話題のキーワードからPickup トレンドから探る 投資信託!話題のキーワードからPickup トレンドから探る 投資信託!

話題のキーワードからPickup トレンドから探る 投資信託!

気になる話題で
ファンドを選ぼう!

最近、ニュースや新聞等で取り上げられる話題のトレンドキーワード。
これらは今後、産業を変える可能性があるもの、
またその変化の中で利益を生み出す可能性があるものと考えられ、
着目されている企業が増えています。

ここでは、一過性の流行ではない地球規模の関心ごとに着目した
投資信託の一部をご紹介します。

米国テクノロジー米国テクノロジー 米国テクノロジー 米国テクノロジー

netWIN GSテクノロジー株式ファンド銘柄コード:
Aコース(為替ヘッジあり):6843 / 
Bコース(為替ヘッジなし):6844 

IoT、クラウド・コンピューティング、AI…
次はどんなテクノロジーが世界を驚かせるのでしょうか。
netWINは、長期的な成長を期待できるイノベイティブ・カンパニーを発掘し、
主にテクノロジーの発展により恩恵を受ける米国企業の株式に投資します。

  • Aコース
    (為替ヘッジあり)
  • Bコース
    (為替ヘッジなし)
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

フードテックフードテック フードテック フードテック

フード・イノベーション厳選株式ファンド銘柄コード:6845

何千年と変わらぬ姿であった世界最古の産業、食糧。
“食”を取巻く多様な課題に直面した今、
その解決こそ、ビジネスチャンスであると捉えた者たちが食糧産業の劇的な転換に投資しています。
先送りできない“食”の課題を解決し、勝ち組になる企業とは?

基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

医療医療 医療 医療

フィデリティ世界医療機器関連株ファンド銘柄コード:
為替ヘッジあり :6838 / 
為替ヘッジなし :6839

拡大が見込まれる世界の医療機器市場。
医療市場全体は、長寿化や新興国経済の発展に伴う医療需要の高まり、
技術革新などから2017年から2024年までに約47%成長すると見込まれています。
医療技術の未来を担う企業には、どのような企業があるのでしょうか?

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

ゲノムゲノム ゲノム ゲノム

グローバル全生物ゲノム株式ファンド(1年決算型)銘柄コード:6850

医療・食糧・環境など人類が抱える課題の解決に。
世界を変える大きな可能性、ゲノム革命。
ゲノム関連ビジネスを行なう企業、および、ゲノム技術の恩恵を受ける企業が、
今後迎える巨大ビジネスチャンスとは?

基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

サイバーセキュリティサイバーセキュリティ サイバーセキュリティ サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティ株式オープン銘柄コード:
為替ヘッジあり :6825 / 
為替ヘッジなし :6826

技術革新によって、さまざまなモノやサービスが外部とつながったことにより、
インターネットを通じたサイバー攻撃のリスクも高まっています。
だからこそ、今必要とされているサイバーセキュリティ関連企業に着目!

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

次世代テクノロジー次世代テクノロジー 次世代テクノロジー 次世代テクノロジー

UBS次世代テクノロジー・ファンド銘柄コード:6711

日々進化するテクノロジーがビジネスの可能性を広げ、
ライフスタイルを多様化させています。
それは、人の想いをつなぎ、社会を変えていくイノベーション。
技術力や商品開発力を背景に高い成長が見込まれる銘柄を選定して投資します。

基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

このページを共有する

投資をはじめるなら大和証券で。

投資をはじめるなら大和証券で。

  • 取引実績300万人超&グループ総合力

    取引実績300万人超&グループ総合力

    300万人を超える長年の取引実績で、多くのノウハウとグループ各社の結束力で様々なお客さまのニーズにお応えします。

  • 先端技術を駆使した支援サービス

    先端技術を駆使した支援サービス

    アマゾンアレクサなど、先端技術を取り入れたツールでお客さまにタイムリーな情報をお伝えします。

  • 安心、頼れるプロのサポート体制

    安心、頼れるプロのサポート体制

    全国170以上の店舗やコンタクトセンター、セミナー等でお客さまをいつでもどこでも投資のプロがサポートいたします。

投資信託のお取引にあたってのリスク・留意点について

主なリスクおよび留意点

投資信託にかかるリスクについて
ファンドは、株式、債券、投資信託証券など値動きのある証券(外貨建て資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

投資信託にかかる手数料等について
投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された購入時手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。

ご投資にあたっての留意点
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。投資信託説明書(交付目論見書)のご請求は、大和証券のお取引窓口までお願いいたします。

収益分配金に関する留意事項

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。