大和証券 Daiwa Securities

ジュニアNISA 口座開設の流れ

ジュニアNISA口座開設のお手続きの流れについて

  1. STEP1

    口座お申込み(お客さま)

    • ジュニアNISA口座開設のための必要書類とマイナンバーを大和証券にご提出ください。
    • また、口座名義人と手続を行なう法定代理人との続柄を確認するための住民票(世帯全員のもの)も併せてご提出いただきます。
    • 大和証券では、住民票の取得を当社が無料で代行する住民票取得代行サービスをご利用いただけます。

    ジュニアNISA 住民票取得代行サービスはこちら

  2. STEP2

    税務署へ申請・確認(大和証券)

    • 2016年1月以降、大和証券から税務署に対し、口座開設の申請を行ないます。
    • 税務署で口座開設に関する確認が完了すると、税務署から大和証券へ口座開設の確認通知があります。それを受け、大和証券ではお客さまへ申請結果のご連絡をいたします。

    *税務署の審査結果を受領するまでに一定のお時間を要します。

  3. STEP3

    口座開設

    • ジュニアNISA口座が開設されます。

    *2016年4月1日以降に受渡しとなる取引から実際の取引が可能です。

  4. STEP完了

ジュニアNISA口座の開設について

大和証券では、「ジュニアNISA(ニーサ)」口座開設の申込みを受付けています。
当社では、購入手数料が無料の「NISA専用ファンド」をはじめジュニアNISAでご購入いただける幅広い商品ラインナップをご用意しています。ぜひこの機会にお申込みください。

お申込みはこちら
ジュニアNISA口座開設の流れ

STEP1

口座お申込

お客さま

  • ジュニアNISA口座開設のための必要書類を大和証券にご提出ください。
  • あわせて、マイナンバーのご提出も必要となります。

STEP2

税務署へ申請・確認

大和証券

  • 2016年1月以降、大和証券から税務署に対し口座開設の申請を行ないます。
  • 税務署で口座開設に関する確認が完了すると、税務署から大和証券へ口座開設の確認通知があります。それを受け、大和証券ではお客さまへ申請結果のご連絡をいたします。

※税務署の審査結果を受領するまでに一定のお時間を要します。

STEP3

口座開設

  • ジュニアNISA口座が開設されます。

※2016年4月1日以降に受渡しとなる取引から実際の取引が可能です。

  1. 国民一人ひとりが持つ「マイナンバー」

    マイナンバーとは国民一人ひとりが持つ12桁の個人番号のことです。マイナンバー制度(マイナンバー社会保障・税番号制度)は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤の構築のために導入されます。
    2015年10月以降、市区町村から住民票を有するすべての人に、一人ひとつのマイナンバーが送付され、2016年1月以降は社会保障・税・災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になります。また、証券会社等が税務署へ提出する法定調書等へのマイナンバーの記載が義務付けられるため、お取引のある証券会社等へもマイナンバーのご提出が必要になります。
    マイナンバー制度導入以降は、NISA・ジュニアNISAともに口座開設にはマイナンバーのご提出が必要になります。

少額投資非課税制度(NISA)および
未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する留意事項

[共通事項]
  • NISA・ジュニアNISA口座の損益は、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
  • 国内上場株式の配当金、ETF・REITの分配金は、証券会社で受取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はNISA・ジュニアNISA口座以外の口座でも非課税であるため、NISA・ジュニアNISA口座の非課税メリットを享受できません。
  • NISA・ジュニアNISA口座以外の口座で保有されている上場株式等をNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
  • NISA・ジュニアNISA口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
  • その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰越すことはできません。
[少額投資非課税制度(NISA)に関する事項]
  • NISA口座は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • NISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。

    ※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

[未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する事項]
  • ジュニアNISA口座は、すべての金融機関を通じて、1人1口座に限り開設することができます。また、ジュニアNISA口座開設後は金融機関の変更ができません。(廃止後の再開設は可能です。)
  • ジュニアNISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間80万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。

    ※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

  • 口座開設者が18歳になるまで※1に、ジュニアNISA口座から払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。※2

    ※1 3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで

    ※2 災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。(このときもジュニアNISA口座を廃止することになります。)

  • ジュニアNISA口座にて運用される資金は、口座開設者本人に帰属する資金に限定されます。

*今後、法令・制度等が変更された場合、記載内容が変更となる可能性があります。(2016年2月現在)

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等およびリスクについて
当社の取扱商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります(「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由でお取引いただいた際の国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をお読みください。
ご投資にあたっての留意点
取引コースや商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。