分配金について

1

原則、毎年1月10日(休業日の場合は翌営業日)に、収益分配金を行ないます。

  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。分配対象額が少額の場合には、分配を行なわない場合があります。
  • 初回決算日は2020年1月10日です。
  • 祝日が変更された場合には、上記日程が変更となる場合があります。
2

ゴールドマン・サックス社債の利金収入から諸コスト等を差し引いた分配原資のなかから、分配を行なうことをめざします。

3

分配金は国際分散投資戦略指数のパフォーマンスに基づき決定されます。

分配金はおおむね実績連動クーポンから成功報酬等を差し引いた額になります※1
実績連動クーポンは、国際分散投資戦略指数※2のパフォーマンスをもとに計算されます。

  • ※1 
    ただし差引後の全額を分配金としてお支払いすることを約束するものではありません。
  • ※2 
    国際分散投資戦略指数は、各先物の構成比率とそれぞれの収益率を合成して算出されます。この指数は、戦略控除率(年率1.0%)、複製コスト等が控除されます。
  • 基本報酬に充当することをめざす固定クーポンと、マイナスとなることがない実績連動クーポン
    固定クーポンと実績連動クーポンの役割
    当ファンドでは、固定クーポンは基本報酬に充当することをめざしています。また、実績連動クーポンは、国際分散投資戦略指数の1年当たりの収益率(累積収益率を経過年数で割った率)におおむね連動します。
    累積収益率がマイナスになった場合は、分配金の支払いは行なわれません。

    イメージ図

    イメージ図

    • *1 
      固定クーポンは、毎期一定水準(0.39%程度を想定)が支払われます。
    • *2 
      実績連動クーポンは、運用開始基準日以来の国際分散投資戦略指数の1年当たりの収益率(累積収益率を経過年数で割った率)にほぼ連動する水準に決定します。国際分散投資戦略指数の累積収益率がマイナスの場合は実績連動クーポンはゼロになります。その場合、分配金は支払われません。
      ※連動する水準は100%をめざしますが、ファンド設定時の市場環境等によっては100%を下回る場合があります。
    • *3 
      成功報酬およびその他の費用です。成功報酬は実績連動クーポンの10.8%(税込)となります。
    • 上記は、当ファンドをご理解いただくためのイメージ図です。

(ご参考)シミュレーションに基づく実績連動クーポンの経過年数別平均

下記グラフは、あくまでもシミュレーションによるイメージを示すためのものです。2018年7月31日までは試算値、2018年8月1日以降は国際分散投資戦略指数の値をもとに作成されており、両者は同一の手法で算出されたものではなく、シミュレーションは厳密な数値データのみに基づくものではありません。試算のもととなる国際分散投資戦略指数の構成比率は、アセットマネジメントOneが算出した過去の値であり、その算出手法は完全に公開されたルールベースに基づくものではありません。また下記シミュレーションは、当ファンドの将来の運用成果等を示唆、保証するものではありません。
※試算値および指数値の計算は、指数計算を専門的に行なう指数計算機関Solactive社によるものです。

成功報酬控除後の実績連動クーポンの経過年数別平均(シミュレーション)

成功報酬控除後の実績連動クーポンの経過年数別平均(シミュレーション)

  • 期間:2006年7月31日〜2017年9月28日(日次、運用開始基準日ベース)
  • 上記期間のそれぞれの日を運用開始基準日としてシミュレーションを行ない、そこから算出されるすべての成功報酬控除後の実績連動クーポンについて、経過年数ごとに平均した値を示しています。
  • 2006年7月31日〜2018年7月31日は試算値、2018年8月1日以降は国際分散投資戦略指数の値を使用。
  • 試算値、指数値は戦略控除率(年率1.0%)控除後、複製コスト等控除後、円ベース、エクセスリターン、日次ボラティリティ・キャップ3.0%適用後の値です。なお、戦略控除率、複製コスト等は国際分散投資戦略指数のパフォーマンスから日々控除されます。
  • 上記は経過年数ごとの平均を示したものです。実際には国際分散投資戦略指数のパフォーマンス次第で各期の実績連動クーポンは大きく変動する場合があります。したがって、毎期一定の実績連動クーポンのお支払いを示唆・保証するものではありません。
  • 出所:
    ゴールドマン・サックス証券株式会社のデータをもとにアセットマネジメントOne作成
  • 上記は過去の情報および過去の情報に基づく試算、過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。