TOP

2018年1月12日
20年後のために、話題のiDeCoを始めてみた

    申し込み書類を送るだけ。拍子抜けするくらいに簡単に始められた!

    アラフォーの筆者は、20年後には(あまり考えたくないけれど)60歳!最近ニュースでもiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の話題を耳にしますし、子どもの教育資金だけでなく、老後資金も気になってきたところ……。少し前に行なった朝活セミナーで、イデコについて学んできたことを思い出し(「積立てた全額が控除対象、iDeCoのすごさを学ぶ」参照)、思い切ってイデコを始めてみることにしました。

    まずは月5000円でスタート

    年金や退職金などでは、老後資金は十分ではないといいますし、そもそも筆者は自営業で退職金がないので、老後資金をしっかり準備しなくてはなりません。

    というわけで、朝活セミナーのときにもらった、イデコの資料を引っ張り出してみました。資料をパラパラと改めて眺めていくと、イデコで毎月積み立てるお金が所得控除になるという節税の大きなメリットに惹かれます。働き方によってイデコで積み立てができる上限金額が決まっているとのことで、さて私の場合はどうなのでしょうか。

    年金が充実している会社なら月に1万2000円ですが、自営業の筆者は……なんと月に6万8000円!その金額の大きさに驚きながら、「早く老後資金を準備しなさい」とおしりをたたかれているような気分になります。はい、わかっています、やりますとも。いきなり月額6万8000円という上限金額の積み立てはハードルが高いので、まずは最低金額の月5000円で始めてみることにしました。


    朝活セミナーでもらった資料。筆者はセミナーでもらいましたが、ホームページで資料請求をすれば無料で送ってもらえます

    改めて、大和証券のホームページを見てみると、運営管理期間(大和証券)に払う手数料は、無条件で誰でもゼロ円とのこと。これはありがたいです。ちなみに、イデコの手数料としては、初期手数料として2777円(国民年金基金連合会の事務費用)、月額手数料として167円(国民年金基金連合会に103円、事務委託先金融機関に64円)が必要です。

    まず、朝活セミナーでもらってきた封筒に入っていた申し込み書類に、住所や名前、掛け金を引き落とす口座情報を書き込みました。毎月の掛け金は5000円。記入例があるので、特につまずくことなくスイスイ進みます。「基礎年金番号」の記入も必要なので、久しぶりに年金手帳を引っ張り出してきて、番号を書き写しました。

    信託報酬の低いインデックスファンドで分散

    封筒には、「掛金運用配分」について記入する書類も入っていました。どの金融商品をどんな割合で買うのかを指定するみたいです。

    「DCダイワ日本株式インデックス」「DCダイワ日本債券インデックス」……などと商品名が並んでいます。さて……どうしよう。

    そういえば以前、大和証券の窓口担当の女性に「初心者は、運用中の手数料(=「信託報酬」)が安く、長期の積み立てに向いているインデックスファンドがおすすめ」と教えてもらいました(「スマホで完結!証券口座開設は実は簡単だった」参照)。

    大和証券の場合、イデコで扱っている投資信託は全部で15本。この中で信託報酬が低いインデックスファンドは、「DCダイワ日本株式インデックス」「DCダイワ外国株式インデックス」「DCダイワ日本債券インデックス」「DCダイワ外国債券インデックス」と4本あります。


    大和証券のイデコ用商品ラインアップ

    なじみのある日本株もいいけれど、朝活セミナーの先生も、「複数に資産を分散するほうがリスクを軽減できます」と言っていたので、「日本株式インデックス」と「外国株式インデックス」を50%ずつにすることにしました。


    合計100%になるように、数字を自分で入れます

    朝活セミナーで「イデコでは、後日金融商品の配分を変えることもできます」という話を聞いていたので、商品を変えたくなったらまたその時に変えればいいや、と気軽に考えることにしました。

    最後に本人確認書類として運転免許証のコピー(住民票の写しや健康保険証のコピーなどでもOK)を同封して、返送用封筒にすべて入れて送りました。

    手数料を除けば、少しプラスに

    ポストに投函してから、およそ2カ月後に、簡易書留でIDとパスワードが届きました。


    IDとパスワードが、簡易書留で届きました

    ログインをしてみたら、投資信託がちゃんと購入できていました。


    IDとパスワードを入れてログイン

    掛け金の5000円から最初の2777円と月額167円の手数料が引かれるため、残りの2056円で投資信託が購入されています。

    資産残高が2113円とあるので、少しプラスになっています!日本株式インデックスと外国株式インデックスを50%ずつで買ってあり、それぞれ33円と24円のプラスです。わずかではありますが、うれしいものですね。


    現在の資産状況

    最初の2777円の手数料は少々大きい気もしますが、これからどんどん投資信託を買っていけば、きっとそれを上回る利益が出るのではと思っています。

    少々不安だったイデコですが、思ったよりも簡単に始めることができて拍子抜けすらしてしまいました。今は毎月5000円ですが、積立額は少しずつ増やしていこうと思います。20年後に、どれくらい増えるのか楽しみです。

    文:ひがししょうこ

    <関連記事>
    貯蓄+節税が一度にできる注目の「iDeCo」で、子育て世代の老後資金づくり
    教育資金づくりのポイントは、早いスタート&長く貯め続けること

    <関連キーワード>
      人気キーワード
      あなたのお金のお悩みにお金のプロがアドバイス!

      お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

      当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
      また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

      関連サイト

      • 大和証券
      • プラチナくるみん