子育て

「ラクして片付く!」多忙な子育て世代こそ実践したい片付けのコツ


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    いつもスッキリ片付いているきれいな家って、憧れませんか?でも、仕事や家事育児で時間がないと「整理整頓に手間暇をかけられない!」「おもちゃに洗濯物に散らかる一方!」という方が多いのではないでしょうか。

    思考と空間の整理の専門家「ライフオーガナイザー®」の資格を持つ門傳(もんでん)奈々さんによると、簡単なポイントさえ押さえれば、家の中を整えてキープするのはそれほど大変なことではないそうです。そこで、今日から実践できる、整理収納のコツとテクニックをお聞きしました。

    <専門家プロフィール>
    門傳奈々さん


    ライフオーガナイザー®、整理収納アドバイザー1級

    片付け・整理収納のプロとして、片付けのアドバイスや相談を行なっている。3児の母の視点を活かした、生活動線に沿った整理収納法や子どもが自分で片付けられるようなしくみづくりが好評。ブログやコラム執筆など情報発信も積極的に行なっている。

    門傳さんのWEBサイト(大和証券ホームページ外に遷移します)

    整理整頓のプロにも片付け下手な時代があった!?

    インテリア雑誌に出てくるようなスッキリとした部屋って憧れますよね。

    でも、生活をしていると、身の回りにはモノが溢れてくるものです。ダイニングキッチンには、調理道具だけでなくペン類などの日用雑貨が必要ですし、子どもがいる空間にはおもちゃや学用品がどんどん増えていきます。そうすると、うまく整理収納できない自分や協力してくれない家族に苛立ってしまう方もいるかもしれません。

    整理整頓のプロである門傅さんも、かつては片付け下手だったと話します。

    「以前は、モノが多くて、モノに振り回されている日々でした。モノの住所も決まってなかったので、使いたいものがどこにあるのか家族には分からず、私ばかりがイライラしながらバタバタとモノを出していて。探し物が多いので、時間もムダにしていましたね。

    『どうしてみんな片付けないの?私ばかりやらなければならないの?』といった後ろ向きな言葉も頻繁に出てきて……家の中の空気もどんよりしがちでした」

    門傳さんは、そんな状況を改善したいと思い立ち、整理収納について学ぶことに。すると、“スッキリが持続するコツ”が分かり、家の中が変わっていったといいます。

    「片付けの良い流れができてくると、何よりも自分にゆとりが出てくるんです。好きなことをする時間もできるので家族に優しくなれますし、自分が楽しそうにしていることで子どもも落ち着いてきます。つまり、家の中が整理整頓されると、暮らしそのものが整ってくるんです」

    そんな生活、手に入れたいですね。そこで、門傳さんにすぐに取入れられるテクニックをいくつか提案していただきました。

    “今の延長線上”にある“手が届く理想”を目標にしよう

    「さあ、片付けるぞ!」と意気込んで片付け始めた結果、途中で理想とのギャップに意気消沈し、断念してしまう人が少なくないそうです。

    門傳さんによると、「無理せず、ラクして、整理整頓」がスッキリを持続させるためのベース。目標もいきなり「モデルハウスのようにしたい」「インスタ映えする部屋にしたい」と高いレベルを掲げるのではなく、まずは手が届く理想を考えてみましょう。

    「私の場合、『ダイニングテーブルに毎日花を飾りたい』が最初の目標でした。すると、テーブルの上のゴチャゴチャしたモノをなくそうというアクションが取れますね。

    こんな風に、まずは10〜20分程度で片付けられるようなところから始めることをおすすめしています。その成功体験を積重ねていけば、いつの間にか家全体が整いますよ」

    “手が届く理想”を思い浮かべることができたら、片付けを開始しましょう。では、片付けのコツを、具体例とともにご紹介していきます。

    【片付けの準備運動:モノを「分ける」「手放す」】

    「モノをきれいに入替えるだけでは、たいていの場合、根本的な解決にはなりません。まずは、“分ける”ことをしましょう。

    例えば、『①よく使う②使う③あまり使わない④それ以外』のように使用頻度で分ける、『①絶対に捨てられない大事な宝物②気に入っている③それ以外』のように好みで分けるというように、モノを分け、優先順位の低いものは手放すことを検討します。自分や家族にとって本当に大切なものを選ぶことが、片付けの第一歩です。

    手放すことが苦手な人は、モノの価値をよく考えてみてください。どんなモノでも、置いておくにはスペースが必要。つまり『家賃』がかかっています。その家賃を払っても置いておきたいかどうか考えましょう。

    それでも置いておきたいものを選んだら、次にそれをどう収納するか考えます」

    【片付けのコツ①:しまうときのアクション数を少なくする】

    「モノの収納場所を決めても、その場所にしまうのが面倒に感じるしくみだと、続けにくくなってしまいます。自分にとってラクなのはもちろんですが、家族にも自然と片付けてもらえるしくみを作るなら、『入れるだけ』『置くだけ』のような1アクションで終わるようなしまい方が理想です」

    【実例】
    ●玄関にDM捨て場を作る

    ポストに入っていた不要DMは玄関に入ったら即捨てるしくみづくりを。ドアの近くに宛名消しを常備しておけば、玄関で作業を完了できます。ゴミ箱ではなく、紙袋にDMを入れることで、そのまま捨てることも可能に。

    <実践するときのポイント>

    「DMそのものを減らすこともおすすめ。電話で止めて欲しい旨を伝えるといいですよ」

    【片付けのコツ②:使う場所の近くに収納しよう】

    「モノの収納場所を考えるときは、それを使うときの動線を意識するようにしましょう。モノを取出してすぐに使って、すぐに定位置に戻せるしくみが、ラクして片付くコツです」

    【実例】
    ●鍋はシンク下に、フライパンはコンロ下に

    形の似た調理器具だからといって、同じ場所にしまう必要はありません。鍋は水を入れて使うのでシンク下、フライパンはすぐ火にかけるのでコンロ下に、というように、使う場所を意識して収納するとラクになります。

    <実践するときのポイント>

    「我が家は決まった鍋で麦茶を沸かしているのですが、その鍋の近くに麦茶も収納しています。このように同時に使うモノ同士を近くに置くと、自然と動作も減るので、片付けだけでなく、その他の家事までラクになりますよ」

    ●ハンカチは、玄関に近い棚に

    衣類の仲間に思えるハンカチですが、実際には服を着るときではなく、学校や会社へ行く直前にかばんに入れることが多いです。それを考えると、クローゼットに入れるより玄関に近い場所に置いておくと、無駄な動きを防げます。

    【片付けのコツ③:子どもの収納は子どもの性格や年齢に合わせよう】

    「家族が片付けるようになってもらうには、家族の性格をつかんだ収納法や、年齢に合わせたラベリングをするとうまくいきやすいです。また、しまう場所を決めるときは、一緒に相談しながら決めると、『これは〇〇にしまうんだ』と意識づけがされやすくなります」

    【実例】

    ●(左)ざっくりした性格の子には放り込むだけでOKの収納を。(右)モノを分類するのが好きな几帳面な子には棚やボックスを用意。

    ●年齢や身長によって使いやすい高さが異なるので、手の届く範囲に自分のモノ置き場を作るようにします。

    ●まだ字が読めないうちはイラストで分かりやすくラベリングするのがおすすめ。

    <実践するときのポイント>

    「磁石でくっつくなど、子どもが楽しめる収納を取入れる工夫をすると、子どもも片付けられるようになります。また、片付けを促すときは、漠然と『片付けなさい』というのではなく、『○○を××にしまって』というように具体的に伝えるといいですよ。

    加えて、親が片付けを楽しんでいる姿を見せるのも良いかもしれません。親がイライラしながら片付けていると、子どもも片付けを嫌なものだと認識しますが、『スッキリして気持ちがいいね』とポジティブな印象を与えていると、片付け好きな子に育つと思います。私自身、子どもたちのようすを見てそれを実感しています」

    【片付けのコツ④:収納BOXを買うところから始めない】

    「必要のない、または生活スタイルに合わない収納BOXを買って、かえって使いにくいしくみを作っている方がよくいらっしゃいます。片付けを始めるときに、最初に収納BOXが欲しくなるという方は注意した方が良いかもしれません。

    まずはお菓子の空き箱や紙袋を使って仕切りを作り、その収納方法が良いと思って初めて、必要なら収納BOXを購入してはいかがでしょうか」

    ●硬めの紙袋で仕切る0円収納

    紙袋の取っ手部分を切り、折り返すと丈夫な仕切りになります。ぴったりの高さに調節でき、収納BOXに置き換えるときは、このままお店に持っていけば大きさも分かりやすいです。

    <実践するときのポイント>

    「当たり前と思われるかもしれませんが、収納BOXを購入するときはサイズや使い勝手をよく吟味した上で購入しましょう。同じものが欲しいと思ったときにすぐに追加購入できるかも重要です」

    暮らしやすい毎日のために「やめる」ことも大事

    「これまで様々なご家庭を訪問してきましたが、皆さんそれぞれに一生懸命。仕事に家事に子育てにという毎日は、まさにフルマラソンですから、その生活を続けているだけで本当に立派だと思います。でも、家事って給料も出なければ、誰かに褒められることも少ないので、つらくなってしまうんですよね。だから、『やめること』を取入れることもおすすめしています」

    門傳さんのご家庭では、汚れがつきやすく洗濯も面倒なマット類をやめたそう。キッチンマット、トイレマット、玄関マット、トイレカバー……これらを管理する家事がなくなっただけでも、かなりラクになったといいます。

    「以前、あるご家庭の方が『心の乱れが部屋の乱れにつながってしまう』と話してくれたことがありました。もしかしたら頭の中のごちゃごちゃを抱えたまま片付けている方も多いかもしれませんね。その場合は、すぐに片付けるのをやめて、まずはストレスに感じていることを紙に書き出してみてはいかがでしょうか?最もストレスを感じているのは何なのか、いち早く改善したいのは何なのか……では、そのためには何をすれば良いのか、といったことが整理できると、生活を整えやすくなるはずです」

    自分の優先順位が定まってくることで、余計なモノや情報、時間から解放されていく……これこそがまさに片付けの醍醐味かもしれません。

    自分の心を整えて、家も整えることができれば、笑顔の日々が増えること間違いなしですね。

    取材・執筆/中山 美里

    このページの情報は役に立ちましたか?

    <関連記事>

    東大合格マンガ『ドラゴン桜』の主人公に聞く、SNS時代の勉強法と子育ての極意

    理科が嫌いな子どもはいない!?でんじろう先生に聞く、科学で育む子どもの力

    子どもの学力を伸ばすには「遊び」が大事?就学前にさせておきたい学習とは

    のんびり支度する子どもに「早くしなさい!」は効果ナシ?生活習慣を身につけさせる方法とは

    子どもの素朴な疑問にどう答える?専門家直伝の“上手な答え方”で、考える力を育む!

    <関連サイト>

    子どもと一緒に楽しくお金を学べる「あいうえおかねの絵本」

    -moneyell-投資の「はじめて」と「これから」を応援

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP