マネーレッスン

投資家パパから学ぶ、投資と育児の両立とは?サイドFIREで得られた家族と過ごす幸せな時間


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業をはじめとして、数多くの世界的大企業に投資することができる米国株。認知度は広がっているものの、実際にどんな魅力があるのか把握している人はまだ少ないのではないでしょうか。そこで今回、米国株投資でサイドFIREを達成した投資家でYouTuberのロジャーパパさんにインタビュー。米国株投資の魅力を語っていただくとともに、FIREで得た自由な時間や、子育てへの思いについても伺いました。投資で得られるのはお金だけじゃない!?

    投資デビューのきっかけはたまたま読んだ本。失敗もしながらたどり着いた米国株投資

    2021年11月にサイドFIRE(※1)を達成した投資家YouTuberのロジャーパパさん。2018年から米国株投資をはじめ、ETFと優良株を中心に長期で運用しています。投資の手法や成果を発表するYouTubeチャンネルを2019年12月に開設すると、一躍人気チャンネルに成長しました。

    まずはどのようなきっかけで投資をスタートし、サイドFIREを達成したのか聞いていきましょう!

    ※1 サイドFIREとは…FIREが経済的に自立して早期退職することに対し、サイドFIREとは資産運用などによる不労所得を得ながら、好きな仕事で収入も得ていくことを指します。いわばセミリタイアです。

    「大学卒業後、新卒で勤めた企業でお金を貯め、アメリカの大学院に留学しました。卒業して帰国した後は米国系企業を3社渡り歩き、9年間勤めた最後の企業はGAFAのうちの1社。お給料の一部を株で受け取っていたことがサイドFIREするために役立ちました。また、YouTubeの広告収入やアフィリエイト収入が月100万円を超えるようになり、それも会社を辞める後押しになりました」(ロジャーパパさん、以下同)

    一方、投資をはじめたのは、たまたま書店で見かけた本がきっかけでした。

    「年4%の利益が確率的に見込めることが統計的にわかっていると書かれていて、これは素晴らしいとすぐに日本株を買ってみました。リーマンショックでトヨタや伊藤忠など日本の優良企業の株が安く買えたことと、アベノミクスによる株価上昇などが重なり、ビギナーズラックで1,500万円ほど利益確定できました」

    ところが、2016年頃になると株価の上昇も止まり、購入していた株にも含み損が出るように……。それをきっかけに投資の勉強を本格的に始めたロジャーパパさんは、購入した投資情報誌でアメリカ株について知りました。

    「アメリカ株の代表的指数であるS&P500はどんな暴落があっても長い期間でみれば回復し、最高値を更新していることを知ったんです(※2)。そして、2018年にアメリカ株を買ってみました」

    そこから米国株投資の魅力にはまり、2019年には日本株をすべて手放し米国株一本の投資スタイルになりました。

    自由に時間を組立てられるサイドFIRE 家庭、仕事、投資をバランスよく配分

    2021年には会社員生活に別れを告げたロジャーパパさん。現在はどのようなライフスタイルを送っているのでしょうか。

    「セミナーの資料を作ったり、取材を受けたりする際は、近くのシェアオフィスに行きますが、その他の時間は基本的に家で過ごしています。平日の昼から妻と一緒に料理を作ったり、早い時間に子どもとお風呂に入ったりできるのは、サイドFIREならではですね。仕事はしていますが、家族と過ごす時間を優先しています」

    お子さんは現在5歳と2歳。とても手がかかる年頃です。同時に、パパやママと過ごす時間が大好きです。

    「仕事も投資も子育ても、偏りなくバランスよく時間配分することを意識しています。自分で会社を経営しているので、やればやるだけ収入は増えるんですが、だいたい昼間の4~5時間程度にしています。子どもたちが寝た後に2~3時間仕事することもありますね。自由に時間配分できるのがすごくいいなと感じています」

    毎日のように夕食の時間を家族一緒に過ごせるだけでなく、家事や育児に使える時間も増えました。

    「英語しか使わないプレスクールを選んだので、英語が得意ではない妻に変わって入園の手続きから日々のやりとりまでを私が担当しています。とはいえ、やはり子育ても家事も妻の負担が大きいので、トイレットペーパーの買出しやエアコンのフィルター掃除など、地味だけど手間のかかることは極力自分がやるようにしています」

    ……と、家族との温かい時間を大切に過ごしていることが伺えます。また、今後はサイドFIREという立場を生かし海外移住も考えているとのこと。それもやはり子育てのため。子どもたちに海外で多様性に触れてほしいというのが、海外移住の目的だそうです。

    さて、このような生活の支えになっている米国株投資とは一体どんなものなのでしょうか?

    ロジャーパパが教える米国株投資 基盤は「インデックスETFの積立」

    家族全員分のNISA口座を開設しているロジャーパパさん。夫婦で年間120万円ずつの一般NISA、お子さんたちはジュニアNISAで年間80万円ずつの合計400万円を、すべて米国株へ投資しています。運用方法をさっそく聞いていきましょう。

    《ロジャーパパの投資鉄則!①》

    ●コア投資はETFを中心とした積立てで

    「米国の代表的な指数であるS&P500などに連動したETFを中心に、マイクロソフトやP&Gなど世界を代表する優良株に投資しています。定額を積立てている口座、状況を見ながら買増す口座と分けて運用しています。ポートフォリオとしては、全体の7〜8割をETF、残りの3割程度を個別株といった形です。

    ETFも個別株も定期的に買い増しているのですが、2022年になってから2カ月間、株価が下がり続けています。過去100年間においてS&P500は30%以上の暴落を8回経験しているのですが、長い期間でみればすべての暴落から立直り最高値を更新しているんです。(※2)その実績を信じて投資をし続けています。

    これから初めて投資をするという方は、S&P500に連動する投資信託で、手数料の安いものを選ぶと良いでしょう。分配金も自動で再投資してくれるのでとても簡単です。投資する金額はそれぞれの余剰資金の範囲内で決めましょう。月1,000円しか積立てられないなら1,000円でもOK。3年間で3万6,000円積立てたら4万円になっていた……なんてことが起きたら、その人にとっては大事件じゃないですか。まずはそれを体験してほしいですね」

    《ロジャーパパの投資鉄則!②》

    ●リターンを増やしたいなら入金力を上げる!

    「より大きなリターンを目指す場合は、ハイリスクハイリターンの手法を取るのではなく、入金力を上げるのがオススメだと考えています。今はブログやYouTubeなど初期費用をかけずにできる副業がたくさんあります。失敗しても何度も挑戦できますしね。

    また、年間で20万円以上利益が出てくると給与所得者であっても確定申告が必要になるので、経費として計上できるようになります。これまでお給料から支払っていた副業にかかる費用も経費として計上できるようになり、結果的に節税に繋がります。

    支出を減らせれば手元に残るお金も増えるので、結果的に投資に回せるお金が増えますよ!」(ロジャーパパさん)

    頑張ればお金がもらえることを子どもは毎日の生活の中で理解していた

    米国株一本で長期投資をしているロジャーパパさん。その魅力にどっぷり浸かっているからこそ、やはりお子さんにもいずれ投資をしてほしいと話します。

    「アメリカ株という素晴らしい投資商品に気づけたので、子どもたちにも淡々と積立ててほしいと思っています。でもまだ5歳と2歳という年齢なので、どう教えていくのかは今後考えていきたいところですね。ただ、つい最近子どもに教えてもらったことがありました」

    それは5歳の息子さんが「お菓子を買ってほしい」とおねだりした時のことでした。

    ロジャーパパさんは、「自分でお金を持っていれば、いちいちパパに言わなくても自分で買いたい時に買えるんだよ。お金を稼ぐってどうしたらいいと思う?」と問いかけたそうです。

    「するといきなり、『パパ、耳を貸して』と言ってきたんです。そして、私の耳元で歌い始めたんですね。彼は普段からYouTubeなどの動画サイトを見ているうちに、何か芸を披露するとお金をもらえるということを理解していたんです。だから、自分も芸をしているのだからお金をくれというんですね」

    結果、100円を渡し、息子さんはそのお金でチョコレートを買ったそうです。

    「日本の一般的なお小遣い制度って、毎月いくらと決められていますよね。そんな風に、時間が経つとお金がもらえるというしくみはよくないのではないかと気づいたんです。頑張ったらお金をもらえるという当たり前のことを感覚的にわかっているのであれば、そこを応用していけばいいと思いました。S&P500の投資信託なら100円から積立てができるので、『お小遣いの100円を投資に回したら110円になるんだよ。働かなくてもいいんだよ』と教えていければいいなと期待を抱いています」(ロジャーパパさん)

    投資によって、お金だけでなく家族と過ごす時間や好きな仕事を選べる立場を手に入れたロジャーパパさん。投資をまだ始めていない人は、NISAやiDeCoといった制度を使ってS&P500をはじめとした全米株式の投資信託やETFを購入することを強く勧めたいと話します。

    「オススメしたい理由は、何より実績があるから。投資信託であれば100円から積立てを開始できるものもあります。3年も積立てを継続できれば効果を実感できます。下落相場でも売らずに継続できれば、安いときにより多く買えるので、よりリターンを増やせるという体験もできます。成功体験が1回できると、これから続く自分の人生で大きなプラスになると思うので、ぜひ、余剰資金でトライしていただきたいですね」(ロジャーパパさん)

    子どもの教育資金や老後資金など、何か目的のある資産を作るために投資を始めたいと考える人は多いもの。それだけでなく、ロジャーパパさんのように家族と過ごす時間を増やしたり、ストレスの少ない生活を手に入れたりできるのだとしたら、さらに嬉しいですね。

    ※2 文中のS&P500に関する説明は、過去の推移をもとにしたロジャーパパさんの感想であり、将来の運用成果等を保証したものではありません。投資に関する決定は、最終的にはご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

    <プロフィール>

    ロジャーパパさん

    米国株・米国不動産の投資家のYouTuber。2019年12月にYouTubeチャンネルを開設すると、瞬く間に登録者数9万人超の人気チャンネルに。
    2008年から日本株で投資を開始。2018年から米国株投資へ切り替えて、2021年11月にサイドFIREを達成した。

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    「米国株(アメリカ株)を始めたい!」知っておきたい特徴やポイント

    投資の先輩#05 金融資産2,579万円の43歳会社員。「一度、20年後、30年後の運用結果をシミュレーションしてみてください」

    桐谷さんのおすすめ8選!身近な外食&レジャーなどアフターコロナが待ち遠しい優待銘柄

    「夢を育てよ」#6 大久保嘉人さんが信じる「1%の可能性」 vol.1

    <関連サイト>

    今日からあなたも始められる!初心者のためのカンタン投資デビュー

    米国株

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP