マネーレッスン

これが誰でも無料!?投資の成功のヒントをくれる「ウェビナー」に参加してみた!


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    『SODATTE』の編集部員ながら、「面倒くさがり」「行動力に欠ける」という、投資にとって、いや人生にとってのマイナス要素を抱えていたK君。「レンタルなんもしない人」に見守られ、証券会社の口座開設、さらには「つみたてNISA」開始までたどり着いたのですが……。

    【前回までの記事はこちら】

    証券口座を開設するのが面倒なSODATTE編集部のK君が、「レンタルなんもしない人」に見守られて大和証券の口座を開設してみた!!

    「レンタルなんもしない人」に再び見守られ、SODATTE編集部のK君が大和証券で積立投資デビューしてみた!!

    これが「積立投資」の恩恵なのか……!?

    都内某所。僕はノートPCを前にして少し時間を気にしています。なぜなら、あと15分で、個人投資家として新たなステージの幕開けが……、いやそれはちょっと大袈裟か。でも、自立への第一歩にはきっとなるはず、と思えるからです。

    思い返せば8カ月前。大和証券の「オンライントレード」で、「つみたてNISA」を利用した積立投資を開始しました。ちょうどコロナショックで株式市場は歴史的下落を経験した直後。「なんて間が悪いんだろう……」。普通の感覚の持ち主なら、そう嘆いたかもしれません。しかし、無頓着な性分が功を奏したか、大して気にすることもなく、毎月1万円、積立は続いていきました。

    そしてやがて市場は反転し、気がつけば日経平均株価は30数年ぶりの高値を記録。そして、僕の運用成績はどうなっているかと、口座にログインして確認してみると、あっ、元本7万円(入金を忘れ1カ月お休み)に対して、評価額はおよそ9.1万円!!

    ※画面は2021年1月19日時点のもの。投資成果はSODATTE編集部員K君の場合の例です。

    積立てる株式や投資信託の価格が下がったときこそ、多く購入できる。それが「積立投資」の大きなメリットとは聞いていたけど、まさかこんなに早く身をもって体験するなんて。

    そして、そのとき天の声が聞こえた気がしたんです。

    「Kよ、今こそ自立のときじゃ!!」

    参加費無料、誰でも視聴可能の「ウェビナー」とは

    「自立」は僕自身の永遠のテーマとも言えます。ご存知のように、口座開設もつみたてNISAの開始もレンタルさんの無言の後押しがあったからできたようなもの。いわば、人任せ、他力本願の投資人生だったわけです。

    では、自立するために今の僕には何が足りないのか。それは明解です。投資に関する必要な知識のすべて。新年に「今年の投資ビジョンは?」と質問され(実際にされることはないけど)、自身に満ちた表情でスラスラ答えるような、そんな知識が圧倒的に不足しているのでした。

    そこで今回、投資の知識を身に付けるために体験したのが、大和証券の『LIVE配信ウェビナー』なのです。

    いわゆる投資セミナーというと、従来なら指定の会場まで足を運んで、参加者は皆さん、酸いも甘いも噛み分けた投資の猛者たち……(あくまで妄想です)。その中に僕のような超ビギナーが分け入るには、やはりハードルは高いと言わざるを得ません。

    しかし、ウェビナーはネットで参加するWeb型セミナー。PC、タブレット、スマートフォン(※1)を用意して、インターネットに接続できる環境があれば、自宅はもちろん、場所を選ばず視聴できます(※2)。先着申込制で、参加費は無料。そして、大和証券に口座がなくてもOKというのも大きなポイント。いや~、ハードルが低い。これなら僕に限らず、興味のある人なら誰でも気軽に参加できますよ。

    さらに、見逃し配信もやっている(※3)から、定員いっぱいで視聴できない場合、どうしても都合が合わない場合に、後からでも見られるというやさしさ。投資家にはやっぱりやさしさが必要ってことなんだな。でも、日々変わる市況を考えるとこの情報はタイムリーに取得しておきたいところ!

    よし、じゃあ、誰を誘おうか……。あっ、そうでした。今回は一人で挑みます。なにせ、今回の裏テーマは僕の自立なのですから。

    (※1)スマホより画面が大きく見やすいPCやタブレットを推奨。
    (※2)通信費用は自己負担のためWi-Fi環境を推奨。
    (※3)見逃し配信を行なわないセミナーもあります。見逃し配信動画は一定期間掲載後、削除されます。

    >>大和証券の『LIVE配信ウェビナー』

    いざ、簡単、手軽なウェビナー体験!!

    セミナー当日がやってきました。申込みは事前に済ませています。もちろん、誰に背中を押されることなく、一人でやりましたよ、フフフ。

    申込み方法は簡単でした。視聴にはZoomのアプリが必要(※4)だけど、はじめてのウェビナーは大きな画面で見たいと思いPCで視聴。セミナー選びは、大和証券のウェビナーのページから。「セミナーを申込む」をクリックして、氏名、メールアドレス等の必要事項を入力。あとは「登録」すれば完了。申込み完了後にセミナー当日の参加用URLを記載したメールが送られてくるというわけ(※5)。

    で、僕がチョイスしたセミナーは、2021年1月8日(金)配信の「2021年のグローバル相場展望と投資戦略」。どうですか、この本格っぽい響き。しかも、サブタイトルが「金利上昇懸念に対する中銀の手綱さばきが焦点に」。ちょっと難易度高めかもという不安もあるけど、まずは体験ですから。

    視聴開始は13時30分からで所要時間は1時間。おっ、あと10分で開始か。入室できる時間になったので、送られてきた招待メールの参加URLにアクセスします。僕の投資人生がまた一歩前進すると思うと、何だか感慨深いなあ。

    (※4)Zoomのアプリケーションが未ダウンロードの場合、招待メールのタップ後の指示によりダウンロードも可能。詳細は以下を参照してください。

    >>zoomを活用したウェビナー参加方法

    (※5)登録後1時間以上経過しても「参加URL」が届かない場合は、申込み時に入力したメールアドレスに誤りがあるか、メールの受信・拒否設定がなされている可能性があります。

    投資に役立つ情報満載、期待の銘柄紹介まで

    ※以下の内容はウェビナー配信時(2021年1月8日時点)の情報です。

    ウェビナーがスタート。スタジオが映り、司会進行の女性の方が紹介する今回の講師は、大和証券投資情報部のシニアストラテジストの石黒英之さん。さて、激動の2020年が終わり、2021年はどうなるのか。ここが多くの参加者の最大の関心事なのですが、何と冒頭から一発回答!!

    「結論から言えば、2021年の株式市場は……」

    そうなんだ。ありがとう、石黒さん!!その明解な一言に、視聴開始からわずか数分で僕は元を取った気がしましたよ。あっ、このセミナー、そもそも無料だから元がかかっていませんでした。

    セミナーは小気味良く進みます。コロナ感染拡大の影響や米国の長期金利、FRBの量的緩和など、気になるテーマについての解説が続きます。中には難しい経済用語も出てきたけれど、それも勉強だからね。

    参加者のからの質問にも対応しているぞ。「上がり続ける株価。いつ買い時と考えればいいのでしょうか」。それは僕も気になっていた。そして回答は「そういう場合は一度に買わず、積立を利用するといいでしょう。結局、株価も経済も上がったり下がったりの繰り返しなのですから」。なるほど、金言ですねえ。

    情報とその分析から投資戦略が見えてくる

    あっという間の1時間。「一言も聞き漏らすまい」と思ったのはいつ以来でしょうか。少なくとも、ここ数年はなかったような……。ともあれ、今回のウェビナー初体験で感じたのは、投資は情報とその分析がいかに重要かということ。そこから「投資戦略」という憧れの4文字熟語も見えてくる。それを知っただけでも実に有意義な視聴体験でした。

    しかも、本来なら自分ですべき情報収集&分析を、ウェビナーなら的確かつ手軽に教えてくれる。世の中の動きが見えてくると言っても、決して言い過ぎではないような。

    各セミナーの申込は先着制なので、興味のあるテーマのセミナーを見つけたら早めの申込みが吉。そして、カフェでコーヒーを飲みながら、あるいは料理をしながらでも視聴できるこの気軽さ。

    さて、これでようやく僕も自立した投資家になれそうです。この学びを仕事にも活かすぞ。これからもウェビナーをチェックするぞ。

    おっと忘れていました。今年の僕の投資目標です。つみたてNISAを月1万円から2万円にアップ!!投資額倍増です。何に投資をするのか。それはまたの機会にご報告できればと思います。

    >>大和証券の『LIVE配信ウェビナー』

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    証券口座を開設するのが面倒なSODATTE編集部のK君が、「レンタルなんもしない人」に見守られて大和証券の口座を開設してみた!!

    「レンタルなんもしない人」に再び見守られ、SODATTE編集部のK君が大和証券で積立投資デビューしてみた!!

    オンライン学習の普及は投資のチャンス!?「相場の福の神」が語る今後の可能性と注目企業8社

    投資信託は投資初心者向き!普通預金との比較やメリット・デメリットを解説!

    <関連サイト>

    LIVE配信ウェビナー

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP