【香港市場】長飛光纖光纜(ヤンズ・オプティカル・ファイバ・アンド・ケーブル)(06869)のオンライントレード取扱い開始について

2019年3月4日
大和証券株式会社

平素は大和証券をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

長飛光纖光纜[ヤンズ・オプティカル・ファイバ・アンド・ケーブル](06869) 新規ウィンドウで開く、大和コード(N6869)を3月5日(火)からオンライントレード取扱いを開始いたしますので、ご案内申し上げます。

会社概要

ヤンズ・オプティカル・ファイバ・アンド・ケーブル(長飛光繊光纜股分有限公司)は光ファイバパーフォーム、ファイバ及びファイバーケーブルを製造・販売する。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。光ファイバ・光ファイバプリフォーム事業は外部当事者に販売されている光ファイバーおよび光ファイバー母材の製造に従事する。光ファイバケーブル事業は外部当事者に販売されている光ファイバケーブルの製造を行う。子会社を通じて、また宅内分散システムの製造・販売に従事する。

トムソン・ロイター

今後とも、お客さまに親しまれる証券会社、お客さまより選ばれる証券会社を目指してお客さまにご満足いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

中国株(香港市場)の情報収集はこちら 新規ウィンドウで開く

長飛光纖光纜[ヤンズ・オプティカル・ファイバ・アンド・ケーブル](06869)の株価はこちら 新規ウィンドウで開く

以上

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 株式等の売買等にあたっては、「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大1.24200%(但し、最低2,700円)の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては約定代金に対して最大0.97200%の国内取次手数料(税込)に加え、現地情勢等に応じて決定される現地手数料および税金等が必要となります。

ご投資にあたってのリスク等

  • 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動(裏付け資産の価格や収益力の変動を含みます)による損失が生じるおそれがあります。また、外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じるおそれがあります。
  • 信用取引を行うにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
  • 外国株式の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われていないものもあります。