投信積立サービス
トップ > お取扱商品 > 投信積立サービス

投信積立サービスお取引のご注意

ご注意

1.お取引にあたって

  • (1)「投信積立サービス」は、オンライントレード専用のサービスです。
  • (2)あらかじめ「投信積立サービス」の契約申込が必要となります。「投信積立サービス」の契約申込は、インターネットのみで受付しております。(書面でのお申込はお受けしておりません。)
    また、契約の際は「投信積立サービス約款」の内容をご確認いただき同意いただいたうえでお申込ください。
  • (3)「投信積立サービス」の契約申込にはオンライントレードの契約、報告書電子交付一括申込の申込、積立投資に関する契約を事前に締結している方に限ります。
  • (4)「投信積立サービス」は、インターネットのみのお取扱となります。大和証券の本・支店、携帯電話でのお取扱いはしておりません。また、コンタクトセンターおよび本・支店、IVR(自動音声応答)では積立設定・変更・解除のいずれも承ることができませんので、ご了承ください。
  • (5)お取引にあたっては、各ファンドの電子交付による目論見書、または郵送もしくは店頭にて交付された目論見書をお読みになり、商品内容等をご理解のうえでお取引ください。
    お取引の時点で、有効な目論見書の交付が当社にて確認できない場合は、投信積立設定を行うことはできません。
  • (6)ファンドにより投資対象となる金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情(各ファンドの投資対象国で非常事態が勃発した等)が発生した場合、積立注文の取消を行うことがあります。
  • (7)投信積立設定・変更・解除は平日6:00〜翌3:00まで(非営業日の場合は6:00〜翌1:00まで)可能です。設定・変更・解除した内容は翌営業日の積立分から適用されます。
  • (8)積立日当日に積立内容を変更した場合、変更前の内容で発注されます。ただし注文繰越中に変更すると、繰越中の注文は失効します。

    (積立日が土曜日の例)
    土曜日、日曜日に積立内容を変更すると、月曜日(翌営業日)の朝に発注される注文が失効します。
  • ※NISA口座の「投信積立」とは違うサービスです。NISA口座の「投信積立」の設定状況はご確認いただけません。

2.買付余力について

お預り金・ダイワMRFおよび円普通預金(大和ネクスト銀行)の合計額を「買付余力」と呼びます。
買付余力は積立日の朝に、積立する銘柄の資金計算を行い、国内株式型など4営業日目が受渡しとなる取引の場合は、4営業日目の買付余力が、買付概算金額以上であるかの資金チェックを行います。また、複数銘柄積立をしている場合は以下の順位でチェックを行います。

  • A 積立日を同一にしている場合
    • (1)受渡日が近いものから順にチェックします。
    • (2)受渡日が同一の場合は当社の銘柄コードの小さいものからチェックします。
  • B 積立注文が繰り越され、繰り越しがされた日に複数銘柄積立を行う場合
    • (1)受渡日が近いものから順にチェックします。
    • (2)積立日が前のもの(繰り越された銘柄)をチェックします。
    • (3)受渡日が同一の場合は当社の銘柄コードの小さいものからチェックします。

支払金額に不足などが生じる場合には、お手数ですが、設定いただいた積立日の前日までに金融機関から大和証券のお客さま口座にお振込を完了していただくか、大和証券のATMからご入金いただくようお願いいたします。
また、支払金額に不足が生じた場合には、該当月の積立での買付は行われませんのでご注意ください。

3.主なリスクおよび留意点について

  • (1)投資信託にかかるリスクについて
    投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とし投資元本が保証されていないため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により投資1単位当りの価値が変動します。したがって、お客さまのご投資された金額を下回ることもあります。投資信託は預貯金とは異なります。
  • (2)投資信託にかかる手数料等について
    投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等をご負担いただく場合があります。
  • (3)ご投資にあたっての留意点
    投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。