アップル関連銘柄に注目

9月25日より新型iPhone発売開始

9月25日より新型iPhone発売開始

9月9日のイベントで新製品を発表
  主な新製品 特徴
iPhone iPhone 6s Plus
iPhone 6s
新色のローズゴールドを追加。筐体(きょうたい)のアルミがより強度の高いものに変更。
「3DTouch」と呼ぶプレス操作機能が搭載された。
iPad iPad Pro ProはAirのディスプレイサイズから更に大型化。4スピーカーを初採用。
スタイラスペンとカバー兼キーボードも発表された。
Apple TV Apple TV
(new version)
Siri機能が搭載された新モデルが発表された。iOSベースのtvOSが搭載され、AppStoreからアプリを購入しゲームも楽しめる。
Apple Watch Apple Watch
Hermes
フランスの高級ブランド、エルメスとのコラボモデルが発表された。
OSの強化も発表された。

出所:各種資料より大和証券作成

9月9日のイベントで新製品を発表
  主な新製品
特徴
iPhone iPhone 6s Plus/iPhone 6s
新色のローズゴールドを追加。筐体(きょうたい)のアルミがより強度の高いものに変更。
「3DTouch」と呼ぶプレス操作機能が搭載された。
iPad iPad Pro
ProはAirのディスプレイサイズから更に大型化。
4スピーカーを初採用。
スタイラスペンとカバー兼キーボードも発表された。
Apple TV Apple TV(new version)
Siri機能が搭載された新モデルが発表された。
iOSベースのtvOSが搭載され、AppStoreからアプリを購入しゲームも楽しめる。
Apple Watch Apple Watch Hermes
フランスの高級ブランド、エルメスとのコラボモデルが発表された。
OSの強化も発表された。

出所:各種資料より大和証券作成

iPhoneの業績寄与が高まっている

アップルに部材を供給する主な日本企業

アップルに部材を供給する主な日本企業

銘柄
コード
銘柄名 東証33業種 銘柄
コード
銘柄名 東証33業種
4005 化学 6758 電気機器
4062 電気機器 6762 電気機器
5741 非鉄金属 6767 電気機器
5801 非鉄金属 6770 電気機器
5802 非鉄金属 6794 電気機器
5803 非鉄金属 6806 電気機器
6367 機械 6807 電気機器
6479 電気機器 6817 電気機器
6502 電気機器 6963 電気機器
6594 電気機器 6971 電気機器
6640 電気機器 6976 電気機器
6645 電気機器 6981 電気機器
6701 電気機器 6988 化学
6723 電気機器 7240 輸送用機器
6724 電気機器 7282 輸送用機器
6740 電気機器 7915 その他製品
6752 電気機器
銘柄
コード
銘柄名
東証33業種
4005
化学
4062
電気機器
5741
非鉄金属
5801
非鉄金属
5802
非鉄金属
5803
非鉄金属
6367
機械
6479
電気機器
6502
電気機器
6594
電気機器
6640
電気機器
6645
電気機器
6701
電気機器
6723
電気機器
6724
電気機器
6740
電気機器
6752
電気機器
6758
電気機器
6762
電気機器
6767
電気機器
6770
電気機器
6794
電気機器
6806
電気機器
6807
電気機器
6817
電気機器
6963
電気機器
6971
電気機器
6976
電気機器
6981
電気機器
6988
化学
7240
輸送用機器
7282
輸送用機器
7915
その他製品

出所:APPLE Supplier List 2015より大和証券作成


アップル関連の有望銘柄の中から5銘柄をピックアップ

アップル関連の有望銘柄の中から5銘柄をピックアップ

日本電産(6594)

日本電産(6594)

3つのポイント

  • 精密小型モーター最大手
    ブラシレスDCモータ(半導体で回転を制御する高性能・高効率モータ)世界トップ。
    新たな成長分野として車載・家電・商業・産業用への事業ポートフォリオ転換が進展中。
  • 急拡大が見込まれる触覚デバイス
    注目は触覚デバイス。物に触れているかのような感覚を様々な振動で再現する技術をアップル向けに供給している模様。他社の追随が難しく高単価であることも注目。
  • M&Aを活用した成長ストーリーを描く
    同社は、M&Aを活用することで、21年3月期までに全体の売上高2兆円、さらに、「車載」のみで売上高最大1兆円(前期1,970億円)を目指している。

株価情報

株価 : 8,837円
52週高値 : 11,415円
52週安値 : 7,616円
予想PER : 21.87倍
配当利回り : 0.91%
時価総額 : 26,347億円

(出所)Bloombergより大和証券作成
(2015年12月30日現在)

3つのポイント

  • 電子部品大手
    機構部品メーカー大手。スイッチ、可変抵抗器、センサー、通信モジュール、各種自動車用モジュールなどを製造販売する。他用途向けでも品質を重視した経営を行なう。
  • スマホのカメラ性能向上が追い風
    同社はカメラの手振れ補正機器に強みを持つ。
    アップルのカメラ精度向上には同社の技術が欠かせない。
    他スマホメーカーからの引き合いも強いと見られている。
  • 自動車向け部品の伸びも見込まれる
    車載内Bluetoothモジュール(複合部品)で業界トップ級。
    自動運転市場の拡大を見込み無線モジュールを強化している。

株価情報

株価 : 3,315円
52週高値 : 4,205円
52週安値 : 2,177円
予想PER : 12.00倍
配当利回り : 0.60%
時価総額 : 6,467億円

(出所)Bloombergより大和証券作成
(2015年12月30日現在)

3つのポイント

  • 色褪せないソニーブランド
    CMOSセンサー、ゲーム、業務用放送機器等に強み。液晶TVやスマホは再建中。
    音楽、映画はグローバルメジャーの一角。金融事業の収益寄与大きい。
  • 採用が広がる同社画像センサー
    同社の画像センサーは小型化、高性能化を両立させる。
    市場シェアは40%程度で世界首位。アップルや小米などスマホ大手に供給が広がっている。
  • 大和証券アナリストは同社に高い評価
    足元ではデバイス事業が好調なほか、金融やデジカメ、液晶テレビ、音楽などが安定的に推移している。画像センサーの売上増を背景に好業績が期待できる。

株価情報

株価 : 3,002円
52週高値 : 3,970円
52週安値 : 2,351.5円
予想PER : 16.63倍
配当利回り : 1.00%
時価総額 : 37,894億円

(出所)Bloombergより大和証券作成
(2015年12月30日現在)

3つのポイント

  • 総合電子部品大手
    インダクタ(コイル)、高周波部品、リチウムポリマー電池(高容量、高電圧、軽量さ等が特徴)、HDD用ヘッドで高シェア。用途別では自動車向けが比較的多い。
  • スマホ向け部品が業績を牽引
    スマホ用高周波部品をアップルやサムスン電子に供給しており業績のけん引役となっている。アップルウォッチのワイヤレス給電用部品も提供している模様。
  • スマホ外事業にも注力
    同社は収益源の多角化にも動いている。
    新開発の磁気センサーを武器に18年度に自動車向け部品の売上比率を現在の17%から30%に高める計画。

株価情報

株価 : 7,820円
52週高値 : 10,450円
52週安値 : 6,490円
予想PER : 13. 24倍
配当利回り : 1.53%
時価総額 : 10,134億円

(出所)Bloombergより大和証券作成
(2015年12月30日現在)

3つのポイント

  • 大手フィルム加工メーカー
    世界の幅広い産業向けに機能性部材を提供。
    液晶用偏光フィルム、海水から淡水を作る「逆浸透膜」 などで世界トップクラスのシェアを誇る。
  • スマホ大型化で需要拡大
    主力事業であるスマホ向けフィルムなどの部材が好調。
    端末画面の大型化に従い高シェアの導電フィルムなどが伸びている。
    アップルのサプライヤーでもある。
  • 今後は医療とテープに注目
    北米自動車向けの補強材やアジア電子産業向けテープが伸びると見込まれている。
    分子標的型創薬技術を用いた肝硬変治療薬の進捗にも注目。

株価情報

株価 : 8,912円
52週高値 : 10,435円
52週安値 : 6,427.0円
予想PER : 15.68倍
配当利回り : 1.57%
時価総額 : 15,485億円

(出所)Bloombergより大和証券作成
(2015年12月30日現在)

本ページは、投資の参考となる情報提供のみを目的としたものです。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
本ページは当社が信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されていますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
また、本ページに記載された意見や予測等は、ページ作成時点の当社の判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。

おすすめ銘柄特集一覧

NISA専用ダイヤル 0120-130039 受付時間 8:00〜19:00/平日 9:00〜17:00/土・日・祝日(資料請求のみ) 大和証券に口座をお持ちのお客さまは、お取扱店番号(3桁)・口座番号(6桁)をオペレータにお伝えください。

NISAについて知りたい方はこちら

大和証券に口座をお持ちでないお客さま

大和証券で資産運用をはじめませんか 大和証券の特長をご紹介

大和証券に口座をお持ちでないお客さまは、まずは総合取引口座の開設をお願いいたします。

総合取引口座開設はこちら(無料)

NISAについて知りたい方はこちら
ご不明な点などがございましたらお問い合わせください。
NISA専用ダイヤル 0120-130039
受付時間
8:00〜19:00/平日
9:00〜17:00/土・日・祝日(資料請求のみ)
大和証券に口座をお持ちのお客さまは、お取扱店番号(3桁)・口座番号(6桁)をオペレータにお伝えください。
大和証券に口座をお持ちでないお客さま
大和証券で資産運用をはじめませんか 大和証券の特長をご紹介
大和証券に口座をお持ちでないお客さまは、まずは総合取引口座の開設をお願いいたします。
総合取引口座開設はこちら(無料)

少額投資非課税制度(NISA)および未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する留意事項

[共通事項]

  • NISA・ジュニアNISA口座の損益は、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
  • 国内上場株式の配当金、ETF・REITの分配金は、証券会社で受取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はNISA・ジュニアNISA口座以外の口座でも非課税であるため、NISA・ジュニアNISA口座の非課税メリットを享受できません。
  • NISA・ジュニアNISA口座以外の口座で保有されている上場株式等をNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
  • NISA・ジュニアNISA口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA・ジュニアNISA口座に移管することはできません。
  • その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰越すことはできません。

[少額投資非課税制度(NISA)に関する事項]

  • NISA口座は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • NISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。

    ※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

[未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に関する事項]

  • ジュニアNISA口座は、すべての金融機関を通じて、1人1口座に限り開設することができます。また、ジュニアNISA口座開設後は金融機関の変更ができません。(廃止後の再開設は可能です。)
  • ジュニアNISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間80万円までです。銘柄の入れ替えやスイッチングも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。

    ※ 大和証券では、スイッチングのご利用はできません。

  • 口座開設者が18歳になるまで※1に、ジュニアNISA口座から払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。※2

    ※1 3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで

    ※2 災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。(このときもジュニアNISA口座を廃止することになります。)

  • ジュニアNISA口座にて運用される資金は、口座開設者本人に帰属する資金に限定されます。

*今後、法令・制度等が変更された場合、記載内容が変更となる可能性があります。(2016年2月現在)

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等およびリスクについて

  • 当社の取扱商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります(「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由でお取引いただいた際の国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)。
    また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をお読みください。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。