マネーレッスン

教えて桐谷さん! こうして探すお宝優待


    • Facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • Line

    「今年こそは優待投資を始めたい!」と考えている方もいらっしゃるでしょう。前回は優待投資の基本をご紹介しましたが、今回もプロ棋士の優待投資家、桐谷広人さんにご登場願い、知っておきたい最近の株主優待の傾向や、押さえておきたい優待株との上手なつきあい方など、基本から一歩踏み込んだお話を伺います。予算別に優待銘柄の組み合わせも挙げてもらいました。

    ※記事中の利回りなどは全て2019年2月14日の終値で計算しています。

    最近の株主優待の傾向は?

    最近の株主優待の傾向として、①長期保有優遇、②QUOカードで優待新設、③多様化するポイント制、④企業の地元特産品を優待品に、という4点が挙げられると桐谷さんは話します。順に見ていきましょう。

    【傾向1】長く持つほど優待内容がグレードアップ

    そもそも企業が株主優待制度を設けているのは、株を長期保有してくれる安定した株主を増やしたいから。「ですから長期保有するほど魅力が増すように、1年より2年、2年より3年と保有期間に応じて優待内容がグレードアップする企業が増えています。代表例は日本取引所グループ(8697)です」。

    同社の優待品はQUOカード。保有期間が1年未満だと1000円分ですが、1年以上2年未満になると2000円分、2年以上3年未満は3000円分。さらに3年以上は4000円分と保有期間が長くなるにつれて高額になり、優待利回りは最大で約2.1%になります。「日本取引所グループは、東京証券取引所や大阪証券取引所を運営する会社。そこが率先して長期保有優遇を導入しているのですから、これに続く企業は今後も増えそうですね」。

    資産形成のための株式投資は、長期で取り組むのが基本。長期保有株主を優遇してくれる銘柄に投資すれば、優待グレードアップのメリットを得ながら資産形成ができそうです。後ほど桐谷さんお勧め銘柄で出てくる明光ネットワークジャパン(4668)も、長期保有者を優遇する優待内容になっています。

    この日も桐谷さんの優待財布の中にはたくさんの優待券が!洋服ももちろん優待券で買ったとか。

    【傾向2】使い勝手のよいQUOカードが優待でもらえる!

    「株主優待制度を新設する企業が100社あれば、55社がQUOカードだと言っていいほど、優待品をQUOカードにする企業が増えています。自社の製品やサービスが個人投資家向けではない企業などが採用していますね」。

    QUOカードとはセブン-イレブン、ファミリーマートなど全国の主要なコンビニなどで使える商品券のこと。ドラッグストアや書店、ファミレスでも使えるお店があります。「日本全国どこに住んでいても利用できますし、1円単位で使えるので無駄が出ないところもいい。使用期限もないので、優待券の期限切れで悔しい思いをすることもありません。使い勝手が抜群なうえ、もらったQUOカードで買い物をすれば家計を直接助けることにもなりますね」。

    【傾向3】多様化する優待ポイント制

    株主優待として品物やサービスではなく、保有株数や年数に応じたポイントを付与する企業も多くあります。「ポイントは企業により、自社製品、食品、電化製品など様々なものに交換できます。数年分のポイントを貯めて高額な商品に交換できるケースもあります」。

    また最近は、IRコンサルティング会社などが運営する、株主優待ポイント制度を導入する企業が増えていると桐谷さん。「例えばウィルズという会社が運営する株主優待サイト『プレミアム優待倶楽部』の場合、保有期間が2年目に入るとポイントが当初の1割増し、3年目になると2割増しになります。ここでも長期保有優遇に対応しているわけです」。さらに特徴的なのが、同じプレミアム優待倶楽部を導入している企業のポイントを合算できる点。「ウェブ上でポイントを共通コインに交換することで合算し、2000点以上の商品の中から好きなものを選べるという仕組みになっています」。合算により、豪華な優待品を狙う楽しみも生まれそうです。

    【傾向4】地元の特産品を優待品に

    企業の地元の特産品、名産品を優待品にするところが増えているのも最近の傾向だと桐谷さん。「例えば本多通信工業(6826)は、本社は東京都ですが工場は長野県安曇野市にあることから、500株以上の保有で安曇野産りんごジュースが優待品としてもらえます。地元の美味しい特産品を優待品にすると株主に喜ばれるのはもちろん、それにより特産品の知名度がアップすることで地元からも喜ばれ、よい循環が生まれるようです。ふるさと納税のお礼の品が地元産品の知名度アップにつながるのと似ていますね」。

    桐谷さんのノートには、いつどの銘柄をいくらで購入したかがびっしり書き込まれていました!

    やっぱり気になる値動き……。優待株とのつきあい方(その1)

    優待株投資を含め、株式投資での最大の悩みは値動きのリスクではないでしょうか。購入した銘柄が値上がりすれば嬉しいのですが、値下がりすると冒頭の漫画のサナエちゃんのママのように落ち込むことも……。とはいえ値動きのリスクは避けられません。どうつきあっていけばいいのか、桐谷さんにポイントを挙げてもらいました。

    慌てて売るのは危険! 優待株の値動きの傾向を知ろう

    「優待株は株主優待制度をやめない限り、大きな暴落はしない傾向にあります」と桐谷さんは話します。ですから値下がりしても優待や配当をもらいながらじっくり待てばOK。最悪なのは慌てて売ることだそうです。下がったところで売ると、損失を確定することになるからです。「そうはいっても初めて買った株が下がるとドキドキするもの。まずは優待株の過去の値動きの傾向を把握したうえで購入しましょう。どんな動きをするのか見当がついていれば、『今下がっているのは仕方がない。しばらく待とう』と冷静に対処できるはずです」。

    優待株の値動きの傾向を知るためのキーワードが「権利確定日」です。優待や配当を受けるには、権利確定日という日までに株主になっている(=株主名簿に株主として記載される)必要があります。株を買ってから株主名簿に名前が記載されるまでには3営業日かかるため、権利確定日の3営業日前に当たる「権利付最終日」という日までに目的の銘柄を購入する必要があります。

    「なるべく短期間の保有で優待(+配当)の権利を得ようと考える人が多いため、権利付最終日に向けて優待株は上がり、それが過ぎた翌営業日を権利落ち日になると、優待・配当の権利がなくなった分だけ株価が下がる傾向があります。必ずしもこのとおりに動くわけではありませんが、一つの傾向として知っておくと、権利落ち後に株価がしばらく低迷しても『そういう時期だな』と冷静に受け止められますよ」。

    ただし最近は権利落ち日まで待たずに株価が下がることもあると桐谷さん。「権利落ち日に株価が下がるのを見越した機関投資家がひと足早く売るからです。『権利付最終日は株価が高いはずなのにどうして?』と慌てないでくださいね」。

    株価が安いときに買う

    値下がりはできるだけ避けたい。そう思うなら株価が安いタイミングのときに買いましょう。「先程お話ししたとおり、権利付最終日直前は株価が高くなりがちなので避けること。権利落ち後は株価は下がる傾向ですが、そこで購入しても次の権利確定日までに間があり(次の権利確定日が半年から1年先の銘柄が多い)優待品がなかなかもらえない。一般的には権利確定日の2〜3カ月前に買うのが頃合いでしょうね」。

    ただし値動きの仕方は銘柄により異なるので、株価チャートなどもチェックして安いタイミングを見つけることと桐谷さんはアドバイスします。「前回お話しした総合利回り4%というのも株価が割安であることの目安となります。総合利回り4%の銘柄を買った場合、株価が下がっても利回りが5~6%になったと魅力を感じて買ってくる人がいます。その銘柄が優待をやめない限りは買い値を大きく下回る状況はまず避けられるでしょう」。

    複数の優待株に分散投資をする

    株価が安いときに買えば、値下がりによる損失はかなり避けられます。しかしそれでも1つの銘柄だけでは限界があります。より値動きのリスクを低くするには、複数の優待銘柄に分散投資をするのが最善策です。「分散投資をすれば、値下がりする銘柄の損失を値上がりする銘柄の利益でカバーできると考えられるので、より安定的に優待投資ができるようになります」。

    いろいろな銘柄を持っていれば、食品、外食、レジャー、QUOカードなどなど優待の楽しみの幅も広がり、家計も大いに助かるはず。「ボーナスが出たときなど余裕資金があるときに少しずつ保有銘柄を増やしていくことをお勧めします」。


    優待株とのつきあい方(その2)

    そのほか、優待投資の注意点と、覚えておきたいテクニックも桐谷さんに教えてもらいました。

    わが家にとって使える優待品かチェック

    「優待利回りが高い銘柄があると、つい目を奪われてしまいがちですが、優待品がわが家にとって本当に使い勝手のよいものかどうか、必ずチェックをしてください。食事券や買物券をもらっても、近くに使える店がなくては残念ですから」。

    その点、店舗に加えてネット通販も利用できる優待なら全国どこに住んでいても利用できるので、そうした使い勝手のよい銘柄をチョイスするのも手。「お勧め銘柄で挙げたアパレル企業のバロックジャパンリミテッド(3548)は総合利回りが約8.7%と高いうえ、店舗に加えてネット通販でも優待券を利用できます」。

    お気に入りの優待銘柄は夫婦で1単元ずつ保有

    お気に入りの優待銘柄があれば、夫婦で1単元(100株)ずつ保有して、優待を2倍楽しむのも手だと桐谷さん。お勧め銘柄で挙げた靴販売店を運営するジーフット(2686)は、100株以上1000株未満で1000円分の優待券が年2回もらえます。「1人で2単元保有しても優待内容は1単元の場合と同じですが、夫婦で1単元ずつ保有すればそれぞれ優待を受けられるので合計4000円分の優待券がもらえることになり、靴を買うときに重宝します」。

    夫婦で同じ銘柄を保有していれば、その銘柄が大きく値上がりした場合、一方を売却して利益を確定し、もう一方は残して優待をキープするという戦法もとれます。利益も優待も得られるお得なテクニックなので覚えておくといいですね。「値下がりした場合は、じっと我慢。優待品をもらいながら、また株価が上がるのを待ちましょう。割安になったら、優待利回りが上がってまた買う人が増える可能性があります。これが優待投資のいいところですね」。

    (文/萬真知子 撮影/木村輝)

    <関連記事>

    自分へのお年玉!奮発しがいのある優待銘柄2018

    家族もハッピー!桐谷さんが選ぶ優待銘柄

    株主優待とふるさと納税を賢く使って、お金を貯めたり節約したりするには?

    <関連サイト>

    株主優待検索

    株主優待とは

    <関連キーワード>


      RECOMMENDED この記事を読んでいる方へのオススメ

      カテゴリーごとの記事をみる


      TOP