ログイン
個人のお客さま 法人のお客さま 大和証券グループ本社 大和ネクスト銀行

マイクロファイナンスの現場から お金を借りることで生活の糧を稼ぎ、家畜や貴金属ではなくお金を貯蓄できるようになった!よりよい生活をおくる手助けとなっているマイクロファイナンスの実態について実務者の視点から解説!(隔週更新)

[更新日:2010年2月16日]

第2回 セネガル農村のマイクロファイナンスの事例

マイクロファイナンス機関(以下MFI)は、それまでは銀行など正規の金融機関に相手にしてもらえなかった人 々にも、貸付や貯蓄さらには送金などのサービスを提供してきました。それにより多くの人々がよりよい生活を送ることができるようになりました。マイクロ ファイナンスは一体どのように使われているのでしょうか?ここではセネガルの1事例を紹介します。

対象地域の金融事情

0216_1.jpgセ ネガルも日本と同じようにお米を食べる習慣があり、味つけしたご飯の上に魚や野菜などをのせたチェブジェンなど、おいしい料理がたくさんあります。米を生 産している北部地方では、農地を機械で耕作したり、種子や肥料、農薬などを買ったりするためにお金が必要です。政府系金融機関を通じた融資も行われていま すが、複数の農家から構成されるグループが対象であり、個人向けの融資がありません。そのためグループ内に返済不履行農家がいると借りられません。また、 融資対象も米が中心で他の作物に使うことが難しいこと、貸付期間も播種から収穫までの1年未満の短期融資が中心であり、例えば機械を購入するために1年超 の中長期融資が必要となっても融資が受けられないといったこともあります。またこの政府系金融機関の融資総額にも限りがあり、希望してもすべての人が借り られる訳ではありません。そのためいくつかのMFIは、農家の近くで貸付や貯蓄などの金融サービスを提供しています。この「農家の近くで」ということが借 り手にとってはとても大切です。なぜなら、銀行は大抵地方の主要都市にしか支店を置かず、人々がそこに行くにはバスやバイク等を乗り継ぎ、時間とお金をか けて行く必要があるので、容易には行けない場合も多いからです。

MFIの事例

0216_2.jpg

あるMFIは農家が自ら資金を出し合って、小規模な所得創出活動を始めたことをきっかけとして設立されました。このMFIはメンバーの貯蓄を集める と同時に、メンバーに対して、1農業・畜産、2農産加工、3販売(ブランド化した米の販売など)を目的とした貸付を行っています。また、金融事業だけでな く農産物の生産や販売に関する支援もメンバーに対して行っています。

最初生産や販売のための支援業務と金融業務を同じ組織内で行っていました。しかし必ずしも金融知識を有していないメンバーが金融業務も行う過程で、 親戚に頼まれるなど金融業務従事者の縁故者への貸付が増えたり、その返済の督促が難しくなったりといった問題が生じたそうです。そのため、金融専門家と専 従スタッフ(マネージャー、キャッシャー、ガードマン)を外部より雇い、金融業務だけを行う貯蓄貸付事業組織を新たに立ち上げ、これが現在のMFIとなり ました。現在は40村落で約5,000人(金融業務のみは約1,100人)にサービスを提供しています。

0216_3.jpg

 このMFIは顧客の需要に応じて、様々な貸付を行っています。貸付条件も下記の表のように資金使途によって異なります。下記の他に、魚の購入・転売や、米の購入・精米といった小売業に従事する主に女性向けの貸付も行われています。

資金使途

最大貸付額

期間

金利

担保

農業

300,000FCFA(通常は100,000150,000FCFA

7ヶ月

年利18%(月割りで7ヶ月に計算)

貸付額の20%相当をMFIに貯蓄、グループ保証

畜産

(i)肥育目的: 150,000 FCFA

7ヶ月

上記と同じ

貸付額の20%相当をMFIに貯蓄

(ii)飼育目的:

1,000,000 FCFA

3年間

年利12%

牛など購入家畜、冷蔵庫、車

農業機械購入

3,200,000 FCFA

4年間

年利12%

購入機械

注:1FCFA=0.196円

 MFIの貸付の元手は、一般的にメンバーの貯蓄です。多くの場合、生活に必要な資金を頻繁に引き出すことの多いメンバーは1年超の貯蓄 を行えず、MFIにとって1年を超える中長期の資金を確保することは困難です。そのため、一般的にはMFIがメンバーの需要に応えて中長期の貸付を行うこ とは難しく、期間1年未満の短期貸付が中心となります。このMFIの場合も初めは自己資金を元手に貸付を行っておりました。しかし、貯蓄だけではメンバー の需要に見合う貸付を行うことが難しいことを認識し、外部からの資金調達について慎重に検討し始めました。現在、外国の支援基金から中長期資金を有償で借 り、メンバーに対する中長期貸付を行う元手としています。このように外国の支援を受けて農業機械購入や家畜飼育といった中長期資金の貸付も行い、人々の需 要に応えるMFIも出てきていますが、そのようなMFIはまだ非常に限られているのが現状です。

MFIのサービスを利用できない場合

MFIは増えているとはいえ、その数にも限りがあり、セネガルでもMFIのサービスを使える人々は残念ながらまだ限られています。このコラム第1回 の「途上国における高利貸業の実態」でも触れたように、セネガルにも様々な高利貸が存在しています。MFIのサービスを使えない人たちからは、以下のよう な資金繰りを行っているとの話が聞かれました。

・トレーダーから種子、肥料、農薬の購入資金を借りて購入し、収穫後に「籾」でトレーダーに返済する。借入時点で返済時の米の買付価格をトレーダー により決められる。この方式では、あらかじめ決められたトレーダーによる買付価格が収穫時期の米の市場価格よりも低い場合、生産者(借手)には不利となり ます。例えば80kgの籾の事前に決められた買付価格が7,000FCFAであった年の収穫時期の米の市場価格が10,500FCFA〜 15,000FCFAだった事例もあるそうです。
・普段お金が必要になると、周辺の木を切って燃料として売ったり、家畜を売ったり、村によっては 役場にある金庫に「将来に備えて」ためておいた自己資金を使うそうです。人々は借入金返済後も手元に余剰があるときには(そのようなケースはあまり無いそ うですが)、その余剰資金で家畜(雄牛、雌牛、ヤギ、羊など)を購入し、いざという時の備えとするそうです。ただ家畜の場合、必要な金額相当分だけを処分 することは難しいという別な問題も生じ、MFI等への貯蓄と比べると利便性が低い側面があります。

次回は途上国の人々の貯蓄について紹介する予定です。

 

(鳥海直子)

本資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、当社が信頼できると判断した情報源からの情報に基づき作成したものです。本資料に記載された意見、予測等は、資料作成時点における当社の判断に基づくものであり、正確性、完全性を保証するものではなく、今後、予告なしに変更されることがあります。投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようにお願い申し上げます。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。(国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1.24200%(税込)、ただし、最低2,700円(税込)、ハッスルレートを選択しオンライントレード経由でお取引いただいた場合は、1日の約定代金合計が300万円までなら、取引回数に関係なく国内株式委託手数料が3,240円(税込)、以降、300万円を超えるごとに3,240円(税込)が加算、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費、等)
また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

お取引にあたっての手数料等およびリスクの詳細はこちら

前のページへ戻る このページの先頭へ
ライタープロフィール
三井久明(みつい ひさあき)
専門分野はマイクロファイナンス、公共財政、民間部門振興、援助政策。 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程およびUniversity of Sussex (IDS) Mphil課程修了。1990年に財団法人国際開発センターに入職し、現在は主任研究員。明治学院大学および早稲田大学にて非常勤講師を勤める。主に東南 アジア、南アジア地域において貧困削減、産業振興、国営部門改革にかかわる各種の調査研究に従事。
鳥海直子(とりうみ なおこ)
専門分野はマイクロファイナンス、農村金融、開発経済、農村開発。 世界銀行認定マイクロファイナンス・トレーナー。Institute of Social Studies 開発経済学修士課程修了。民間企業勤務、アジア経済研究所開発スクール、留学を経て、1994年に財団法人国際開発センターに入職し、現在は主任研究員。 市場経済移行諸国における農業開発、アフリカ農村地域の生計維持についての調査研究等、農業・農村開発分野を中心とした複数の調査研究に従事。
関連リンク