マネーレッスン

証券口座を開設するのが面倒なSODATTE編集部のK君が、「レンタルなんもしない人」に見守られて大和証券の口座を開設してみた!!


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    見守ってもらうと「開設できる」気がする

    ずっと頭に描いていることがあります。それは「投資を始めなくては……」。

    『SODATTE』の編集部員として日々の取材をする中、投資の必要性をひしひしと感じてきました。貯蓄だけに頼らず資産運用をして将来に備えるべき。確かにそのとおりだと思うのですが、投資の第一歩である、証券会社への口座開設、これがなかなかできないのです。

    その理由は「いろいろ面倒そう」「何となくハードルが高そう」といたって単純。何かキッカケさえあれば簡単にクリアできそうなのですが、今まで踏み出せないでいるのです。

    しかし、ふと思いつきました。

    「レンタルさんに頼めば何とかなるかも……」

    正しくは「レンタルなんもしない人」。ただそばにいる、あるいは同行や付き添うだけの依頼を受けるというサービスをしている人。彼に横で見守ってもらったら、僕でもすんなり開設できるのではないか。

    TwitterのDMで依頼してみると、早速OKの返信。早い。早すぎる。そういうわけで、レンタルさんの力を借りて「口座開設」という栄光のゴールを目指すことになりました。

    ●レンタルなんもしない人

    1983年生まれ。理系の大学院を修了後、教育系の出版社に就職。退社後、フリーランスのライターに。2018年からスタートした「レンタルなんもしない人」の活動に携わる。2020年2月現在、Twitterのフォロワーは25万人。既刊に『レンタルなんもしなかった人のなんもしなかった話』(晶文社)、他に「週刊モーニング」(講談社)誌で活動を描いた連載『レンタルなんもしない人』(漫画・プクプク)などがある。

    ●SODATTE編集部のK

    何とレンタルさんと同じ1983年生まれ。福岡県出身。何度か転職して今の職場に流れ着く。人生には前向きだけど、行動が伴わず、何でも後手に回るのが悩み。素直な性格なので感化されやすい。

    レンタルさんが本当にやって来た!!

    約束の日、約束の場所に、レンタルさんは5分前に現れました。テレビやネットで見たとおりの顔、風貌です。当たり前ですけど。

    K「レンタルさんですよね、今日はよろしくお願いします」

    レンタルさん(以下、R)「どうも」(と言って、軽く会釈)

    目は合わなかったような。当然、テンションは低い。というか、推し量れるようなテンション自体がありません。不思議な空気感だあ。

    DMで伝えたとおり、今からここで大和証券の口座開設をする旨を再度伝えます。レンタルさんは「わかりました」と答え、2人でテーブルに横並び。僕がスマホを操作し始めると同時に、レンタルさんは自分のスマホで黙々とTwitterを見始めます。想定どおりの光景です。

    コースを選択していよいよ申込みスタート

    大和証券の口座には、2つのコースがありました。ひとつは担当者からアドバイスを受けながら取引ができる「ダイワ・コンサルティング」コース、もうひとつは自分のペースで取引ができ、株式委託手数料が割安な「ダイワ・ダイレクト」コース。なるほど、投資スタイルで選ぶということか。

    せっかくだから、どっちのコースがいいか、レンタルさんに聞いてみようと思いたずねると、

    R「どっちでもいいです」

    ですよね。でも、話し掛けると、お菓子を食べる手を休め、こちらの画面を覗き込んでくれる。フワッとした連帯感はあります。

    結局、コストの安い「ダイワ・ダイレクト」コースに決めました。このコースの場合、申込方法としてスマホの他、PCや実際に店舗に来店、資料の取り寄せも可能。今回は印鑑不要、郵送不要の上、最短1日で開設できるスマホでの申込みを選択します。

    レンタルさんと運転免許証を見せ合って楽しむ

    いよいよ実際の申込みスタート。メールアドレスなど本人の情報を入力して、暗証番号も設定して、国籍など簡単な質問にも答えていきます。

    この間、まったく会話がありませんから、不安になって横を見たら、レンタルさんはちゃんといました。こちらが何かを作業していると、もはや気配すら感じません。

    それから、用意する書類として、本人確認書類が2種類必要。僕の場合は、運転免許証と健康保険証(この日のために免許の住所変更に行ってきたんだ)。これをスマホで撮影してアップロード。それにしても、免許証の写真、いつ見ても変だよなあ。あっ、そういえばレンタルさんの運転免許証ってどんな写真なんだろう?

    アップロードできる本人確認書類

    K「運転免許証、見せてくれますか? 顔写真、少し気になって」

    一瞬、驚いた表情をしましたが、

    R「いいですよ」

    と言って、財布から取り出して渡してくれました。

    K「ああ、今のレンタルさんとまったく変わらないですね。妙に納得します。僕のはこんな感じなんですよ」

    と自分の免許証を見せたが、予想どおりとくに感想はなし。

    見守られながら、無事申込完了

    これで申込みが完了。それを知らせるメールも来ました。思った以上に簡単です。サクサクできました。あとは、郵送で届く口座開設のお知らせを待つだけ。これでレンタルさんの任務も終了なので、ちょっと感想も聞いてみました。

    K「ありがとうございました。申込みできました。どうですか、今回の依頼を受けて、今のご感想は?」

    R「良かったです」

    K「レンタルさんのおかげで人生のハードルをひとつ超えた気がしますよ」

    R「いいえ、僕は何もしてませんから」

    といった、そこそこの会話を交わし、ここでレンタルさんとはお別れ。お見送りをしました。

    K「口座開設のお知らせが届いたらまたご連絡します!!」

    R「承知しました」

    口座開設は結局、簡単だった!!

    翌日、自宅に無事、口座開設を知らせる書類が到着(実際は、早くレンタルさんに報告しようと、不在伝票を持参して最寄りの郵便局に出向きました。もちろん再配達してもらうことも可能です)。すぐにスマホでマイナンバーを登録して、めでたく完了。あとは、入金してガンガン取引をするだけ!!

    とりあえず、その前にレンタルさんに報告しなくては。届いた書類等の画像を添えて、TwitterのDMで送ります。早速、「お疲れ様でした!」というお褒めの言葉をいただきました。

    振り返ると、口座開設で困難に直面することは一切なく、レンタルさんの力を借りなくてもできたかもしれません……。

    いやいや、僕みたいに最初の一歩が踏み出せない人は必ずいるはず。そんな人は、レンタルさんに依頼するのもひとつの方法。もしくは思い切って、大和証券の窓口に直行してみるのもいいかも。あるいは、こうしてSODATTEにアクセスしているのだから、このままパソコンやスマホで口座開設してもいいのでは。

    とにもかくにも、口座開設は簡単。それを確信した今回の体験でした。レンタルさん、気づかせてくれてありがとう!これから投資頑張るぞー!

    大和証券の口座開設はこちら

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    芥川賞作家・羽田圭介さんに聞く!「投資で学んだ実生活にも活かせる学び」とは?

    初心者必見!すぐわかる株の始め方

    資産運用を考えたなら!覚えておきたい投資の基礎知識

    今日からお金持ち体質に!お金が寄ってくる生活習慣6つ

    「普通預貯金だけ」はもう卒業!お金を育てる3つの財布運用法

    <関連サイト>

    はじめてでも安心!口座開設のススメ方をチェック!

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP