現物取引
トップ > お取扱商品 > 現物取引

新興企業市場銘柄について

「新興企業市場」は、主としてベンチャー企業等に資金調達の途を開き、企業の成長過程の早い段階で上場を可能とし、育成・支援することを目的として創設されております。既存市場に比べ、価格変動が大きいこと・市場の流動性が低いこと、企業の継続性・収益性の基準が低いことがリスク要因として考えられます。この資料は新たな上場基準の概要を記載したものです。制度の内容およびリスクについて十分ご理解いただいた上で、お客さまの判断と責任において取引を行ってくださいますようお願いいたします。

新興企業市場上場・登録審査基準等の主要項目一覧

取引所 東京 名古屋
市場 マザーズ 成長企業市場(セントレックス)
1.対象企業
  • ・高い成長可能性を有していること。
  • ・高い成長可能性を有していると認められる企業(当該事業に係る売上高が計上されていること)
2.上場株式数
  • ・上場時に1000単位以上の公募又は売出し(公募500単位以上含む)を行うこと。
  • ・上場時に500単位以上の公募・売出 しを行うこと
3.上場審査事項
  • ・(収益性・継続性は審査の対象としない)
  • ・企業経営の健全性
  • ・企業内容、リスク情報等の開示の適切性
  • ・子会社上場関係
    • *新興企業の特性を踏まえた要件とする
  • ・継続性の基準無し
  • ・企業の成長性
  • ・企業経営の健全性
  • ・企業内容等の開示の適正性
  • ・その他名証が必要と認める事項
  • ・親会社からの独立性(親会社を有する場合のみ)
4.株式の分布状況
株主数(上場時)
  • ・公開時のファイナンスにより、新規株主300名以上の創出
  • ・上場の時までに300人以上になる見込みのあること
5.設立後経過年数
又は事業継続年数
  • ・1年以前から取締役会を設置して事業活動を継続していること
  • ・上場申請日から起算して1ヵ年以前からの取締役会設置
6.株主資本(純資産)の額
(直前期末)
  • ・基準無し
  • ・基準無し
7.利益総額
  • ・基準無し(赤字でも可)
    ただし、上場対象となる事業について、売上高実績があること(事実上1年程度)
  • ・基準無し
8.時価総額
  • ・時価総額10億円以上
  • ・上場時に時価総額5億円以上になる見込みのあること
9.1株当たり利益基準
  • ・基準無し
  • ・基準無し
10.利益配当
  • ・基準無し(無配でも可)
  • ・基準無し(無配でも可)
11.財務諸表等の虚偽記載等
  • ・最近1年間「虚偽記載」無し
  • ・最近1年間監査意見が「適正」
  • ・有価証券報告書等の「虚偽記載」無し
  • ・有価証券等に関する監査意見が「適正」
12.廃止基準
  • ・株主数150人未満(猶予期間1年)
  • ・最近1年間の月平均売買高10単位未満(猶予期間1年)
  • ・最近1年間に終了する事業年度の売上高が1億円未満
  • ・時価総額が5億円未満で、9ヵ月以内に5億円以上とならない時
  • ・株主数が150人未満(1年間は猶予)
  • ・最近1年間の月平均売買高10単位未満、かつ月平均値付率が20%未満(1年間は猶予)
  • ・債務超過状態となった場合、1ヵ年以内に債務超過が解消しないとき
  • ・時価総額が3億円未満で、9ヵ月以内に3億円以上とならないとき

取引所 東京
市場 JASDAQ(グロース基準)
1.対象企業 特色ある技術やビジネスモデルを有し,将来の成長可能性に富んだ企業
2.上場株式数
  • ・公募又は売出し株式数が上場株式数の10%または1,000売買単位のいずれか多い株式数以上
3.上場審査事項
  • ・企業の成長可能性
  • ・成長の段階に応じた健全な企業統治および有効な内部管理体制の確立
  • ・企業行動の信頼性
  • ・企業内容等の開示の適正性
  • ・その他公益又は投資者保護の観点から必要と認める事項
4.株式の分布状況
株主数(上場時)
  • ・株主数300人以上
5.設立後経過年数
又は事業継続年数
  • ・基準無し(ただし、最近2事業年度にて虚偽記載がないことが求められる)
6.株主資本(純資産)の額
(直前期末)
  • ・正
7.利益総額
  • ・基準無し
8.時価総額
  • ・浮動株時価総額5億円以上(上場日)
9.1株当たり利益基準
  • ・基準無し
10.利益配当
  • ・基準無し
11.財務諸表等の虚偽記載等
  • ・最近2事業年度にて虚偽記載がないこと
  • ・最近1期間「監査意見:無限定適正」
12.廃止基準
  • (1)浮動株式数について、事業年度の末日において500単位未満となった場合において、1か年以内に500単位以上とならないとき。
    • ※経過措置として、施行日前日時点にて旧NEOに上場していた銘柄については、平成25年4月以後に開始する事業年度から適用する。
  • (2)株主数について、事業年度の末日において150 人未満となった場合において、1か年以内に150人以上とならないとき。
  • (3)浮動株時価総額について、事業年度の末日において2億5,000万円未満となった場合において、1か年以内に2億5,000万円以上とならないとき。
    • ※経過措置として、施行日前日時点にて旧NEO、旧ヘラクレス(グロース)に上場していた銘柄については、平成25年4月以後に開始する事業年度から適用する。
  • (4)業績について、4年間継続して営業利益および営業活動によるキャッシュ・フローが負の場合において、1か年以内に営業利益又は営業活動によるキャッシュ・フローが正とならないとき。
    • ※施行日以後、新たにJASDAQ市場(グロース)に上場する銘柄については、成長可能性に着目した市場区分特性を踏まえ、新規上場後5年間は適用を猶予する。
    • ※経過措置として、旧ヘラクレス、旧NEOに上場していた銘柄については,平成23年4月以後に開始する事業年度を1年目として取扱う。
  • (5)債務超過の状態となった場合において、1か年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき。
    • ※施行日前日時点で旧ヘラクレス(グロース)に上場していた銘柄については、当該会社の新規上場後3年間は適用を猶予する。
  • (6)株価が10円未満となった場合において、3か月以内に10 円以上とならないとき。対象となる株価は、月末終値と月平均価格のいずれか低い価格とする。
    • ※経過措置として、平成23年4月以後の売買から適用を開始する。
  • (7)申請事業年度において営業利益の額が負であった企業が、上場後10年間において一度も営業利益を計上(黒字化)していない場合。
    • ※経過措置として、既上場銘柄については平成23年4月以後に開始する事業年度を1年目として扱う。

取引所 札幌 福岡
市場 新市場(アンビシャス) 新市場(Q-Board)
1.対象企業
  • ・高い成長の可能性を有していると認められる企業
  • ・新しい技術又はユニークな発想に基づき、若しくはその他の理由により、今後の成長の可能性がある企業
2.上場株式数
  • ・上場時に500単位以上の公募増資を行うこと
  • ・上場時に500単位以上の公募を行うこと
3.上場審査事項
  • ・継続性の基準無し
  • ・企業の収益性
  • ・企業経営の健全性
  • ・企業内容、リスク情報等の開示の適切性
  • ・その他公益又は投資者保護のため必要と認める事項
  • ・(収益性・継続性は審査の対象としない)
  • ・企業経営の健全性
  • ・企業内容、リスク情報等の開示の適切性
  • ・重要な事実等の開示
  • ・子会社上場関係
    • *新興企業の特性を踏まえた要件とする
4.株式の分布状況
株主数(上場時)
  • ・上場のときまでに200人以上
  • ・上場のときまでに200人以上
5.設立後経過年数
又は事業継続年数
  • ・上場申請日から起算して1ヵ年以前からの取締役会の設置
  • ・基準無し
6.株主資本(純資産)の額
(直前期末)
  • ・上場時の純資産1億円以上、かつ、上場時価総額が3億円以上、または、純資産が正、かつ、時価総額5億円以上
  • ・上場時において正であること
7.利益総額
  • ・上場申請日の直前事業年度において営業利益の額が正であること
  • ・基準無し(赤字でも可)
  • ・成長判断の基礎となった事業の売上高が計上されていること
8.時価総額
  • ・6.を参照
  • ・上場時の時価総額3億円以上
9.1株当たり利益基準
  • ・基準無し
  • ・基準無し
10.利益配当
  • ・基準無し(無配でも可)
  • ・基準無し(無配でも可)
11.財務諸表等の虚偽記載等
  • ・最近2年間「虚偽記載」無し
  • ・最近1年間監査意見が「適正」
  • ・有価証券報告書「虚偽記載」無し
  • ・最近1年間監査意見が「適正」
12.廃止基準
  • ・株主数100人未満(1年間は猶予)
  • ・上場時価総額が2億円未満の場合、9ヵ月以内に2億円以上とならないとき
  • ・特別利害関係者を除く株主の数が50人未満(1年間は猶予)
  • ・最近1年間の月平均売買高4単位未満
  • ・上場時価総額が2億円未満の場合、9ヵ月以内に2億円以上とならないとき、又は上場時価総額が上場株式数に2を乗じて得た数値に満たない場合、3ヵ月以内に当該数値以上とならないとき