ダイワのαシリーズ 人気の秘密に迫る!

大和証券投資信託委託「ダイワ米国株主還元株ツインαプレミアム(毎月分配型 / 年2回決算型)」

映像で解説します

「ダイワ米国株主還元株ツインαプレミアム(毎月分配型/年2回決算型)」

映像で解説します

「ダイワ米国株主還元株ツインαプレミアム(毎月分配型 / 年2回決算型)」

配信時間:13分26秒/収録日:2015年9月17日

視聴する

「ダイワ米国株主還元株ツインαプレミアム(毎月分配型/年2回決算型)」詳細資料

大和証券投資信託委託「通貨選択型ダイワ米国株主還元株αクワトロプレミアム(毎月分配型 / 年2回決算型)」

映像で解説します

「通貨選択型ダイワ米国株主還元株αクワトロプレミアム(毎月分配型/年2回決算型)」

映像で解説します

「通貨選択型ダイワ米国株主還元株αクワトロプレミアム(毎月分配型 / 年2回決算型)」

配信時間:15分54秒/収録日:2015年9月17日

視聴する

「通貨選択型ダイワ米国株主還元株αクワトロプレミアム(毎月分配型/年2回決算型)」詳細資料

今、ダイワのαシリーズが大人気!

残高拡大中のαシリーズ

アベノミクスによるマーケット環境の好転や2014年1月にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)のスタートなども追い風となり、個人マネーの投資先として投資信託を選んでいただく機会も増えてきています。
そのような中、注目されているのが「カバードコール戦略」を活用した投資信託です。大和証券でも「αシリーズ」として、現在、37本をラインナップしており2011年にシリーズ1本目となる「ダイワ米国株ストラテジーα-トリプルリターンズ-」の販売を開始して以来、シリーズ合計の純資産残高は約7,500億円まで拡大しています。(2015年9月末現在)

「αシリーズ」の純資産残高推移

モーニングスター朝倉氏が解説!注目のカバードコール戦略とは
〜人気ファンド「ダイワαシリーズ」を徹底検証〜

買付ランキングの常連!αシリーズ

ダイワのオンライントレードの投資信託買付ランキングでも、「αシリーズ」から複数の銘柄が常に上位にランクインしています。
特に「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」は、2015年5月の取扱開始以来、買付ランキング(オンライントレード経由)で1位になるなど、多くのお客さまに選ばれています。
また、分配金が非課税となるメリットがあるNISA口座での買付けも増えています。

※投資信託2015年度買付金額ランキング(2015年4月〜2015年9月)
※ダイワのオンライントレード経由

大和住銀「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」とは?

映像で解説します

「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」

映像で解説します

「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」

配信時間:13分59秒/収録日:2015年10月16日

視聴する

「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」詳細資料

カバードコール戦略とは

将来の不確実な収益チャンスを放棄する代わりに、現金を確実に獲得しリスクを低減させる運用手法です。

具体的には、「株式や通貨といった原資産を保有」「その原資産に対するコール・オプション※の売り」という2つの取引を同時に行なう戦略です。
「コール・オプション」を売ることで、オプション料を受け取ることが出来るため、 保有資産の値上がり益とオプション料を同時に狙うことができます。

※「コール・オプション」・・・原資産を買う権利のこと。

メリット

カバードコール戦略によって、以下のような効果が見込めます。

  • 相場の下落・停滞時でも配当+αの収入が得られます。
  • 相場が下落した際、値下がり幅を抑えられます。
デメリット

保有資産価格の上昇による利益が一定の水準までに限定されます。

カバードコール戦略って何?その疑問に答えます!

動画を見る(9:11)

出演

大和証券投資信託委託株式会社
クライアント・サポート第一部
和田 良一

よくわかる投資信託ガイド「カバードコール戦略」

豊富なラインナップ 〜ダイワのαシリーズ〜

豊富なラインナップ

大和証券では37本のαシリーズの投資信託からお選びいただけます。ダイワのαシリーズでは、カナダ、スイス、英国など、投資対象としてあまり馴染みのない地域に投資する投資信託も取り揃えています。

ダイワのαシリーズ一覧

資産別に37本のαシリーズをご用意しています。

基準価額・純資産・分配金(直近決算時・年間累計額)を
一覧で確認したい場合はこちら

カテゴリから選ぶダイワのαシリーズ

ランキングから選びたい方

投資先から選びたい方

モーニングスター朝倉氏が解説!注目のカバードコール戦略とは〜人気ファンド「ダイワαシリーズ」を徹底検証〜

「αシリーズって本当にいいの?」という方へ・・・
モーニングスター朝倉社長がαシリーズを徹底検証!

モーニングスター朝倉氏に聞く 注目のαシリーズとは?

動画をすべて見る(16:19)

動画をチャプターごとに見る

モーニングスターは、投資信託の格付評価・データ提供を中心に、株式・経済情報の提供および投資助言を個人投資家及び機関投資家向けに手がけている企業です。中立的・客観的な投資情報の提供を行い、投資家の的確な資産形成の支援に努めています。

【モーニングスター】αシリーズ特設サイトはこちら(モーニングスターサイトに移動します)

ダイワのαシリーズの購入にあたって

大和証券に口座をお持ちでない方

大和証券に口座をお持ちの方

お取引にあたっての手数料およびリスクについて

主なリスクおよび留意点

  • 投資信託にかかるリスクについて
    投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とし投資元本が保証されていないため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により投資1単位当りの価値が変動します。したがって、お客さまのご投資された金額を下回ることもあります。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託にかかる手数料等について
    投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等をご負担いただく場合があります。
  • ご投資にあたっての留意点
    投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。目論見書は、大和証券のお取引窓口にご請求いただくか、ダイワのオンライントレードの「電子交付」をご利用ください。

収益分配金に関する留意事項

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 受益者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないしすべてが、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がり益が小さかった場合も同様です。

閉じる

このページの先頭へ