込み、投資のプロである機関投資家や世界的なプライベートバンクが運用に取り入れる高度な運用アルゴリズムをご提供することで、確かな結果・実績を残しています。

過去30年間のシミュレーション結果

1990年から2019年までの30年間、推奨ポートフォリオを用いて積立投資を続けた場合の資産運用のシミュレーションでは、資産は投資元本合計に対して+102.9%の運用成果となりました。

本シミュレーションは、1990年1月から2019年12月まで毎月3万円の積立投資を続けた場合のシミュレーションです

過去の値動きは、各インデックスと現在の基準配分比率を用いて計算したもので、実際の運用成果とは異なります。

本シミュレーションは、「ダイワファンドラップオンライン」の運用スタイルのうち、最も代表的な、バランス運用スタイル(20503)を用いています。

本シミュレーションは、運用コストとして年率1%を控除して計算しています。また、リバランスは毎月末実施するものとし、リバランス時にかかる税金等は考慮していません。

本シミュレーションにおいて使用するインデックスは、次の通りです。日本株式:TOPIX(配当込み)、日本債券:ダイワ・ボンド・インデックス総合、外国株式(ヘッジあり):MSCIコクサイ・インデックス(米ドルベース)と日米短期金利差より推計、外国株式(ヘッジなし):MSCIコクサイ・インデックスとFTSE RAFI エマージング インデックスを合成して作成(1993年12月末まではMSCIコクサイ・インデックスを使用)、外国債券(ヘッジあり):FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ指数)、外国債券(ヘッジなし):FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ指数)とJPモルガン GBI-EM グローバル ダイバーシファイドを合成して作成(1993年12月末まではFTSE世界国債インデックス(除く日本)を使用、2002年12月末まではJPモルガン EMBI グローバル ダイバーシファイドを合成して作成)、J-REIT:東証REIT指数(配当込み、2003年3月末まではTOPIX(配当込み)を使用)、外国REIT(ヘッジあり):S&P先進国REIT指数(配当込み、米ドルベース)と日米短期金利差より推計、1989年まではMSCIコクサイ・インデックス(米ドルベース)と日米短期金利差より推計、外国REIT(ヘッジなし):S&P先進国REIT指数(日本を除く、配当込み、1989年7月末まではMSCIコクサイ・インデックスを使用)


高い期待リターン
リスクを低減

株式・債券・REITへの
国際分散投資

高い期待リターン

世界の経済成長を取込む

世界の経済規模(名目GDP)の推移

(出所)IMF「世界経済見通し 2019年4月」。
2019年以降はIMFの予測。

IMFの世界経済見通しによると、世界の経済規模(名目GDP)は今後も着実な拡大が見込まれています。

「ダイワファンドラップオンライン」では、投資先を日本に限定せず世界全体へ広げる国際分散投資を行なうことによって、新興国なども含めた世界経済のダイナミックな成長を運用成果に取り込むことができます。

リスクを低減

多地域への分散投資でリスク分散

先進国や新興国のさまざまな資産に分散して投資することで、リスクの低減を図ることができます。

「卵は1つのかごに盛るな」

1つのかごだと全て割れてしまう・・・

複数のかごに分けてリスク分散!

「イギリスには、『卵は一つのカゴに盛るな』ということわざがあります。卵を一つのカゴに盛ると、カゴを落としたときにすべての卵が割れてしまうかもしれませんが、複数のカゴに分けておけば一つのカゴを落としても、残りのカゴの卵は影響を受けずに済みます。投資の世界でも同様に、さまざまな資産に分散投資しておくことで、リスクの低減を図ることが可能だと考えられています。

また図のように、値動きの異なる資産を組合わせることで、リターンの安定化に繋がります。


長期投資の有効性

長期にわたって分散投資を継続することで、安定的な運用成果の積み上げが期待できます。

本シミュレーションは、4資産分散投資で1年間、5年間、10年間運用した場合の騰落率の推移を示したものです。例えば1979年末であれば、1979年末までの過去1年間、5年間、10年間運用を行なった場合の騰落率を示しています。

表示されている数値等は本シミュレーションの結果であり、実際の運用成果とは異なります。また、将来の運用成果を保証するものではありません。

4資産分散投資とは日本株・外国株・日本債券・外国債券に均等に投資し、一定の配分比率を維持する運用(リバランス)を行なった場合であり、運用コスト等は考慮していません。

各資産への投資成果については、以下のインデックスを使用しています。

日本株式:TOPIX(配当込み)、外国株式:MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)、日本債券:ダイワ・ボンド・インデックス(総合)、外国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本)

「ダイワファンドラップオンライン」では、月1万円から可能な定期積立サービスにより、投資タイミングを気にすることなく、時間分散投資を行なえるので、自動化・国際分散投資に加えて、「長期投資」を無理なく続けられる仕組みとなっています。

大和証券

大和証券だからできる
安心と信頼のサポート

ご不明点も一発解決!
安心の窓口サポート

ご不明点も一発解決!安心の窓口サポート

また、お電話でのご相談・ご質問には、高い応答品質のコンタクトセンターにてお応えします。

オンラインサービスはただでさえ不安なのに、大切なお金のこととなるとなおさらかと思います。
ダイワファンドラップ オンラインなら、大和証券の全国のお店やコンタクトセンターにてしっかりサポートさせていただきますのでご安心ください。

お近くの店舗を探す

ご不明な点はお気軽にお問合わせください

0120-010101

【平日】8:00〜18:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

シンプルな手数料
手数料は契約資産の1%※3

※3: 年率・税抜


あなただけのカスタム運用プラン

お客さまが思い描くライフプランの実現可能性についてシミュレーションを行います。
またその診断結果をもとに、目標実現に向けた最適な運用プランをご提案いたします。

Aさん

とりあえず試しに
やってみるタイプ

年齢:35歳
性別:男性
年収:500万円
投資経験:FX、仮想通貨、株式

Aさん

とりあえず試しにやってみるタイプ

年齢:35歳
性別:男性

年収:500万円
投資経験:FX、仮想通貨、株式


運用プラン 当初投資額:100万円
積立金額:1万円
運用期間:30年
目標金額:1,000万円
運用スタイル:より積極
100%
100万円
資産クラス 金額 構成比率
日本株式 28.3万円 28.3%
外国株式(為替ヘッジあり) 14.8万円 14.8%
外国株式(為替ヘッジなし) 33.2万円 33.2%
日本債券 1.5万円 1.5%
外国債券(為替ヘッジあり) 4.0万円 4.0%
外国債券(為替ヘッジなし) 4.0万円 4.0%
J-REIT 6.7万円 6.7%
外国REIT(為替ヘッジあり) 2.5万円 2.5%
外国REIT(為替ヘッジなし) 5.0万円 5.0%
合計 100万円 100%

Bさん

将来のために
コツコツタイプ

年齢:40歳
性別:女性
年収:750万円
投資経験:なし

Bさん

将来のためにコツコツタイプ

年齢:40歳
性別:女性

年収:750万円
投資経験:なし


運用プラン 当初投資額:300万円
積立金額:3万円
運用期間:25年
目標金額:2,000万円
運用スタイル:バランス
100%
300万円
資産クラス 金額 構成比率
日本株式 45.3万円 15.1%
外国株式(為替ヘッジあり) 42.0万円 14.0%
外国株式(為替ヘッジなし) 27.9万円 9.3%
日本債券 25.2万円 8.4%
外国債券(為替ヘッジあり) 58.8万円 19.6%
外国債券(為替ヘッジなし) 58.8万円 19.6%
J-REIT 21.9万円 7.3%
外国REIT(為替ヘッジあり) 12.0万円 4.0%
外国REIT(為替ヘッジなし) 8.1万円 2.7%
合計 300万円 100%

CSさん

相場の変動に
一喜一憂したくないタイプ

年齢:45歳
性別:男性
年収:1,000万円
投資経験:株式、投資信託など経験豊富

Cさん

相場の変動に一喜一憂したくないタイプ

年齢:45歳
性別:男性

年収:1,000万円
投資経験:株式、投資信託など経験豊富


運用プラン 当初投資額:1,000万円
積立金額:なし
運用期間:15年
目標金額:1,750万円
運用スタイル:積極
100%
1,000万円
資産クラス 金額 構成比率
日本株式 241.0万円 24.1%
外国株式(為替ヘッジあり) 139.0万円 13.9%
外国株式(為替ヘッジなし) 188.0万円 18.8%
日本債券 20.0万円 2.0%
外国債券(為替ヘッジあり) 53.0万円 5.3%
外国債券(為替ヘッジなし) 79.0万円 7.9%
J-REIT 118.0万円 11.8%
外国REIT(為替ヘッジあり) 96.0万円 9.6%
外国REIT(為替ヘッジなし) 66.0万円 6.6%
合計 1,000万円 100%

本シミュレーションおよび表示されている金額や確率は、当社が推計した期待リターンおよび想定リスクを用いて、将来の資産評価額の範囲を統計的に試算したものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。また、前提条件等の内容は予告なく変更されることがあります。
本シミュレーションは、運用コストとして年率1%を控除して計算しています。


ご不明な点はお気軽にお問合わせください

0120-010101

【平日】8:00〜18:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 「ダイワファンドラップオンライン」にてお客さまにお支払いいただく費用(ファンドラップオンライン・フィー)は、契約資産の時価評価額に対して最大1.1%(年率・税込)となります。その他に、投資対象となる投資信託に関して運用管理費用(信託報酬)の合計が純資産総額に対して概算で0.11%〜0.34%(年率・税込)かかります(組入れ状況等によっては変動します)。さらに、投資対象である投資信託では監査報酬等の費用が発生しますが、運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を示すことはできません。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ご投資にあたってのリスク等

  • 投資一任契約とは、当事者の一方が、相手方から、金融商品の価値等の分析に基づく投資判断の全部または一部を一任されるとともに、当該投資判断に基づき当該相手方のための投資を行なうのに必要な権限を委任されることを内容とする契約です。
  • 「ダイワファンドラップオンライン」は、投資一任契約に基づき投資信託証券を対象とした投資運用を行なう取引です。そのため、運用成績は投資対象となる投資信託の価格変動に応じて変化します。したがって、契約資産の額(元本)が保証されるものではなく、これを割込むことがあります。また、運用による損益は、すべて投資者としてのお客さまに帰属します。
  • 投資対象となる投資信託は、主として、国内外の株式、債券、リート(REIT)、株式先物等派生商品、およびこれらを実質的な投資対象とする複数の投資信託証券等に投資しますので、その基準価額はこれら実質的な投資対象の価格などに応じて大きく変動します。なお、これら実質的な投資対象のうち外貨建資産に関しては為替リスクが存在します。当該外貨の為替レートが円高方向に進んだ場合には、円ベースでの価格下落要因となり、投資元本を割込むことがあります。「為替ヘッジあり」は、為替ヘッジを行ないますが、影響をすべて排除できるわけではありません。また、為替ヘッジに伴うコストが発生します。「為替ヘッジなし」は、為替ヘッジを行なわないので、為替レートの変動の影響を直接受けます。

ご投資にあたっての留意点

  • 「ダイワファンドラップオンライン」のご契約にあたっては、あらかじめ「契約締結前交付書面」を交付しますので、お申込み前によくお読みください。
  • 「ダイワファンドラップオンライン」をお申込みの際には、「ダイワファンドラップオンライン投資一任契約書(兼 契約締結時交付書面)」、「ダイワファンドラップオンラインサービス約款」等で契約内容をご確認ください。
TOP