大和証券 Daiwa Securities

主な商品・サービス
株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金

ダイワで始める外国株投資

なぜ今、外国株か?

外国株に対して私たちが抱くイメージは、どのようなものでしょう。
「なじみがない」、「難しそう」、「リスクが高そう」・・・こういった印象を持つ人も多いかもしれません。
しかし、交通手段やインターネットの発達に伴い、諸外国と日本は非常に緊密に結ばれました。
海外の製品やサービスはどんどん日本に入り込んできています。また、資源に恵まれない日本にとって、資源の輸入先としても諸外国の存在感は非常に大きなものと言えます。それは、「私たちは諸外国なくしては生きていけない」という現実とともに、「諸外国、そしてその国の企業は私たちの身近にいる」という事を教えてくれています。
さぁ、外国株の「LESSON」を始めましょう。 きっとこれまでとは違った外国株の側面が見えてきます。

LESSON1 外国株って何だろう?

LESSON2 外国株についてもっと知ろう!

ダイワで外国株投資

大和証券では、世界20カ国の株式をお取扱しております。米国株・中国株・欧州株・新興国株(DR)などにご投資いただくことが可能です。また、ダイワのオンライントレードにログインいただくと、米国株、中国株、ブラジル・インド株(ADR)などの個別銘柄のレポートや、米国上場株式の株価等がご覧いただけます。大和証券の豊富な情報量をもとに、是非外国株投資をはじめてみませんか?

ダイワのオンライントレード

ダイワのオンライントレードにログインいただくと、海外指標や個別銘柄のレポート・株価情報、各種経済指標など、様々な情報がご覧いただけます。お客さまの投資判断に是非お役立てください。

ログイン後に閲覧可能な情報(一例)

海外指数 NYダウ、NASDAQ、上海総合、深センA株、WTI原油先物、NYMEX金先物など多数掲載
個別株価 米国株 : 米国個別銘柄(DOWJONES海外情報)
中国株 : 中国個別銘柄(中国株投資情報)
経済指標 「全体」と「国内」、「北米」、「アジア」、「ヨーロッパ」、「オセアニア」の地域別に切り替えて表示可能
ニュース 日経QUICKニュース(NQN)/Informa Global Markets(IGM) /東洋経済 /株式新聞 /Zoiccs /フィスコ /ダウ・ジョーンズ 各社から配信される全ニュースを新着順に表示
レポート 投資情報マンスリー
リサーチ・レポート
投資情報レポート など多数掲載

ログイン後の画面(一例)

米国株

  • 注文方法・取引方法

    海外委託取引、国内店頭取引(店頭設定取引・出来高加重平均取引(VWAP))といった取引方法をご用意しております。

    詳しくはこちら

  • 取扱銘柄

    ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(NASDAQ)市場に上場している銘柄をお取引いただけます。

  • お取引窓口について
    • 「ダイワ・コンサルティング」コースのお客さま
      →大和証券の本・支店までご連絡ください。
    • 「ダイワ・ダイレクト」コースのお客さま
      コンタクトセンターまでご連絡ください。

中国株

  • 取引方法

    中国株は、ダイワのオンライントレードでもお取引可能です。オンライントレードで中国株の注文を出されますと、国内取次手数料・現地委託手数料が割安になります。是非ご利用ください。

オンライントレードでの取引について詳しくはこちら

マーケット情報

動画・レポートにて、毎日マーケット情報を配信しております。是非ご覧ください。

マーケット情報

その他の動画を視聴するには(ダイワインターネットTVサイトへ) 新規ウィンドウで開く

レポート

大和証券に口座をお持ちでない方

全国のお店で口座開設

お店なら即日で口座開設できます。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行なう場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては、現地諸費用等を別途いただくことがあります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行なうにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行なうことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行なわれていないものもあります。