運用会社のスペシャリストが語る!投資初心者にこの一本! 目次

投資の第一歩、
投資信託ではじめてみませんか?

「投資には興味はあるけど、何からはじめればいいのですか?」
「投資はリスクがあると聞くので、不安です...」
というお声をよく耳にします。投資に限らず、『何かをはじめる』ということは不安ですし、勇気が必要なことです。
そこで、投資への第一歩を踏み出す勇気を持っていただくために、このコラムをご用意しました!
投資初心者の方におすすめの投資信託をご紹介します。

第5回 おすすめロボット関連株投信「ロボット・テクノロジー関連株ファンド-ロボテック-」

01はじめに

ウィンドウズ、マックなどの登場やインターネット規格の整備で、私たちの暮らしは大きく変わりました。IT革命と呼ばれる変化です。今このIT革命がさらに進歩して新しい技術革新、『ロボット・テクノロジー革命』が広がりつつあります。2025年において年間最大4.5兆米ドル(約530兆円)の経済的インパクトが期待される一大産業になると予想されています。

02そこで今回は高い成長が期待できるロボット関連企業の株式に投資する投資信託をご紹介!

ご紹介するのは「ロボット・テクノロジー関連株ファンド-ロボテック-」
「年2回決算型(為替ヘッジあり/なし)」、「年1回決算型(為替ヘッジあり/なし)」の計4ファンドをご用意しました。お客さまのニーズに合った商品をお選びください。

033つのテーマに着目

ロボット・テクノロジー産業は、黎明期から発展段階に入り、今後長期的に拡大していくことが期待できます。当ファンドは「作る」「運ぶ」「助ける・守る」の主に3つのテーマに着目します。

04「ロボット・テクノロジー関連株ファンド-ロボテック-」のパフォーマンス

「ロボテック」は高い成長性が期待できるロボット・テクノロジー関連企業に投資を行なっていることから、S&P500(円換算)やTOPIX(東証株価指数)と比較しても、設定来、相対的に良好なパフォーマンスを示しています。

世界医療機器市場の規模と推移

  • S&P500(円換算)とTOPIXは2015年12月7日を10,000として指数化。
  • 「分配金再投資基準価額」は、分配金(税引前)を分配時にファンドへ再投資したものとみなして計算しています。
  • 第1・2期決算における分配金は0円、第3期決算(2017/3/13)における分配金は800円(1万口当たり、税引前)としております。
  • S&P500(円換算)とTOPIXは、当ファンドのベンチマークではありません。
  • S&P500の円換算は、前営業日の指数値に当日のわが国の対顧客電信売買相場の仲値を乗じて算出しています。
  • 上記は過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 東証株価指数(TOPIX)は株式会社東京証券取引所が算出・公表などの権利を有する指数です。

(出所)ブルームバーグ

ファンドマネージャーのコメント

ロボット・テクノロジーは、世界的な高齢化、労働力不足などの課題を解決する期待の高い技術で、特に「作る:主に産業用分野」「運ぶ:主に自動車分野」「助ける・守る:主に医療分野」は市場規模が大きく、高い専門性が必要な分野です。
新規参入が簡単にできないため、高い技術力を持つ企業は、買収の対象となることも多くなっています。日本だけでなく、各国政府によるロボットに関するさまざまな政策は、ロボット・テクノロジー産業の成長を後押ししています。ロボット・テクノロジーのもたらす新たな社会の実現は、まだその入り口にあります。
今後も業績の伸びを伴った成長性の高い企業の株式を発掘し、中長期に保有することで、ファンドの成長をめざしてまいります。

リスクや費用等の詳細についてはこちら

リスクや費用等の詳細についてはこちら

アニメや映画、TV等を通じて子供の頃から親しんでいたロボット。そのロボットがいよいよ現実に私たちの生活をサポートしてくれる時代が来ました。なんだかワクワクしますね。この期待感に投資をすることを検討してみてはいかがですか?

(2017年7月)

投資信託のお取引にあたってのリスク・留意点について

主なリスクおよび留意点

投資信託にかかるリスクについて
ファンドは、株式、債券、投資信託証券など値動きのある証券(外貨建て資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

投資信託にかかる手数料等について
投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。

ご投資にあたっての留意点
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。投資信託説明書(交付目論見書)のご請求は、大和証券のお取引窓口までお願いいたします。

収益分配金に関する留意事項