大和証券 Daiwa Securities

主な商品・サービス
株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金

LESSON1-1 そもそも、外国株とは何だろう?

私たちが住む日本も、世界の1つの市場に過ぎません。
世界に散らばるさまざまな国々、その国と同じ数だけ株式市場があると言っても過言ではありません。
そして、その株式市場には数え切れないほど多くの企業が上場し、その株式が取引されています。
その国ならではの特徴を持った企業も多く、各国の市場に彩りを添えています。

世界の主な証券取引所

米国

  • NY証券取引所
  • ナスダック証券取引所

主な株価指数

  • NYダウ工業株30種指数
  • ナスダック総合指数

世界一の規模を誇る株式市場。グローバルブランドを誇る企業が多く上場しており、世界経済の主役として君臨し続ける米国の力強さを表しています。

中国/香港

  • 上海証券取引所
  • 香港証券取引所

主な株価指数

  • 上海総合指数(中国)
  • ハンセンH株指数(香港)

成長著しい株式市場。年々多くの企業が新規上場を果たし、成長の速度を速めています。近年では米国や欧州の企業が直接上場するケースも増えてきました。

英国 EU

  • ロンドン証券取引所
  • フランクフルト証券取引所

主な株価指数

  • FTSE100指数(英国)
  • DAX指数(ドイツ)

長い歴史を持つ企業が多く上場しているのが特徴です。
ユーロ安を背景に勢力を拡大した輸出企業が、各国でその存在感を強めています。

南アフリカ

ヨハネスブルグ証券取引所

主な株価指数

FTSE/JSE アフリカトップ40指数

ダイヤモンドや金などを産出する資源企業に加え、アフリカ全土で拡大し続ける消費を取り込む内需企業が多く上場しています。

オーストラリア

オーストラリア証券取引所

主な株価指数

S&P/ASX200指数

資源企業が多く上場していることが、石炭や鉄鉱石など豊富な資源を持つお国柄を反映しています。日本と時差が小さく、同じような時間に取引が行われています。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行なう場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては、現地諸費用等を別途いただくことがあります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行なうにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行なうことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行なわれていないものもあります。