ファンドの3つのポイント

ファンドのポイント①:EV(電気自動車)の普及により成長が期待できる“ハードウェア企業”と“ソフトウェア企業”の株式に投資します。 

ハードウェア企業

ハードウェア企業とは、モーターやバッテリーなどの電気自動車の関連部品を製造する企業を指します。
当ファンドでは、自動車および自動車産業の構造変化に着目し、将来の勝ち組企業に投資します。

製品例

  • モーターと駆動部
  • 充電プラグ
  • バッテリー

ソフトウェア企業

ソフトウェア企業とは、電気自動車に付随するサービスを提供する企業で、充電インフラ企業、自動運転技術、アプリを使用した相乗りサービスなどを提供する企業を指します。
当ファンドでは、電気自動車の普及によって生み出される新たな技術やサービスに着目し、将来の勝ち組企業に投資します。

サービス例

  • 自動運転技術
  • 車内の多様な情報サービス
  • アプリを使った相乗りサービス

ファンドのポイント②:今世界で注目されているESG投資の手法を取り入れたファンドです。

  • ESG投資とは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視する投資で、世界で残高が拡大しています。
  • オランダの大手資産運用会社「ロベコグループ」の運用会社である「ロベコSAM」が運用を担当します。
  • 運用を担当する「ロベコSAM」はESG投資のパイオニアで、独自の非財務データベースを活用した精度の高いESG評価に強みを持ちます。

ファンドのポイント③:「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドからお選びいただけ、両ファンド間でスイッチングを無手数料で行なうことができます。

為替ヘッジあり

実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を目指します。
ただし、完全に為替変動リスクを回避することはできません。

  • 一部の通貨について、為替ヘッジが困難等と判断された場合、為替ヘッジを行なわないまたは他の通貨で代替した為替取引を行なうことがあります。

為替ヘッジなし

実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

  • 「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」との間でスイッチング(乗換え)を行なうことができます。