大和証券 Daiwa Securities

主な商品・サービス
株式
投資信託
債券
NISA
ファンドラップ
手数料
入出金
キャンペーン
IPO
ポイントプログラム
個人型確定拠出年金

中国株 基礎知識

中国株 基礎知識

中国の株式市場

中国株は、香港市場・上海市場・深セン市場の3つの市場で取引されています。
種類としては、A株、B株、H株、レッドチップなどで構成されています。

取引所 株式の種類 取引通貨 上場企業の概要
中国本土 上海証券
取引所
A株 人民元 中国国内投資家のみが取引可能な企業
(現在は適格国外機関投資家にも開放)
B株 米ドル 外国人投資家も取引可能な企業
深セン証券
取引所
A株 人民元 中国国内投資家のみが取引可能な企業
(現在は適格国外機関投資家にも開放)
B株 香港ドル 外国人投資家も取引可能な企業
香港 香港証券
取引所
メインボード H株 香港ドル 香港に上場の中国籍の企業
レッドチップ株 中国資本により香港等で設立され、香港に上場している企業
その他香港株 H株、レッドチップ以外の企業
GEM 中・小型の成長企業

株価指数

ハンセン株価指数

香港株式市場の相場動向を表す代表的な指数。ハンセン指数サービス社によって提供されている株価指数で、香港経済を代表する銘柄で構成されています。1964年7月末の構成銘柄の時価総額合計を100として算出します。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所などと異なり、日本との時差があまりないため、日本の投資家はリアルタイムでこの指数を知ることができます。

H株指数

香港証券取引所に上場しているH株(登記地が中国である本土企業が香港で発行する株式)から構成される指数。正式名称は、ハンセン・チャイナ・エンタープライズ・インデックス。2000年1月3日の時価総額を基準値(2000)とした指数。

レッドチップ指数

香港証券取引所に上場しているレッドチップ(登記地が中国以外の企業が香港で発行する株式)から構成される指数。正式名称は、ハンセン・チャイナ・アフィリエイティド・コーポレーション・インデックス。2000年1月3日の時価総額を基準値(2000)とした指数。

日本株との相違点

日本(東京証券取引所) 香港
取引時間 前場 9:00〜11:30
後場 12:30〜15:00

前場 10:30〜13:00(日本時間)
後場 14:00〜17:00(日本時間)
クロージングオークションセッション
17:01〜17:10(日本時間)

  • プレ・オープニングセッションを設定
  • 一部銘柄でクロージングオークションセッションを設定
立会時間中の注文方法
  • 指値、成行を選択
  • 当日、出合注文
  • 指値のみ
  • 当日注文のみ
制限値幅
  • 前日終値を基準にした制限値幅がある
  • 1日を通した制限値幅がない
    → 直前約定値を基準にした指値範囲の制限がある
  • 一度市場に出た注文でも、指値の範囲から外れたら注文は失効

「中国株」のお取引窓口について

「ダイワ・コンサルティング」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
中国株

可能

-

可能

- -

「ダイワ・ダイレクト」コース

商品・取引
お店
コンタクトセンター
インターネット
パソコン
スマートフォン・タブレット
携帯電話
中国株 -

可能

可能

- -

「中国株」に関する疑問はこちら…

よくあるご質問

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行なう場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては、現地諸費用等を別途いただくことがあります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行なうにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行なうことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行なわれていないものもあります。