子育て

2022年度から高校で「資産形成」の授業がスタート!子どものうちからはじめたいお金の教育とは


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    学習指導要領の改訂により、2022年4月から高校の家庭科授業で「資産形成」の内容が導入されると話題になっています。また同じ時期に、民法上での成人年齢が18歳となります。つまり、高校を卒業したら親の同意を得なくても、自分の意思でさまざまな契約ができるようになるということです。このような社会背景から鑑みても、子どもの頃から“お金の知識”を付けておいたほうがいいと考えるお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。今回、キッズ・マネー・ステーション認定講師の野口太さんに、高校家庭科で資産形成が導入された背景や主な内容、そして家庭ではどのようなお金の教育ができるのかをお聞きしました。

    「生きる力」を育むために導入された 高校家庭科での資産形成授業

    2022年度から始まる高校の家庭科での「資産形成」授業。これまで家庭科では、家計管理という視点に基づき、「収支のバランスを取ること」や「消費者問題に巻き込まれないこと」などが教えられてきました。しかし、2022年度からは投資信託や株式など具体的な金融商品の特徴や、それらの金融商品による資産形成についての指導が加わります。

    なぜ今、このような授業が始まることになったのでしょうか。

    「今回、資産形成についての授業が導入されたことには、これからの社会を生きるためにはお金の知識が必要不可欠であるという時代背景が大きく影響しています。例えば、年金問題や人生100年時代などの社会問題はお金と切り離せません」(野口さん)

    社会の変化が加速度的に進み、将来を簡単に予測できない現代。このような時代を主体的に生きていく力が大切であると、文部科学省が新学習指導要領を定めました。

    「現代では、働き方や暮らし方に多様な選択肢が持てるようになりました。その反面、新卒で入った会社が老後の面倒までみてくれる時代ではなくなり、自分で生き抜く力が必要となりました。また、情報の取得についてもとても簡単になった一方で、溢れかえった情報を整理し、正しい情報を能動的に得る必要性が生まれています。このような環境で適切な判断力を養う意味でも、お金の勉強は大切です」(野口さん)

    では、高校入学前の幼い頃からお金について学ぶためには、どんなことができるのでしょうか。まずは、野口さんが普段教えていることを聞いてみましょう。

    ごっこ遊び感覚で楽しくポジティブに お金について学んでいこう!

    現在、野口さんは金融教育をテーマに掲げたイベントや仕事体験を開催し、子どもたちにお金の知識を提供しています。また、イベント時には保護者向けのセミナーなども行ない、家族で学べる機会も作っています。

    「例えば、天ぷらそばを題材にした授業では、さまざまな産地の原料が日本に運ばれてくる過程を説明することで経済について学び、同時に『〇〇から輸入したそば粉を日本円で買ったらいくらになるだろう?』と為替の勉強をする……なんてことをしています」(野口さん)

    また、子どもたちが売り子になり、保護者がそれを購入するという仕事体験学習も行なっているそう。

    「子どもたちが店長になり、パンなどの商品を作り値段を決めて、販売するという一連の店舗業務を体験する中で、お金のしくみやルールを学びます。このとき、大切にしていることの一つに『人の役に立つからお金がもらえる』という考え方があります。お客さんが欲しいものだから商品が売れ、お客さんには『欲しいものを買えてありがとう』と感謝の気持ちが生まれます。お店側も『買ってくれてありがとう』とお客さんに感謝します。つまり、お金が動くと『ありがとうの気持ち』が交換されるんですよね。これを大切にしています」(野口さん)

    仕事体験学習をする中では、毎日家族のために働いてお金を稼いできてくれる親に感謝の気持ちも持つようになるとのことです。

    とはいえ、お金の話をすることに対してネガティブに受け止められがちな面が日本にはあります。そのため、「経済はありがとうの交換で成り立っている」と伝えることで、明るくポジティブに捉えられる工夫をしていると野口さんは言います。その努力の甲斐もあり、子どもたちはお金の勉強にとても意欲的だそう。

    「イベントが終わった後に親御さんの家計相談に乗ると、『今までお金のことを教えてなかったし、小さい頃から教える必要はないと思っていたけど、イベント以降興味津々でどんどん勉強するんです。私たちも勉強しなければならないですね』と驚かれる方が多いんです」(野口さん)

    “ごっこ遊び”の延長に学びがあるとわかると、難しく捉えてしまいがちなお金の勉強もグッと身近です。

    では、家庭ではどんなことができるでしょうか。

    お小遣いから始める 家庭でできる本格的な金融教育

    「今の子どもって、現金と接する機会が減っているんですよね。例えば、スーパーの買い物もクレジットカードやバーコード決済などキャッシュレスが一般的。習い事や給食費も口座引き落としです。でも、一昔前は月謝袋を先生に渡していましたよね」(野口さん)

    このように経済感覚が自然に育ちにくい環境の中で、子どもの経済感覚を育てるためには、お小遣いから始めるのがいいと野口さん。

    「一番の目的は、親子でお金の会話をすることです。そのために最も身近なのがお小遣いではないでしょうか。例えば子どもが小さいうちは、お風呂掃除を手伝ったら10円をあげる、というように報酬制をオススメしています。少し大きくなってきたら、月にいくらと決める定額制にして、自分で管理させると良いでしょう」(野口さん)

    そしてこのとき、取入れると良い管理方法があるそう。

    「今すぐ使う用、貯金をする用、投資用と、3つに貯金箱を分けるんです。貯金用は、今すぐは買えないけれどコツコツ貯めたら買えるという目的を作って自分で貯めていきます。投資用貯金箱は、例えばパパ銀行やママ銀行にお年玉の1万円を預けたら、利息のお金として1カ月で100円増えるよと教えると、金融機関に預けることでお金って増えるんだ、という投資の考え方を自然と学べます」(野口さん)

    中高生になったら、投資用の貯金箱で実際に投資信託やミニ株を買うのもオススメだそう。野口さんのセミナーでは、昨今のNISAやiDeCoなどの制度の定着もあり、これまで投資に興味を持たなかった親たちも「投資を始めたほうがいいのか?」と相談に来るといいます。

    子どもと一緒に低額から始めてみることは、親側も最初の一歩として挑戦しやすそうです。

    また、大人でも腑に落ちにくいと言われている“長期の分散投資の概念”も、実際にインデックス型の投資信託やETFなどを購入することで、親子で一緒に学べそうです。

    「具体的な商品の話をするのではなく、複利効果や世界経済の成長という話など社会的な話をすると、子どもも興味を持ってくれますよ。例えば投資信託の場合は、市場の成長に投資するため時間がかかるんだよと説明すると、飲み込みやすいと思います」

    子どもと一緒に親も学ぶ。そんな姿勢で取組んでいけば、お金の話に苦手意識を持っていた方も少しずつ親しんでいけそうですね。

    お金は人生の選択肢を広げる手段 正しく学んで人生を切り開こう!

    親世代のほとんどは、子ども時代にお金の教育を受けてきていません。そのため、「今更勉強しても……」と諦めている方も多いのだそう。でも、人生100年時代です。大人になったからといって、手遅れなんてことはありません。

    「これからは自助努力の時代。選択肢の多い人生を送っていくための手段として、お金の勉強は大人になっても必須だと私は考えています。10年後、20年後の人生に差が出ていくものなので、ぜひ勉強してほしいですね。そして、学んだことを子どもたちにも伝えていっていただきたいです」(野口さん)

    というのも、お金はあくまでも手段であり、目的ではないからだと野口さんは言います。

    「私たちの人生の目的って、お金を得ることではないですよね。お金が目的になり囚われてしまったら、非常にもったいないです。お金の本質は手段です。不安を持たずにやりたいことに挑戦できる人生を過ごすために、お金が必要なんですよね」

    家族は小さな経済社会。その目的には、みんなが幸せに暮らすというものがあるでしょう。お金の知識を身に付けることで、きっと家族の笑顔はさらに大きくなるはず。

    この春から、お金の勉強をスタートしてみてはいかがでしょうか。

    <プロフィール>

    野口太さん

    株式会社Tanemaki取締役社長。
    キッズ・マネー・ステーション認定講師、子育て世代専門の独立系ファイナンシャルプランナー。国内の大手金融機関、外資系金融機関を経て独立。「教育」を柱とした様々な事業を行なっており、お金の専門家として子育て世代や若年層のマネー教育に携わる。相談事業のほか、イベントや講演活動など幅広く活躍する。

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    いくら渡してどうさせるのが正解?お小遣いの与え方

    カリスマ保育士・てぃ先生に聞いた!子どもとのコミュニケーション術

    おうち時間が長い今こそ!円満な家庭を築くコツ

    これからの新しい勉強スタイルとなるか?小学生向けオンライン学習のメリットと活用法

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP