大和証券 Daiwa Securities

先物取引とは

先物取引とは

先物取引とは、「ある特定の商品(原資産)」を、「将来の一定期日(満期日)」に、「取引時点の価格」で取引することを売方と買方との間で約束する取引をいいます。
当社が提供するオンライントレード専用の先物・オプション取引サービスでは、大阪取引所に上場する「日経225先物」、「日経225mini」を取り扱っております。
「日経225mini」は、「日経225先物」と基本的なしくみは同じですが、取引単位や証拠金が「日経225先物」の10分の1という特徴があります。

先物取引(日経225先物)の魅力

魅力(1)シンプルで分かりやすい
株式投資に最もなじみのある日経平均株価の動きに連動するため、シンプルで分かりやすく、個別銘柄を選ぶ必要もありません。
魅力(2)買い・売り両方から取引ができる
日経225先物取引は相場上昇時でも相場下落時でも利益が狙えます。日経225先物取引の価格が上昇すると思えば買いから、日経225先物取引の価格が下落すると思えば売りから取引をします。
魅力(3)少額の資金で大きな金額のお取引ができる
少額の資金で大きな取引ができることから、レバレッジ効果により多額の利益を追求することが可能です。
魅力(4)リスクヘッジ手段として活用できる
現物株式の値下がりリスクを回避したい場合など、日経225先物を売建てておくことで値下がりをカバーすることが可能です。
魅力(5)夜間でも取引ができる
夜間立会は翌5:30まで取引が可能です。国内株式市場終了後のニュースや海外市場の動向を踏まえて、リスクの回避や利益の追求が可能です。
魅力(6)金利等のコストが発生しない
先物取引にかかるコストは手数料とその消費税のみです。金利、管理料等の保有コストは発生しません。

先物取引の仕組み

(1)取引できる期限(期日)が定められています ≪限月取引≫
先物取引には満期日(SQ日)があり、満期日の属する月(限月)を選んで取引します。大和証券の先物・オプション取引サービスで取引できる限月は、「日経225先物」なら3の倍数月(3月、6月、9月、12月)の直近5つ、「日経225mini」なら3の倍数月の直近2つとそれ以外の直近3つです。なお満期日は各月の第二金曜日です。
【日経225miniの限月例(1月1日現在)】
(2)売り買いの差額のみで決済します ≪差金決済≫
先物取引では、「買建(または売建)した時点の先物価格」と「決済時点の先物価格」の差額のみの受渡で決済を行ないます。このような決済方法を差金決済といいます。
先物取引の決済方法には「反対売買による決済」と「SQ決済(満期日にSQ値で自動的に決済する方法)」があります。
(3)証拠金を差し入れて取引を行ないます ≪証拠金取引≫
先物取引では、証拠金を担保として差し入れて取引を行ないます。証拠金に対して大きな金額の取引を行なうことができます。この少額で大きな金額の取引が行なえる、いわばテコの原理を「レバレッジ効果」といいます。
10万円の証拠金で100万円の取引ができればレバレッジ効果は10倍ということになります。ただ、この「レバレッジ効果」は損失の面でも同様に働きますので、相場の見通しがはずれた場合には、多額の損失を被ることもあります。
1.日経225miniを13,500円で1枚取引
取引金額は、13,500(円)×1(枚)×100(※)=135万円
※日経225miniの取引単位は先物価格の100倍です。
2.必要証拠金が8.7万円の場合(2013年6月28日現在)
レバレッジは、135万円÷8.7万円=約15.5倍
8.7万円の資金で135万円の取引が可能(レバレッジ効果)
※取引手数料等のコストは考慮していません。

先物・オプション取引を基礎から学べる動画配信中!

はじめよう!日経225mini
チャプター 1.日経225miniの概略
チャプター 2.日経225miniの戦略
チャプター 3.リスク管理
チャプター 4.勉強方法
 
はじめよう!日経225オプション
チャプター 1.日経225オプションの概略
チャプター 2.日経225オプションの戦略
チャプター 3.リスク管理
チャプター 4.勉強方法
 
出演者等の見解は収録日時点のものであって、今後、予告なく変更されることもあります。
このインターネットセミナーは、「先物・オプション取引サービス」の勧誘を目的に配信しています。
講師プロフィール
塙 麻紀子 氏 株式会社シンプレクス・インスティテュート 取締役 塙 麻紀子 氏
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会AFP認定者。慶応義塾大学法学部法律学科卒。学生時代より、ベンチャー企業で新事業の立ち上げ等に関わる。現在は、シンプレクス・インスティテュートの役員として経営に携わる一方、主に日経225先物、日経225オプションを取引する個人投資家でもある。0から投資を学んだ経験をもとに、デリバティブの啓蒙・教育活動も行っており、セミナー・講演会の実績多数。
達人への道
●先物・オプション取引について、もっと詳しく知りたい方はこちら
先物・オプション取引を始めるならまずは口座開設!
大和証券に口座をお持ちの方   幅広い商品の取引を検討の方
オンライントレードログイン
※ログイン後、「先物・オプション取引サービス」口座の開設をお申込みください。
総合取引口座開設
お店なら即日で口座開設できます。

「先物・オプション取引サービス」口座開設・お取引まで

・ 「先物・オプション取引サービス」口座は、お取引口座の開設後、インターネット(パソコンのみ)で簡単に開設できます。
※「先物・オプション取引サービス」のご利用にあたっては、当社所定の審査が必要です。
STEP1 「お取引口座」開設→STEP2 「先物・オプション取引口座」開設(口座開設はインターネット(パソコン)のみ)→取引開始

「先物・オプション取引サービス」のお取引窓口について

 
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
「ダイワ・コンサルティング」コース
-
-
-
-
「ダイワ・ダイレクト」コース
-
-
-
-

先物・オプション専用ダイヤル

お申し込みやサービスに関する
お問い合わせなどは?
   
携帯・PHS OK 0120-006647
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
受付時間 9:00〜16:00 / 平日
前のページへ戻る このページの先頭へ

先物・オプション

  • 先物取引とは
  • オプション取引とは
  • サービス概要
  • サービス時間
  • 口座開設
  • 取引の流れ