株式のキホン

株式ってなんだろう?

株式はひとことでいうと、企業の資金調達方法の1つです。

たとえば企業が「新しい工場を建てたい」、「商品を改良したい」など多くのお金を必要とする事業を行なう際、資金を出資してくれた投資家に対して、その証明として株式を発行します。

投資家は、証券取引所で流通している株式を、証券会社を通じて売買することができます。

株式から得られるリターン

値上がり益(キャピタルゲイン)

取引所で売買される株式の価格(株価)は一定ではなく、多くの投資家に売買されることで価格が動き、様々な理由で上がったり下がったりします。
そのため、たとえば1,000円で買った企業の株式を、1,200円で売ったとしたら投資家は200円の利益を得たことになります。

配当金(インカムゲイン)

株式を保有する投資家はその企業の「株主」になり、株主総会での議決権や配当金などの利益分配を受け取る権利を有します。
配当金は、企業が稼いだ利益の一部を株主に還元するもので、どのくらいの配当が受け取れるかは株式によって異なります。
これ以外にも、たとえば自社の商品などを受け取れる「株主優待」などがあります。

株主優待について詳しく調べる 株主優待について詳しく調べる

株式投資って怖いの?

株式は企業の借金ではないため、たとえば企業が倒産しても株主は投資したお金を返してもらうことはできません。また、株式は企業の業績や経済環境など様々な要因によってその株価が変動するため、売買をする中で得をすることもあれば損をすることもあります。

株式投資にあたっては、信頼できるニュースや証券会社などから、正しい知識や必要な情報を手に入れて、自分なりの「投資判断のモノサシ」を身につけることが大切です。

株式はいくらから買える?

株式には、1,000株、100株、1株というように売買に最低限必要とされる単位(単元株式数)があります。
たとえば、買いたい株式の株価が5,000円、売買単位が100株の場合、最低限必要な金額は5,000円×100株=50万円となります。

株式を毎月一定額買って積み立てる「るいとう(株式累積投資)」を活用すれば、売買単位以下の金額(1万円から)でも株式を買うことができます。

「るいとう」(NISA)について詳しく調べる 「るいとう」(NISA)について詳しく調べる

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

TOP