中国株
トップ > お取扱商品 > 中国株

呼び値の単位、値幅制限

呼び値の単位について

指値注文の呼び値は、1株あたりの株価により以下のように制限されています。また、実勢株価からはずれた指値をする場合、香港取引所の値幅ルールに基づき注文が失効する場合があります。また、一度取引所が注文を受付けても、値幅から外れるとその注文は失効しますのでご注意ください。

【呼び値の単位】

株価(香港ドル) 呼び値
0.01〜0.25 0.001
0.25〜0.50 0.005
0.50〜10.00 0.010
10.00〜20.00 0.020
20.00〜100.00 0.050
100.00〜200.00 0.100
200.00〜500.00 0.200
500.00〜1,000.00 0.500
1,000.00〜2,000.00 1.000
2,000.00〜5,000.00 2.000
5,000.00〜9,995.00 5.000

指値範囲について

香港取引所では、1日の制限値幅が設けられておりませんが、直前の約定値を基準に指値範囲の制限があります。
一部銘柄については、ボラティリティ・コントロール・メカニズム(VCM)が適用され、急激な価格の変化が起こった場合に値幅制限が設けられます。詳細はこちら(ボラティリティ・コントロール・メカニズムとは)≫
当社発注先である香港現地法人が受付するオンライントレードの指値範囲は以下の通りです。

買付注文(新規・訂正注文)
10:15(注1)
(日本時間)まで
売買基準値(※)の1/9〜9倍
かつ
  • ・香港ハンセン指数構成銘柄
    直近終値の+15%まで
  • ・ハンセン中国企業指数(H株指数)構成銘柄(香港ハンセン指数構成銘柄以外)
    直近終値の+20%まで
  • ・非指数構成銘柄
    直近終値の+30%まで
10:15(注1)〜
17:00(日本時間)
売買基準値 1/9〜 +10ティック
17:00〜17:06
(注2)
クロージングオークションセッションリファレンス価格 ±5%

リファレンス価格は、16:59〜17:00の15秒毎間に取得したノミナル値の中間値
17:06〜17:10 買注文・売注文ともに板に存在する場合、
値幅上限=最高買気配値、値幅下限=最低売気配値
上記以外の場合、
16:01〜16:06と同じく、クロージングオークションセッションリファレンス価格 ±5%

売付注文(新規・訂正注文)
10:15(注1)
(日本時間)まで
売買基準値(※)の1/9〜9倍
かつ
  • ・香港ハンセン指数構成銘柄
    直近終値の−15%まで
  • ・ハンセン中国企業指数(H株指数)構成銘柄(香港ハンセン指数構成銘柄以外)
    直近終値の−20%まで
  • ・非指数構成銘柄
    直近終値の−30%まで
10:15(注1)〜
17:00(日本時間)
売買基準値 −10ティック〜9倍
17:00〜17:06
(注2)
クロージングオークションセッションリファレンス価格 ±5%

リファレンス価格は、16:59〜17:00の15秒毎間に取得したノミナル値の中間値
17:06〜17:10 買注文・売注文ともに板に存在する場合、
値幅上限=最高買気配値、値幅下限=最低売気配値
上記以外の場合、
16:01〜16:06と同じく、クロージングオークションセッションリファレンス価格 ±5%
  • (注1)10:15前までに現地システムで受注完了した注文は、プレオープニングセッションで発注します。
    一旦受付中となった注文も、ルールの適用により失効することがありますのでご注意ください。
    IPO銘柄のプレオープニング(10:15前までに現地システムで受注完了したもの)の注文については、売買基準値の1/9〜9倍のみが適用されます。
    注文指値が指値範囲内である場合(※)、香港取引所が受付可能な価格範囲で香港取引所へ発注します。
    • ※指値が指値範囲内であっても、以下の注文の場合、現地システムにて一旦保留され、売買基準値が変動し、香港取引所が受付可能となる価格になった時点で発注を行います。
    • ・買付の場合:指値が気配値-25ティック以下の注文
    • ・売付の場合:指値が気配値+25ティック以上の注文
    当社または当社発注先である香港現地法人の判断により、適宜、予告なく変更することがあります。
  • (注2)17:00までに注文を出していて、未約定の注文について、アグレッシブサイドに注文があった場合は、17:01に値幅制限の中に戻します。
  • (※) 売買基準値:銘柄ごとの買付注文の価格・数量と売付注文の価格・数量が均衡する気配値(参考均衡価格:IEP)のこと。取引所が一定の計算手順に従って算出します。プレオープニングセッションでは、前日終値(無償増資が行われた場合は権利落ち分を勘案した株価)を基準に、プレオープニングセッションの取引時間中に受付けた買付注文・売付注文によりリアルタイムで変動します。

売買基準値
当日に取引がある場合
買付注文 最良買気配>直近約定値⇒最良買気配
最良買気配<直近約定値⇒直近約定値
売付注文 最良売気配<直近約定値⇒最良売気配
最良売気配>直近約定値⇒直近約定値
当日に取引がない場合
買付注文 最良買気配>前日引け値⇒最良買気配
最良買気配<前日引け値⇒前日引け値
売付注文 最良売気配<前日引け値⇒最良売気配
最良売気配>前日引け値⇒前日引け値

また、注文数量の少ない銘柄に対して、売買基準値から乖離した注文(極端に高い買い指値、極端に低い売り指値)を入力すると、取引所・香港証券先物監察委員会から注文した顧客の情報の提示を求められることがあります。

ボラティリティ・コントロール・メカニズムとは

対象銘柄(※)に急激なマーケットの価格の変化(5分前の取引価格±10%を超える価格変動)が起こった場合、ボラティリティ・コントロール・メカニズムが発動し、5分間のクーリングオフが導入されます。
クーリングオフは、クーリングオフ開始5分前の取引価格±10%の間でのみ取引が可能となります。
クーリングオフ終了後は、通常取引再開となり、ボラティリティ・コントロール・メカニズムは前後場それぞれ1回しか発動されません。
(※)対象銘柄:ハンセン指数およびH株指数構成銘柄


ボラティリティ・コントロール・メカニズム発動時間帯:

前場開始15分後〜前場終了時 (日本時間10:45〜13:00)
後場開始15分後〜終了15分前 (日本時間14:15〜16:45)