大和証券
検索
口座開設ログイン

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、積立投資による資産形成をサポートするための、「積立投資に特化した」税制優遇制度です。

つみたてNISAの特長

つみたてNISAの利益は全額非課税

通常、投資信託で得た利益に対して、約20%の税金がかかりますが、 つみたてNISAで運用した利益には税金がかかりません。例えば10万円の利益があった場合、通常の投資では約2万円の税金がかかりますが、つみたてNISAなら税金はかからず10万円利益とすることができます。

つみたてNISAではその非課税期間が最長20年間となっており、年間の投資上限額が40万円までとなっております。

購入方法は積立のみ

つみたてNISAの購入方法は積立のみとなっているため、ドル・コスト平均法によるリスク分散にもつながり、安定した運用が期待できます。また、あらかじめ設定した買付け日に自動買付けとなるので初めて投資をされる方でも購入タイミングに迷うことなく、運用を行なうことができます。

ドル・コスト平均法とは

投資信託や株式など価格が変動する金融商品を、毎月1回といったように定期的に一定金額ずつ買い付ける投資手法。一定の金額で買うため、価格が安いときは購入数量が多くなり、価格が高いときは購入数量が少なくなります。このため、定期的に同じ数量を買い続けるより、平均購入価額を長期的に引き下げることが期待できるため、長期投資に向いています。

一定基準を満たす商品ラインナップ

つみたてNISAの対象商品は、金融庁に届出された一定の基準を満たす公募株式投資信託とETFに限定されており、シンプルな商品設計や、運用管理費用(信託報酬)が低水準であることなどが特徴です。また、投資信託の場合は、購入時手数料が0円(ノーロード)です。
そのため、初めて投資をされる方にも分かりやすく、比較的低コストで、安定的な資産づくりを目指せるよう、長期・積立・分散投資に適した商品がラインナップされています。

つみたてNISAとNISAの違い

つみたてNISAとNISAはいずれも運用益・分配金にかかる税金がかからないという点が同じですが、どのような違いがあるのでしょうか。

非課税期間

NISAは非課税期間が最長5年となっており、近い将来に向けた投資に最適です。つみたてNISAは非課税期間が最長20年となっているため、老後資金のための資産づくりなどより長期的な投資にご活用いただくことができます。

投資可能額と投資方法

NISAは年間120万円まで通常の買付または積立投資での投資が可能ですが、つみたてNISAは年間40万円までとなっており、さらに積立投資に限定されています。

対象商品

NISAは、上場株式や公募株式投資信託、ETF、上場REIT、ETNなどの原則全銘柄が対象であり銘柄数が多いため、投資をされたことがない方の場合は商品選びが難しく、投資の経験がある方に好まれる傾向があります。つみたてNISAは、公募株式投資信託とETFが対象であり、かつ一定基準を満たした銘柄に限定されているため、NISAに較べ、投資をされたことがない方でも商品を選びやすくなっています。

つみたてNISAとNISAの比較

比較内容 つみたてNISA NISA
年間投資上限 40万円 120万円
非課税対象商品 公募株式投資信託、ETFのうち一定基準を満たした銘柄 上場株式、公募株式投資信託、ETF、上場REIT、ETNなどの原則全銘柄
投資可能期間 2037年12月末まで 2023年12月末まで
非課税期間 投資した年から最長20年 投資した年から最長5年
投資方法 積立投資に限る 通常の買付、積立投資

※NISAとつみたてNISAは1年ごと(暦年ベース)に、どちらか一方しか選択できません。

つみたてNISAのお申込み方法

お客さまの状況によって、つみたてNISAのお申込み方法が異なりますので、以下よりお客さまの状況をお選びください。

大和証券で口座をお持ちの方

NISA口座を
お持ちでない方
NISA口座を
お持ちの方

大和証券で総合取引口座をお持ちでNISA口座をお持ちでないお客さまは以下の手順でNISA口座を開設いただけます。

1.ダイワのオンライントレードにログイン

2.ログイン後トップページから「口座開設のお申込はこちら」をクリックする。

3.クリック後、「累積投資勘定(つみたてNISA)」をクリックする。

インターネット以外での申込方法

「ダイワ・コンサルティング」
コースのお客さま
大和証券の本・支店新規ウィンドウで開くにてご請求いただけます
「ダイワ・ダイレクト」
コースのお客さま
コンタクトセンターお客さま専用ダイヤル新規ウィンドウで開く」にてご請求いただけます

大和証券でNISA口座をお持ちの方は「NISA」から「つみたてNISA」への変更手続きが必要になりますので、以下のお取扱窓口までご連絡ください。

NISA・つみたてNISA専用ダイヤル

0120-130039

8:00〜19:00 / 平日
9:00〜17:00 / 土・日・祝日
(資料請求のみ)

大和証券の口座をお持ちでない方

総合取引口座開設時に、NISA・つみたてNISAも同時にお申込みいただけます。

よくあるご質問

「NISA」と「つみたてNISA」を併用できますか?

併用できません。

「NISA」と「つみたてNISA」は勘定年ごとに、どちらか一方を選択して利用することとなっています。よって、既に「NISA」を開設している方が「つみたてNISA」を利用していただくためには、「NISA」から「つみたてNISA」への変更手続きが必要になりますので、お取扱窓口までご連絡ください。

つみたてNISAの申込に年齢制限はありますか?

あります。

つみたてNISAの対象は、日本にお住まいで、つみたてNISAを開設する年の1月1日時点で満20歳以上の方です。

他の金融機関でNISA口座を開設しているのですが、大和証券でつみたてNISAを始めるにはどうしたら良いですか?

現在NISA口座を開設している金融機関にて金融機関変更の手続きが必要です。

NISA口座の開設は、全ての金融機関を通じて1人1口座しかできません。
金融機関の変更を希望される場合は、現在NISA口座を開設している金融機関にて変更手続きを行なうことにより、別の金融機関で口座開設をすることができます。

つみたてNISAで株式を買付けることはできますか?

いいえ、できません。

つみたてNISAの投資対象商品は長期の積立・分散投資に適した投資信託に限定されます。
なお、つみたてNISAの投資方法は積立投資に限定されておりますので、ご留意ください。

つみたてNISAの非課税期間20年間が終わると、どうなりますか?

つみたてNISAの投資対象商品は、特定口座や一般口座などの課税口座に移り、その後の売買益等については課税されます。

なお、つみたてNISAは一般のNISAと異なり、ロールオーバー(非課税期間終了後、翌年の非課税枠を利用して非課税口座で保有し続けること)はできません。

ダイワならではの「魅力」とは? はじめよう!つみたてNISAはダイワで!

NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAに関する留意事項

[共通事項]

  • NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA(以下NISA制度)は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • NISAとつみたてNISAは選択制であることから、同一年に両方の適用を受けることはできません。NISAとつみたてNISAの変更は、原則として暦年単位となります。
  • その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰越すことはできません。
  • NISA制度の損益は税務上ないものとされ、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
  • 国内上場株式の配当金、ETF・REITの分配金は、証券会社で受取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)は非課税であるため、NISA制度の非課税メリットを享受できません。
  • NISA制度以外の口座で保有されている上場株式等をNISA制度における口座に移管することはできません。
  • NISA制度における口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA制度口座に移管することはできません。
  • 国外への出国等で非居住者となる場合には、所定の手続きが必要です。

[NISAに関する留意事項]

  • NISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。
  • 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

[つみたてNISAに関する留意事項]

  • つみたてNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円までです。銘柄の入れ替えも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。
  • つみたてNISAをご利用いただくにあたり、定期的、継続的に積立投資を行なう積立契約をお申込みいただく必要があります。
  • 20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管(ロールオーバー)することはできません。
  • つみたてNISAにかかる積立契約により買付けいただいた投資信託の運用管理費用(信託報酬)等の内容については、原則年1回お客さまへ通知いたします。
  • つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISAへの上場株式等の受入が出来なくなります。

[ジュニアNISAに関する留意事項]

  • ジュニアNISA口座開設後は金融機関の変更ができません。(廃止後の再開設は可能です。)
  • 口座開設者が18歳になるまで※1に、ジュニアNISAから払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISAを廃止することになります。※2

    ※1 3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで

    ※2 災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。(このときもジュニアNISAを廃止することになります。)

  • ジュニアNISAにて運用される資金は、口座開設者本人に帰属する資金に限定されます。
  • ジュニアNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間80万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。

    ※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

  • 今後、法令・制度等が変更された場合、記載内容が変更となる可能性があります。(2019年10月現在)

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等およびリスクについて

当社の取扱商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります(「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由でお取引いただいた際の国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.26500%(税込)、ただし、最低2,750円(税込)、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、等)。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をお読みください。