大和証券 Daiwa Securities

株式
投資信託
債券
NISA
積立
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金(iDeCo)

先物・オプション インターネット専用サービス

大和証券で取扱う先物取引、オプション取引についてご紹介します。

先物・オプション取引サービスについての基礎知識

先物・オプション初心者向けガイド

先物・オプション取引を基礎から学ぼう 先物・オプション初心者向けガイド 詳しくはこちら

先物取引とは

先物取引とは、「ある特定の商品(原資産)」を、「将来の一定期日(満期日)」に、「取引時点の価格」で取引することを売方と買方との間で約束する取引をいいます。

詳細を見る

オプション取引とは

オプション取引とは、ある特定の商品(原資産)を、将来の一定期日に、あらかじめ決められた価格で売買する「権利」を取引するものです。買う権利を「コールオプション」、売る権利を「プットオプション」といいます。

詳細を見る

先物・オプション取引サービスの魅力

魅力1 割安な手数料体系

  • 大和証券の「先物・オプション取引サービス」は、取扱銘柄全てにおいて割安な手数料にて提供。そのため、最小の値動きでも収益機会が生まれます。
通常手数料
日経225先物 日経225mini 日経225オプション
410.4円 / 枚
(税込)
49.68円 / 1枚
(税込)
売買代金 × 0.1836%
(最低手数料108円)(税込)
  • 1円未満切捨

魅力2 充実のマーケット情報

高機能トレーディングツール「トレボ」 無料利用条件あり

  • 先物リスト / オプションビュー
    先物、オプション銘柄のリアルタイム価格を自動更新で確認することができます。
  • リミットマインダー
    先物、オプション銘柄について、指定された上限値、下限値への到達を監視します。指定した条件に達成すると達成通知画面や音声によりお知らせします。(株式、指数含め、最大50銘柄の登録が可能)
  • オプションカルク・マトリクス
    指定したパラメータ(ボラティリティなど)を用いて、オプションの理論価格およびリスクファクタ(デルタ、ガンマ、セータなど)を算出することができます。
「トレボ」において先物・オプション取引に特化したページを搭載

「トレボ」では、先物・オプション取引の情報取得に適した「先物・OP情報」ページを搭載。このページでは、自動更新の「先物リスト」や「オプションビュー」をご覧いただけ、また、右クリックで「オプションカルク・マトリクス」を立ち上げることができます。

多機能チャート 無料

多機能チャートでは、36種のテクニカル指標を搭載した期間設定やトレンド線の書き込み・テクニカル指標の選択・設定などお客さま自身のカスタマイズの自由度を大幅に高めたチャート分析が可能です。売買タイミングの把握や株価のトレンド分析に活用できます。

魅力3 通知メールでサポート

  • お客さまの指定したメールアドレスに、約定通知等、「先物・オプション取引サービス」に関するお知らせを通知するサービスです。携帯電話のメールアドレスをご登録いただくと、外出先でも受取ることができます。
  • 先物・オプション取引サービス口座をお持ちのお客さまは、無料で利用できます。

魅力4 確定申告および損益管理をサポート

  • 先物・オプション取引サービスにおける年間損益の計算結果をオンライントレード画面で表示します。確定申告での参考資料として利用できます。
  • 当年の損益については、年初営業日から閲覧日前営業日までについて確認することができますので、損益管理に活用できます。

先物・オプション取引サービスの概要

先物取引 オプション取引
日経225先物 日経225mini 日経225オプション
ご利用基準

「先物・オプション取引サービス」口座を開設されたお客さま

  • お取引コースや個人、法人は問いません。
  • 「先物・オプション取引サービス」の口座開設には、当社所定の審査が必要です。

口座開設方法について詳しくはこちら

口座管理料 先物・オプション取引サービス口座の口座管理料は無料です。
取扱銘柄
  • 四半期限月取引(3・6・9・12月)の直近5限月
  • 四半期限月取引(3・6・9・12月)の直近2限月
  • 上記以外の月の直近3限月
  • 6・12月の直近10限月
  • 3・9月の直近3限月
  • 3・6・9・12月を除く直近6限月
取引手数料
(税込)
(1円未満切捨)
410.4円 / 1枚 49.68円 / 1枚 売買代金 × 0.1836%
(最低手数料108円)
注文窓口

インターネットのみ

  • 大和証券の本・支店、コンタクトセンター、携帯電話および自動音声応答からは取引できません。
建玉上限 売・買 : 各100枚 売・買 : 各1,000枚
売建 プットオプション
50枚
コールオプション
50枚
買建 プットオプション
1,000枚
コールオプション
1,000枚
  • 売買代金もしくはSQ決済により授受する差金額。

その他の先物・オプション取引サービスの概要について詳しくはこちら

先物・オプション取引サービスのサービス時間

先物・オプション取引サービスのご利用時間はこちらからご確認ください。

詳しくはこちら

先物・オプション取引の流れ

証拠金の振替方法や注文方法はこちらをご確認ください。

先物・オプション取引サービスの口座開設方法

  • 大和証券にお取引口座をお持ちの方であれば、オンライントレード上で口座開設手続きが完了し、即時に「先物・オプション取引サービス」がご利用可能になります。面倒な手続きは不要です。
    そのため、オンライントレードから証拠金振替を行っていただければ、最短で即日お取引が可能です。
  • 大和証券にお取引口座をお持ちでない方は、事前に大和証券に口座開設が必要です。
  • 「先物・オプション取引サービス」のご利用にあたっては、当社所定の審査が必要です。

詳しくはこちら

先物・オプションに関するよくあるご質問

「先物・オプション取引サービス」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
先物・オプション取引サービス - -

可能

可能

-

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
先物・オプション取引サービス - -

可能

可能

-

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

  • 先物・オプション取引サービスにおける先物取引の取引手数料は、日経225先物1枚あたり最大410.4 円(税込)、日経225mini 1枚あたり最大49.68 円(税込)です。オプション取引の取引手数料は、売買代金もしくはSQ決済により授受する差金額 × 0.1836%(最低108 円(税込))です。
  • 先物・オプション取引サービスに係る証拠金の額は、「SPAN®」を用いて計算したSPAN証拠金額をもとに当社が定めます。(日経225miniの場合は日経225先物の1枚あたりの証拠金額の10 分の1の額で計算されます)。証拠金はSPAN®により、先物・オプション取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されますので、先物・オプション取引サービスの額の証拠金に対する比率を事前に示すことができません。維持証拠金は建玉を維持するために必要な証拠金額で、株式会社日本証券クリアリング機構が採用するSPAN証拠金額からネット・オプション・バリューを差引いた値のことです。指数先物取引の相場の変動により不足額が発生したときは、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。
    • 「SPAN ®」はシカゴマーカンタイル取引所の登録商標です。先物・オプション取引サービスの証拠金額は取引所の規制等または当社独自の規制等により変更することがあります。
  • 先物・オプション取引サービスの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分またはそのすべてを失うことがあります。また、証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
  • 先物・オプション取引サービスの売方は、取引の額が証拠金の額を上回るため、その損失の額は、証拠金の額を超えることがあります。先物・オプション取引サービスにおける指数オプション取引の買方が権利行使又は転売を行なわない場合には、権利は消滅し、この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。

その他ご留意事項

  • お取引に際しては、「先物・オプション取引サービスの取引に係るご注意」、「先物・オプション取引サービスの契約締結前交付書面」、「先物・オプション取引口座設定約諾書」、「先物・オプション取引サービスの利用・取引ルール」等、お客さま向け資料の内容をよくお読みください。