マネーレッスン

証券口座とは?口座の種類や開設方法・ポイントを知ろう


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    投資をしてみたい!そう思い立って証券会社に足を運んでも、すぐに投資ができるわけではありません。投資をするには、まず証券会社に証券口座を開設する必要があるからです。今回は、証券口座の基本、証券口座の種類、証券口座を開設する前に知っておきたいポイント、そして証券口座の開設方法までお話しします。

    証券口座とは?

    証券口座は、証券会社で株式などの金融商品の取引をするために必要な口座です。「証券総合口座」「証券総合取引口座」と呼ばれることもあります。

    「口座」といえば、銀行口座をイメージされる方が多いでしょう。銀行口座は、主に生活のために利用するもの。銀行にお金を預けたり、給料や年金を受取ったり、生活費や公共料金を支払ったり、ローンを組んだりすることができます。

    それに対して証券口座は、主に資産を運用するための口座です。証券口座では、株式・債券・投資信託などの金融商品の取引ができます。

    銀行でも一部の債券や投資信託を購入することはできますが、一般的に品揃えは証券会社のほうが豊富です。また、株式投資は銀行ではできません。株式投資などの金融商品の取引をするには、銀行口座とは別に、証券会社に口座を用意します。

    証券口座を使って投資をするときには、お金を証券口座に預ける必要があります。証券口座では「分別管理」といって、顧客から預かるお金や有価証券などを、証券会社の持っているお金や有価証券と厳重に分けて管理することが義務付けられています。ですから、もしも証券会社が破たんすることがあったとしても、顧客の資産は返還されます。また、万が一分別管理が行なわれておらず、資産が返せない……という事態が起きても、投資者保護基金によって顧客一人あたり1,000万円まで補償が受けられます。

    ちなみに、銀行口座は分別管理をしていません。銀行は顧客から預かったお金を他の個人や企業などに融資することで利益を得ているので、分別管理ができないのです。しかし、万が一銀行が破たんした場合にも、預金保険機構によって顧客一人あたり元本1,000万円と破たんした日までの利息等が保護されます。

    なお、証券口座と銀行口座を連携するサービスもあります。例えば、大和証券の「ツインアカウント」では、大和証券の証券総合取引口座、そして大和ネクスト銀行預金口座の両方を開設し連携することで、より効率的に資産を管理することができます。

    証券口座の種類

    証券会社で開設できる証券口座は、次の3種類です。

    • 特定口座(源泉徴収あり)
    • 特定口座(源泉徴収なし)
    • 一般口座

    初めて証券口座を開設する方は、どの口座を選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで、この3種類の口座の特徴をみていきましょう。

    これら3つの口座の違いは、投資で利益が出たときの税金の扱いにあります。

    通常、株式の値上がり益や配当金、投資信託の値上がり益や分配金といった投資の利益には、20.315%の税金がかかります。この税金を誰が計算して、どう納めるかが違うのです。

    ●3種類の証券口座の違い

    (株)Money&You作成

    特定口座(源泉徴収あり)

    特定口座(源泉徴収あり)では、金融機関が1年間の取引をまとめた「年間取引報告書」を作成し、納める税金の額を計算してくれます。そのうえ、その税金を自動的に源泉徴収してくれるのです。したがって、投資の利益については確定申告をする手間がなくせます。

    特定口座(源泉徴収なし)

    特定口座(源泉徴収なし)でも、金融機関が年間取引報告書を作成してくれます。しかし、税金は源泉徴収しないので、自分で確定申告を行なう必要があります。確定申告というと難しそうに感じる方もいるかもしれませんが、金融機関が作ってくれる年間取引報告書を利用すれば、手間を減らすことができます。

    一般口座

    一般口座では、金融機関は年間取引報告書を作成せず、税金も源泉徴収しません。ですから、自分で1年間の売買損益を計算し、自分で確定申告を行ない、税金を納める必要があります。

    投資初心者の方におすすめなのは「特定口座(源泉徴収あり)」。特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、税金の計算も確定申告も不要になるので便利です。なお、源泉徴収区分(源泉徴収あり⇔源泉徴収なし)は年ごとに変更することが可能です。

    また、証券会社ではNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)口座も開設できます。NISAは投資の利益にかかる20.315%の税金を非課税にできる制度です。例えば投資の利益が10万円あった場合、本来であれば2万円ほどの税金が引かれてしまうのですが、NISAを利用すればこの税金がゼロに。10万円をそのまま受取れます。非課税で投資できる分、効率のよい資産形成が期待できます。

    NISAには「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3つの制度があり、それぞれ年間の投資上限額、非課税になる期間、投資できる金融商品、投資の方法などが異なります(ジュニアNISAは2023年をもって終了予定)。いずれも非課税制度ですので、税金を計算する必要もありませんし、確定申告も不要です。

    NISA口座は、単独で開設することができません。証券口座とセットで開設します。証券口座を開設する際に、一緒にNISA口座も開設できますので、一緒に手続きするとよいでしょう。

    証券口座を開設する際に知っておきたいポイント

    証券口座は、証券会社ごとに開設できます(NISA口座は1人1口座のみ)。ですから、目的や用途に応じて複数の証券会社で口座開設する方もいます。

    証券会社のサービスは各社異なるものです。情報量が多い、取引しやすい、アドバイスが得られるなど、証券会社によって強みも異なります。複数の証券会社に口座開設しておけば、強みの「いいとこどり」をして投資をすることができるでしょう。また、各社のサービスを使うことで、より使いやすい証券会社を見つけることにもつながります。

    証券会社には、大きく分けて総合証券とネット証券の2種類があります。

    総合証券は、ひとことで言えば街に店舗を構えて営業している証券会社です。顧客は対面や電話などで投資や貯蓄、資産運用のアドバイスを受けながら投資を進めることができます。対面での取引のほか、ネットや電話を使っての取引もできます。

    一方、ネット証券は、街に店舗を構えず、インターネット上で営業している証券会社です。投資の情報を自分で見て判断し、ネットや電話で取引を行ないます。いつでもどこでも自分の裁量で自由に取引することができます。

    証券会社のなかには、総合証券とネット証券、両方のサービスをもっているところもあります。

    証券口座の開設方法や必要な書類

    では、実際に証券口座を開設する方法や必要な書類について、大和証券の場合を例に見ていきましょう。

    大和証券には、ご自身で情報収集し、インターネットによるお取引を中心に行なっていただく「ダイワ・ダイレクト」コースと、ご面談・お電話で相談しながら取引を行なう「ダイワ・コンサルティング」コースの2つの取引コースがあります。このうち、「ダイワ・ダイレクト」コースはインターネット・郵送・店舗で口座開設のお申込みができます。「ダイワ・コンサルティング」コースは、店舗・郵送でのお申込みが可能です。

    インターネットで口座開設する場合

    【口座開設手順】

    インターネットで口座開設する場合は、「ダイワ・ダイレクト」コースの申込みが可能です。手続きは口座開設のページから行ないます。規定などを確認し、メールアドレスを登録すると、メールでURLが届きます。このURLから口座開設の情報入力ページに移動し、情報を入力します。

    本人確認書類の画像はウェブ上でアップロードできるので、郵送は不要です。審査を経て「口座開設のお知らせ」が届いたら、マイナンバーを登録。最短1日で取引が開始できます。

    【必要書類など】

    ・お取引先金融機関名・支店名・口座番号

    証券口座からの送金や、株式配当金などの受取りを行なうためのご本人名義の銀行口座が必要です。

    ・本人確認書類(2種類)

    運転免許証・健康保険証・住民票の写しなどのうち、2種類を用意します。いずれも氏名・住所・生年月日が記載されていることが必要です。

    ・個人番号カードまたは通知カード

    証券口座での取引にあたっては、マイナンバーの登録が必要です。

    インターネットでの申込みのほかに、郵送や店舗で申込むこともできます。申込みの手順や必要な書類はこちらのページを確認してみましょう。

    投資を行なうには証券口座の開設が必要!ぜひ挑戦してみよう

    証券口座の基本と種類、知っておきたいポイントを解説してきました。投資をするには証券口座が欠かせないことがおわかりいただけたのではないかと思います。証券口座の開設は無料でできますので、まずは口座開設をしてみてはいかがでしょうか。将来に向けて、投資が重要な時代です。ぜひその第一歩を踏み出しましょう!

    口座開設のご案内はこちら

    執筆/高山 一恵

    2005年に女性向けFPオフィス、(株)エフピーウーマンを創業。10年間取締役を務めた後、現職へ。女性向けWEBメディア『FP Cafe®』や『Mocha』を運営。全国での講演活動、執筆、マネー相談を通じて、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい講演には定評がある。

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    ファイナンシャルプランナーがアドバイス「誕生日をきっかけに考えたいお金のこと」

    投資の先輩#02 金融資産1,000万円が間近の42歳派遣社員。「今は投資が生活の張り合いで、心の支え!」

    積立投資のはじめ方とそのポイントを徹底解説!

    ママFPの人生を変えた、「金持ちパパママ」になる方法

    <関連サイト>

    今日からあなたも始められる!初心者のためのカンタン投資デビュー

    投資商品・サービスから自分にあった「はじめて」を見つけよう!

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP