ダイワで海外ETF

GLOBAL X GLOBAL X

Global Xとは

  • 米国Global X社は2008年創業の
    ETFに特化した運用会社※1
  • 米国のテーマ型ETFは2020年に
    274%の成長※2
  • テーマ型ETFは
    いいとこどりの投資手法※3

※1:Global X Japan株式会社はGlobal X Management Company,Inc.、大和アセットマネジメント株式会社、株式会社大和証券グループ本社の合弁会社です。また、株式会社大和証券グループ本社はGlobal X Management Company,Inc.が発行する転換社債に投資しております。
※2:Global X社調べ。
※3:ETFの比較的低コストという特徴を享受しながら、成長が期待できるテーマへの投資を可能にする、いいとこどりの投資手法です。

Global X社 ETFの合計資産残高推移

(出所)Global X社より大和証券作成

純資産総額は 約2.5兆円
(2021年2月末時点)

純資産総額は約2.5兆円(2021年2月末時点)

Global X Japanとは

  • Global X社を筆頭株主として2019年9月に設立された
    ETFに特化した運用会社
  • 米国のノウハウを活用
    し特徴のあるETFを上場
  • 日本における
    テーマ型ETFのパイオニア

Global X Japanのご紹介

Global X Japanのご紹介

※Global X JapanのYouTubeに遷移します。

3月31日(水)ESG関連の東証ETF新たに2銘柄取扱い開始!!

銘柄コード 銘柄名 参照指数
2636 グローバルX MSCI ガバナンス・クオリティ-日本株式 ETF グローバルX MSCI ガバナンス・クオリティ-日本株式 ETF MSCI Japan Governance Quality Index
2637 グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF FactSet Japan CleanTech & Energy Index

グローバルX MSCI ガバナンス・クオリティ-日本株式 ETF
・ESGの一角であるガバナンスの観点と、ROE等の財務的観点から投資先を選定。

グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF
・成長が期待できるクリーンテック(再生可能エネルギー等)関連企業を選定。ESGのS(環境)スコアをウェイト付けに利用。

〜ご紹介動画公開中〜

※Global X JapanのYouTubeに遷移します。

下記ETFも取扱い中!!

銘柄コード 銘柄名 参照指数
2564 グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式 ETF グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式 ETF MSCIジャパン・高配当セレクト25指数
2565 グローバルX ロジスティクス・J-REIT ETF グローバルX ロジスティクス・J-REIT ETF 東証REIT物流フォーカス指数
2626 グローバルX デジタル・イノベーション-日本株式 ETF グローバルX デジタル・イノベーション-日本株式 ETF Solactive Digital Innovation Japan Index
2627 グローバルX eコマース-日本株式 ETF グローバルX eコマース-日本株式 ETF Indxx Japan E-Commerce Index

※Global X JapanのYouTubeに遷移します。

グローバルXについて詳しくはこちら
(Global X Japanホームページへリンク)

※下部の「お取引にあたっての手数料等およびリスクについて」をお読みください。

お取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
国内ETF

可能

-

可能

可能

可能

海外ETF

可能

- - - -

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
国内ETF -

可能

可能

可能

可能

海外ETF -

可能

- - -

コンタクトセンター

フリー
ダイヤル

0120-010101

受付時間

平日 8:00〜18:00

大和証券の口座をお持ちでない方は、
口座の開設が必要です。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行なう場合、約定代金に対して最大1.26500%(但し、最低2,750円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては約定代金に対して最大0.99000%の国内取次手数料(税込)に加え、現地情勢等に応じて決定される現地手数料および税金等が必要となります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動(裏付け資産の価格や収益力の変動を含みます)による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行なうにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行なうことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行なわれていないものもあります。

ETFは、大きな価格変動を伴うものや、先物を利用したETFの場合には先物のロールオーバーを繰り返していくことで減価していくものなど、さまざまな特徴・留意点があります。

ETFへ投資される際の特有のリスクや留意点については、下記のとおりとなっておりますので、これらの内容について十分ご理解いただいた上で、お取引を行なってください。