毎月に、ゆとりをちょっとプラス。 オトナの分配型投資信託

人生100年時代

分配型の投資信託で、

運用をしながら分配金を受け取ることで

ゆとりある生活をめざしませんか?

タンス預金や銀行預金じゃものたりない

だけど、日々の生活費や

ちょっとしたぜいたくに資金は使いたい

そんなあなたに

分配型投資信託の
おすすめポイント

運用を続けながら、分配金を受取ることができる

運用を続けながら、
分配金を受取ることができる

預金から必要な額を
ただ取崩していくのではなく、
効果的な運用を目指しながら
分配金を受取ることが期待できる

分配金は受取る以外に、再投資を選択することも可能

分配金は受取る以外に、
再投資を選択することも可能

分配金を再投資することで
購入手数料無料で保有口数を
増やすことができ、
運用効率を高めることが期待できる

高配当株

代表的な「資産株」である公益株式のなかから、
配当利回りの高い銘柄に注目

(1)主に世界の高配当利回りの公益株に投資します。

日常生活に不可欠な公益サービスを提供する世界の公益企業が発行する株式を主な投資対象とします。
公益企業には電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給などの企業が含まれます。
これらの公益株の中から、配当利回りの高い銘柄に注目して投資を行ないます。

(2)特定の銘柄や国に集中せず、分散投資します。

(3)為替ヘッジを行なうファンドと、
為替ヘッジを行なわないファンドがあります。
毎月決算のファンドと、年1回決算のファンドがあります。

(4)4つのファンドの間でスイッチングが可能です。

為替ヘッジを行なわない 為替ヘッジを行なう
毎月
分配型
ピクテ・グローバル・
インカム株式ファンド
(毎月分配型)
ピクテ・グローバル・
インカム株式ファンド
(毎月分配型)円コース
愛称:グロイン・マイルド
1年
決算型
ピクテ・グローバル・
インカム株式ファンド
(1年決算型)
ピクテ・グローバル・
インカム株式ファンド
(1年決算型)円コース
愛称:グロイン・マイルド1年
MORNING STAR AWARD
モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー2018国際株式型(グローバル・含む日本) 部門

優秀ファンド賞

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2018年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。2018年12月末において、モーニングスターが行なう分類により国際株式型(グローバル・含む日本)部門に属するファンド340本の中から選考されました。

【Morningstar Award “Fund of the Year 2018”について】
投資信託の評価機関であるモーニングスターが、国内の追加型株式投資信託を対象に、リスクやリターンといった定量面での評価を満たし、運用スタイルや調査体制等の定性面から、優れた運用実績とマネジメントを持つファンドを選考したアワード(賞)です。“Fund of the Year 2018(ファンド オブ ザ イヤー2018)”は2018年の運用成績が総合的に優秀であると判断された投資信託を対象として表彰しています。

【Morningstar Award “Fund of the Year 2018”に関する留意事項】
Morningstar Award “Fund of the Year 2018”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。
また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド

  • 毎月分配型
  • 1年決算型
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド 円コース

  • 毎月分配型
  • 1年決算型
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

高利回り債券

相対的に高い利回りによるインカムゲイン(利子収入)の
積み上げが投資収益を支える

次の世代に先送りできない社会的課題の解決へ向け、
すでに世界は動き出している。

世界が取り込む17の目標(SDGs)

SDGs (エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年に国連が採択した「誰一人取り残さない」世界の実現を 2030年までに目指す17の目標と169のターゲットです。

高利回り社債への投資

高利回り社債※への投資を通じて相対的に高いインカムゲイン(利子収入)の獲得を目指します。当ファンドは主にハイイールド債券を中心とした高利回りの社債に投資しますが、投資適格社債等に投資する場合があります。

SDGs貢献度評価による銘柄選択

SDGs貢献度評価を用いて、中長期にわたる事業の存続、発展が期待される企業を選別することで、高利回り社債への投資リスクの低減を図ります。

SDGsの視点を取り入れた債券運用

安定的な運用実績を持つロベコのハイイールド債券運用に、ロベコSAMのサステナビリティ(持続可能性)リサーチを活用することで、魅力的な投資収益の獲得を目指します。

<毎月分配型>

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

<資産成長型>

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

米国リート

米国リートの値上がり期待と米国バンクローンの高利回りをまとめて享受

米国リートと米国バンクローンの魅力をまとめて享受

米国リートの安定した配当収益と価格上昇に、米国バンクローンの魅力的なインカム収入を加えることで、高いリターンが期待できます。

米国リート

賃料収入をベースとした
安定的な収益構造 賃料収入をベースとした安定的な収益構造

プラス

高利回りで変動金利が特徴の
米国バンクローンで利回りを 高利回りで変動金利が特徴の米国バンクローンで利回りを

まとめて享受

米国リートの値上がり期待と
米国バンクローンの高利回りを 米国リートの値上がり期待と米国バンクローンの高利回りを

<毎月分配型>

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

<年2回決算型>

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし
基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

国内リート

日銀による金融緩和政策が続く中、「高利回り」かつ「為替変動リスクのない」資産として
Jリートへの注目が高まっています。

高い利回りが投資魅力のJリート

Jリートの分配利回りは、株式の配当利回りや国債の利回りと比較すると高い水準で推移しています。
また、Jリートは主要各国の中でリートと国債の利回り格差が相対的に大きいことも投資魅力のひとつといえます。

国内主要資産の利回り(実績値)の推移 国内主要資産の利回り(実績値)の推移

利回り差=東証REIT指数分配利回り−国債(残存10年程度)利回り。 上記資産は異なるリスク特性を持つものであり、利回りの比較はあくまでご参考です。 税金等諸費用は考慮しておりません。

(出所)ブルームバーグ

主要各国のリート分配(配当)利回り(実績値)と国債利回り 主要各国のリート分配(配当)利回り(実績値)と国債利回り

リートの分配(配当)利回りは、日本:東証REIT指数。
日本以外:S&P各国REIT指数。
外貨建資産には為替リスク等があります。 上記資産は異なるリスク特性を持ちますので利回りの比較はあくまでご参考です。 四捨五入の関係で数値が一致しない場合があります。 税金等諸費用は考慮しておりません。

(出所)S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、ブルームバーグ

空室率・賃料ともに良好

  • 一般的に空室率が5%を下回る水準において賃貸オフィスは貸し手優位となり、
    賃料は上昇しやすい環境とされています。
  • オフィスの移転拡張などを進める企業も多く、平均空室率・賃料は改善傾向を続けています
都心5区のオフィス賃料・空室率と東証REIT指数(配当なし)の推移

対象地区は都心5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)。 調査対象ビルは東京ビジネス地区内にある基準階面積が100坪以上の主要貸事務所ビル。建物全部の一括賃貸など特殊な事情のあるビルおよび丸の内・大手町地区などの一部エリアでデータが公表されていない貸事務所ビルは、調査対象に含まれておりません。

(出所)ブルームバーグ、三鬼商事

訪日外国人旅行者数の増加

  • 2018年の訪日外国人旅行者数は過去最高の3,119万人(前年比8.7%増)を記録しました。
  • 政府は、訪日外国人旅行者数の従来の目標を大幅に前倒しし、新たな目標値を作成しました。
  • 訪日外国人旅行者の増加は、ホテルの需要拡大や商業施設での売り上げ増加等を通して、
    Jリートにとってプラスの経済効果につながることが期待されます。
訪日外国人旅行者数の推移

(出所)日本政府観光局(JNTO)、観光庁

「観光先進国」に向けた新たな目標値

(出所)観光庁

基準価額 前日比(騰落率)

円 /
純資産 純資産増減額(1年)
億円
億円
分配金(直近決算時) 分配金(年間累計額)


1年 3年

このページを共有する

投資をはじめるなら大和証券で。

  • 取引実績300万人超&グループ総合力

    取引実績300万人超&グループ総合力

    300万人を超える長年の取引実績で、多くのノウハウとグループ各社の結束力で様々なお客さまのニーズにお応えします。

  • 先端技術を駆使した支援サービス

    先端技術を駆使した支援サービス

    アマゾンアレクサなど、先端技術を取り入れたツールでお客さまにタイムリーな情報をお伝えします。

  • 安心、頼れるプロのサポート体制

    安心、頼れるプロのサポート体制

    全国160以上の店舗やコンタクトセンター、セミナー等でお客さまをいつでもどこでも投資のプロがサポートいたします。

投資信託のお取引にあたってのリスク・留意点について

主なリスクおよび留意点

投資信託にかかるリスクについて
ファンドは、株式、債券、投資信託証券など値動きのある証券(外貨建て資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

投資信託にかかる手数料等について
投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。

ご投資にあたっての留意点
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。投資信託説明書(交付目論見書)のご請求は、大和証券のお取引窓口までお願いいたします。

収益分配金に関する留意事項

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。