マネーレッスン

桐谷さんが厳選!お父さんが喜ぶ銘柄、お父さんの株が上がる銘柄


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    今回はお父さんにとってうれしい優待内容の銘柄と、家族が喜んでお父さんの株も上がる優待内容の銘柄を桐谷さんに教えてもらいます。ホテルの利用料が割引になる銘柄、家族で楽しめるレストランの食事券がもらえる銘柄など、お父さんにとってお得な情報が満載です。

    ※本文中の株主優待情報は桐谷さんの経験に基づいたものであり、変更になる可能性があります。
    ※記事中の株価、利回りなどは全て2020年6月10日の終値で計算しています。
    ※優待内容は特に断りのない限り1単元(100株)保有の場合を記載しています。

    総合利回り4%以上が基準

    現在、桐谷さんが保有する優待銘柄の数は1000以上。自宅に届く優待品も増えていきます。

    「毎月20銘柄以上買っているのに対して売るのは3~4銘柄ぐらいなので、保有銘柄はどんどん増えています。そこで、最近は使いきれない優待品は人にあげるようにしているんです。以前、人に親切にしたり、人とコミュニケーションをとるようにしたりすると元気に長生きできるというテレビ番組を見て、だったら優待品を人にあげて喜んでもらったり、優待品のやりとりでコミュニケーションがとれれば効果があるかなと思いまして(笑)」

    桐谷さんが優待銘柄を選ぶ基準は総合利回り4%以上であること。総合利回りとは、投資額(その銘柄の購入金額)に対して、年間に何%の利益が見込めるかを示したもの。ここでいう利益とは、優待品を金額換算したものと配当金のことで、以下の計算式で算出できます。

    総合利回り(%)={年間の優待品(金額換算)+年間の配当金}÷投資額×100

    今回も、取材時点で総合利回り4%以上を基準に銘柄をセレクトしてもらいました。では桐谷さんが選ぶ「お父さんが喜ぶ銘柄、家族が喜びお父さんの株も上がる銘柄」を見ていきましょう。

    総合利回り4%以上の基準を満たす銘柄は?

    「真っ先に思い浮かんだのは平和(6412)です。同社グループが運営するゴルフ場の割引券が年間計4枚もらえるので、ゴルフ好きのお父さんにはうれしいのではないでしょうか。対象となるゴルフ場は全国各地にあります。割引額は1人1回につき最大3500円なので結構大きいですね」

    次に挙げるのは、出張に役立ちそうなサムティ(3244)。大阪で有名な不動産会社です。

    「東京と大阪でホテルの運営もしていて、そこの宿泊割引券3000円分が年2枚(6000円分)もらえます。いずれも都心にあるので、東京や大阪に出張するお父さんは重宝しそうです」

    対象ホテルは、東京は「センターホテル東京」と「エスペリアイン日本橋箱崎」の2カ所、大阪は「エスペリアイン大阪本町」の合計3カ所です。

    また、オリックス(8591)は桐谷さんがよくおすすめとして挙げる銘柄です。

    「注目したいのは各地の名産品などがもらえる『ふるさと優待』。保有期間3年未満でもらえるものの中に、『すみだ水族館』と『京都水族館』の年間パスポート引換券があり、年に2枚もらえます。年間パスポートは通常、4100円(※)で販売されているので、2枚だと8200円相当となりお得です」

    水族館の一般料金はいずれも大人が2050円(※)なので、年間パスポート1枚につき2回以上行けば元が取れる計算になります。年間パスポートは顔写真入りとなるので利用できるのは本人のみ。家族で利用するなら夫婦で1枚ずつ作るのもよさそうです。年に何回でも行けるので、日頃のストレス解消にお父さんが1人で訪れるのもいいと桐谷さん。

    保有期間が3年以上になると年間パスポート引換券に加えて水族館内のショップなどで利用できる2000円分の利用券(1000円券×2枚)もプラスされるので、長期保有のメリットも味わえます。

    (※)新展示エリア「クラゲワンダー」の公開に伴い、2020年7月16日(木)より京都水族館の年間パスポートは4400円に、一般料金は2200円に改定予定

    「運動不足が気になるお父さんにすすめたいのが、スポーツクラブを運営するルネサンス(2378)です」

    株主優待券が半年ごとに2枚ずつ年間計4枚もらえ、同社スポーツクラブの無料利用券などとして1枚につき1人(15歳以上)が利用できます。ウェアやシューズ、タオルなどのレンタルも可能なので気軽に手ぶらで行くことができます。

    桐谷さん自身は優待券でルネサンスを利用しようと思い、株を買ったそうです。優待投資家仲間の中には、優待券で施設を利用したところ、あまりにもマッサージチェアが気持ちよかったので、会員になった優待投資家もいるそうです。スポーツクラブへの入会を考えている人は、優待券で施設を無料体験してみるのも手ですね。優待券があれば入会金も無料になります。

    外食、レジャー銘柄は家族にも喜ばれる

    「クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)は、同社グループ店舗で使える食事券がもらえます。2020年2月末にこれまでの1株を2株にする株式分割を行ない、実質的に優待内容が拡充し、魅力が増しています」

    株式分割とは発行済みの株式を「1株を2株」「1株を3株」などに分割すること。株式分割をしても企業の価値は変わらないので、分割に応じて株価が修正されます。1株を2株に分割して株数が2倍になると、分割後の株価は理論上、分割前の2分の1になります。すると1単元の100株を買うための投資額が分割前の50株分の金額で済み、分割前の半分の投資額で株主になれるというわけです。

    「分割後の優待内容は、100株で半年ごとに2000円分の食事券(年間4000円分)がもらえるというものです。分割前は100株(分割後の200株)で半年ごとに3000円分の食事券でしたので、その割合で分割後の100株に対する食事券の額を考えると半年ごとに1500円分なのですが、分割後は2000円分の食事券がもらえるので実質的な優待の拡充といえます」

    分割前は500株未満の場合は同じ優待内容でしたが、分割後は、保有株数が200株以上、400株以上になると食事券の額がアップしていき、保有株数を増やす楽しみも加わります。

    「同社は株式分割では3分割を2回行ない、今回は2分割を行なっています。今後も株式分割を行なうかもしれませんし、分割の際に優待を拡充するかもしれないので持っていると楽しみな銘柄です。お父さんが1人で飲みに行くのもいいですし、数百株保有して家族でしゃぶしゃぶやお寿司を食べに行ったりもできる。会社の同僚や後輩にごちそうするのも喜ばれますね」

    もう一つ、外食で桐谷さんが挙げるのがアトム(7412)です。

    「アトムはコロワイドグループの一つ。コロワイドグループの銘柄にはアトムの他にコロワイド(7616)と、カッパ・クリエイト(7421)があります。いずれも3銘柄が展開する飲食店で相互に利用できる優待ポイントがもらえるのですが、アトムは一番投資額が少なくて済み、総合利回りも高い傾向にあります」

    優待ポイントは半年ごとに2000ポイント(2000円分)、年間計4000ポイント(4000円分)もらえます。

    「特徴は1ポイントずつ、1円単位で使えること。食事券の優待は500円単位だったり1000円単位だったりしておつりが出ないのが一般的なので、飲食代を食事券の範囲内に収め、かつ、なるべくおつりを出さないように注文するには結構頭を使うんです(笑)。その点、アトムの優待ポイントは1円単位で利用できるので非常に使い勝手がいいですね。優待投資家の間でも評判です」

    アトムの優待ポイントのメリットはそれだけではないと桐谷さん。

    「生活圏にコロワイドグループの飲食店がなかったりして優待ポイントが使えない場合には、優待ポイントを各種ギフト商品に交換できるので無駄がありません」

    また、桐谷さんは私鉄の銘柄も押さえておきたいとアドバイスしています。

    「鉄道会社の銘柄を持っていると、乗車券の優待、沿線のレジャー施設やホテル・旅館などの割引といった優待が受けられるので、家族でのレジャーに役立ちます。お父さんの株も上がりますよ。おすすめは私鉄。私鉄沿線に住んでいて、その鉄道会社が上場しているなら保有するとお得なことが多いです」

    一例が近鉄グループホールディングス(9041)。

    「近鉄は全線で利用できる招待乗車券が半年ごとに4枚ずつ、年間8枚もらえます。名古屋-大阪間など路線が長距離なので、優待投資家仲間にはいつもこれを利用して名古屋-大阪間をタダで乗車している人もいます。片道で1枚なので、半年に4枚ずつだと夫婦で年2回往復することができますね」

    最後に、優待投資をする上での注意点についてお伝えします。優待投資は株式投資の中では堅実な方法のひとつですが、元本保証はなく、買った銘柄は値動きします。値下がりしても保有している限りは含み損の状態ですが、手元資金が不十分なため、値下がりした株を売らざるを得ない、という事態が発生することも考えられます。すると損失が確定してしまいますので、生活費の半年分程度の預貯金を確保したうえで、使途の決まっていない資金を優待投資に充てるなど、余剰資金を使って投資することが大切です。

    桐谷さんがセレクト!お父さんが喜ぶ&お父さんの株が上がる銘柄

    (文/萬 真知子 撮影/木村 輝)

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    桐谷さんが驚いた優待拡充も!堅実派のあなたにおすすめ、3つの条件を満たす銘柄とは!?

    桐谷さんがアドバイス 株主優待で消費増税を乗り切ろう!

    年収3万円の元お笑い芸人が株式投資で資産1億円になれた理由 vol.1

    RAG FAIR土屋礼央さんのハッピー投資術!家族みんなで楽しめる、お気に入りの優待銘柄もピックアップ!

    果報は寝て待て?初心者のための「配当金」と「株主優待」をもらうコツ

    <関連サイト>

    株主優待ランキング

    株主優待検索

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP