大和証券

みんなどうしているの??

初心者のためのやさしい投資のお話

豊かな生活を送るために、お金は大切なものの1つです。
さまざまな目的で貯蓄をしている人は多いと思いますが、
預金が「お金を貯める」ものならば、
「お金を動かしながら殖やす」のが「投資」です。
今回は「投資は怖い」「複雑でわかりにくい」という方のために、
投資についてやさしい解説つきでご紹介したいと思います。

step1 アンケートから見るみんなの投資の実態は?

step1 アンケートから見るみんなの投資の実態は?

「投資って興味はあるけど難しそうでよくわからない。やってみたいけどリスクが怖い。投資はお金持ちがするもの……」。
そんなイメージをお持ちではありませんか? そうした不安は、もしかすると知識の不足が原因かもしれません。
今投資をしている人のなかにも、同じように不安を抱えていた人も多くいます。
ですから、投資について実態を知ることができれば、そうした不安も軽減されることでしょう。そこで皆さまと同世代の方が、
 どの程度投資について関心をもち、実際に投資をしているのか。成人男女300人に行なったアンケート結果をご紹介したいと思います。

投資に興味はありますか? 実際に投資はしていますか?

マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)
マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)
マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)

実際に投資はしていますか?

マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)

投資に興味をもっている人は全体の約60%。ですが、実際に投資をしている人は約26%に留まっているようです。
40代以上になると、投資に興味を持っている人の65%が実際に投資をしており、世代を追うごとに投資への興味がある人、
実際に投資をしている人の比率は高くなる傾向が見られました。
ちなみに、投資をしていない人たちにその理由を聞いてみると、20代では「資金がない」、ある程度資金に余裕のある30代以上では
「リスクが怖い」という理由がトップ、その次に「知識がないから」でした。これには共感できる方も多いのではないでしょうか。

どんな商品に投資していますか?(複数回答可)

マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)

特に多かったのは、株式と投資信託でした。また、約30%の人が複数の投資商品を持っているとのこと。いくつかの商品を組み合わせることで、リスクを分散する運用ができるため、そうした人たちからは「投資って奥が深い!」という声もありました。 自分のスタイルに合った商品を知るなら、ダイワの商品ナビゲーション

最初に投資した金額はいくらですか?

マイナビウーマン調べ(2015年6月実施/有効回答数300件)

半数の人が最初の投資は10万円以下で始めていました。投資を始める前の印象として、やはり「リスクが怖い」という人が多かったので、まずは少額から始める人が多いようですね。 そもそも「大金が必要」という先入観で二の足を踏んでいた、などの意見もありましたが、実際に月々1,000円から積立可能な投資商品などもあるので、そうした商品ならば、まとまった資金がない方も始めやすいですね!

投資を始めたきっかけや目的は?

投資を始めて何が変わりましたか?

「老後を考えて」という人が多数を占めており、老後資金や教育資金などに対する不安から、投資による資産形成をしようと考えている、という意見が多く見られました。「親に勧められた」「恋人が投資していた」という人も意外と多く、元々興味があったところに周囲からの勧めが後押しとなったケースもあるようです。

投資を始めて何が変わりましたか?

配当金や株主優待をもらって、旅行などのちょっとした贅沢を楽しむようになった、という声も多く見られました。また、実際に投資を行えば、当然その結果が気になるもの。多くの人が経済ニュースに敏感になった、と回答していました。金銭面以外の点でもメリットを感じている人は多いようですね。

少額からでも投資はできる。経済の勉強もできるのが嬉しい!

step1 アンケートから見るみんなの投資の実態は?

step1 アンケートから見るみんなの投資の実態は?

実際に投資をしてみようと思っても、「何から始めればいいか分からない」という回答がアンケートでも多く見られました。
確かに投資商品にはさまざまな種類があり、それが投資のハードルを上げる一因にもなっていることでしょう。
ライフステージによっても投資のスタイルは人それぞれ。実際に投資をしている人が、どのように投資ライフを送っているのか
見てみましょう。
なお、文中に下線のある言葉をクリックすると、言葉や商品の説明がポップアップ表示されますので、併せてご覧ください。

モデルケース

事例:1 Aさん (32歳/女性/年収380万円)

将来に備え、毎月コツコツ積立運用!

30歳を目前に、自分の人生設計を考えたのが最初のきっかけでした。年金制度に不安が残る世代なので、老後の必要資金を計算してみたのですが、ただ貯めていても厳しいと思い、投資をしてみようと思いました。ただ、もともと投資の知識は全然ありませんでしたし、リスクも怖いし、お金もかかりそう……と最初は躊躇していました。そんなとき、証券会社に勤める友人から
投資信託なら少額からできるし、分散投資でリスクも抑えられるからお勧めだよ」と教えてもらったので、ちょうど夏のボーナスが出たときに、バランス型投信を購入、毎月5000円の積立をすることにしました。それまでは投資で利益を上げられるのは、経済や株の知識が充分にある一部の人だけだと思っていたのですが、定期的に送られてくる運用報告書でプラスになっているのを見てうれしくなったのを覚えています。毎月少しずつ積み立てているので、負担もそれほどなく、手軽に始めながら投資の勉強ができるのが、積立投資のいいところだと思います。

投資信託について詳しく見る

事例:2 Bさん (43歳/男性/600万円)

株主優待を満喫する投資ライフ

ある程度貯金もできたので、前々から興味のあった株式でもやってみようかと思っていたタイミングでした。
どの銘柄がいいか情報を集めていたところ、某食品会社の株主優待で日頃食べている食品がもらえると知り、迷わず16万円ほどで100株購入しました。購入後は気になって、毎日株価をチェックし、食品業界のニュースにも敏感になりました。世間のブームもあってか、おかげで株価は上昇。配当金も受け取ることができ、うれしかったです。これがきっかけで、株価の変動だけでなく、世の中のマーケットや流行に対してお金の動きが見えてきたことで、経済に対する理解がだいぶ深まったように思います。
ほかにも株をいくつか購入しましたが、すべての株価が上昇するわけではありません。なかには購入したときよりも株価が下がってしまった株式もありますが、配当金や株主優待に魅力を感じたものを購入していたため、充分に満足しています。目先の利益に振り回されず、これからもいろんな株主優待を楽しみます!

株式について詳しく見る

事例:3 Cさん (56歳/男性/730万円)

安定運用の一方で、家族のためにすこしでも資産を殖やしたい!

長男の進学費用や親の介護、住宅ローンの返済など、何かと家の中のことにお金がかかる時期。退職後の生活を考えて、できるだけリスクをとらず、投資をして少しでも資産を殖やそうと考えました。 そんな私にとって、預金よりも利率が高いものが多い債券は魅力的でした。確かにリスクが抑えられているためリターンも小さいですが、安定して利息を得ることが重要。蓄えていたうちの200万円を10年ものの個人向け国債と社債の購入資金に充てました。個人向け国債ならば、急遽資金が必要になったときも(条件付きで)中途解約できますし、資金の回収はできるだろうと楽観視しています。変動金利の国債を購入したことで、経済ニュースにも目を通すようになり、日本経済や金利について考えるきっかけともなりました。

債券について詳しく見る

どうやって始めればいい? 投資への不安を解消!

どうやって始めればいい? 投資への不安を解消!

さて、ここまで投資の実態と事例のご紹介をしてきたので、だいぶ投資の雰囲気はつかめてきたのではないでしょうか。
それでもリスクに対する不安や、そもそも何から始めたらいいのか分からない、という方もいらっしゃることでしょう。
投資の先輩たちも、最初は皆さまと同じ初心者。同じような不安を持っていた方々でもあります。
そこで、投資の先輩から皆さまの不安を解消してくれるアドバイスをいただきましたので、ご紹介いたします。

投資を始めたいけれど、何から始めればいいのかわかりません。
投資を始めたいけれど何から始めればいいのかわかりません。
まずは口座を作りましょう。証券会社の窓口でも、ネットからでも開設できます。
どの商品を選べばいいのか、多すぎてわかりません。
どの商品を選べばいいのか、多すぎてわかりません。
投資の予算やリスク許容度を考えて選びましょう。分からないときは、窓口で相談もできます。 ダイワの商品について詳しく見る
銘柄をどうやって選べばいいのかわかりません。
銘柄をどうやって選べばいいのかわかりません。
まずは自分の好きな会社や、魅力的な株主優待のある会社を選ぶのでもいいと思います。最初は分からなくても、 徐々に自分なりの選択ができるようになってきますよ。 銘柄の選び方について詳しく見る
損したらどうしよう、という不安が残ります。
損したらどうしよう、という不が残ります。
投資にはリスクがつきものです。「ローリスク・ローリターン」「ハイリスク・ハイリターン」というように、一般的によく言われていますよね。リスクを取ることでリターンも得られることを納得したうえで、投資を行いましょう。国債などの低リスクの商品ならば、少しは不安も軽減できるのでは? 何より大事なことは生活に支障が出ない、余剰資金で長期的にコツコツ運用することです!
そもそも資金的な余裕があまりないのですが……。
そもそも資金的な余裕があまりないのですが……。
例えば投信積立などは月々1,000円からの積立投資も可能です。いまならNISAという制度のおかげで、少額投資は税制優遇措置も受けられてお勧めです!

いかがでしたか? 少しでも皆さまの不安解消に役立ったのであれば幸いです。
ここで最後の質問への回答に出てきた「NISA」について、ご案内いたします。

株式や投信なら、税制メリットのあるNISAがお勧め!

NISAって? NISAって?

最近CMなどでよく目にする「NISA」とは、少額投資非課税制度のことを指します。株式や投信で得た売却益や配当には、通常約20%の税金が課されますが、年間120万円(最長5年間)を上限に、税金が免除される制度です。ただし、この制度を利用するためにはNISA専用口座を開設する必要がありますのでご注意ください。 また、NISA専用口座を複数開設することはできません。 大和証券では、新規口座開設者を対象としたキャンペーン等も実施しておりますので、この機会にぜひ開設することをお勧めいたします!

NISAについて詳しく見る

大和証券は、店舗やコンタクトセンターが充実。オンライントレードに不安のある方でもしっかりサポートいたします。
コンタクトセンターは、携帯電話からもフリーダイヤルでご利用いただけます。店舗ではご相談も受け付けておりますので、不安なこと、
分からないことがあれば、お気軽にお近くの窓口にご相談ください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて
手数料等およびリスクについて
当社の取扱商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります(「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由でお取引いただいた際の国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をお読みください。

ご投資にあたっての留意点
取引コースや商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。

少額投資非課税制度(NISA)および未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する留意事項
[共通事項]
NISA・ジュニアNISA口座の損益は、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
国内上場株式の配当金、ETF・REITの分配金は、証券会社で受取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はNISA・ジュニアNISA口座以外の口座でも非課税であるため、NISA・ジュニアNISA口座の非課税メリットを享受できません。
NISA・ジュニアNISA口座以外の口座で保有されている上場株式等をNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
NISA・ジュニアNISA口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰越すことはできません。

[少額投資非課税制度(NISA)に関する事項]
NISA口座は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
NISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。
※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

[未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する事項]
ジュニアNISA口座は、すべての金融機関を通じて、1人1口座に限り開設することができます。また、ジュニアNISA口座開設後は金融機関の変更ができません。(廃止後の再開設は可能です。)
ジュニアNISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間80万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。
※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。
口座開設者が18歳になるまで※1に、ジュニアNISA口座から払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。※2
※1 3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで
※2 災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。(このときもジュニアNISA口座を廃止することになります。)
ジュニアNISA口座にて運用される資金は、口座開設者本人に帰属する資金に限定されます。
*今後、法令・制度等が変更された場合、記載内容が変更となる可能性があります。(2016年2月現在)

会社概要  |  個人情報の取扱いについて

商号等 :大和証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

ページ上部へ
戻る