ホーム

お客さまの個人情報等を不正に入手する金融犯罪にご注意ください

大和証券株式会社
不正なウェブサイトや電子メール、ソフトウェア等によって、お客さまの「ログインパスワード」や「暗証番号」等を不正に入手しようとする、インターネット等を利用した様々な金融犯罪が発生しています。
昨今では、インターネット・バンキング利用者が金融機関の正規の画面からインターネット・バンキングにログインした後に、不正なポップアップ画面が表示され、暗証番号等を入力させようとする事案や、証券会社のインターネットトレードにおいても、利用者がログインしようとする際、銀行口座等の情報を入力させる偽画面が表示されたとの事案が発生しています。
当社では、現在のところ上記のような事象は確認されておりませんが、ログイン後に再度「ログインパスワード」等の入力を求める画面が表示されても、絶対入力をしないようお願いいたします。
万が一このような画面が表示された場合は、当社お取扱窓口までご連絡ください。

典型的な詐欺行為等の例

◆フィッシング詐欺
フィッシング詐欺とは、実在する企業を装ってメールを送り、メールの受信者に、実在する企業の偽ホームページにアクセスさせ、ID・パスワード等を入力させるなどして、不正に個人情報等を入手する行為をいいます。
<対策>
1.大和証券のオンライントレードにログインする際、アドレスが大和証券のURLであることを確認する。
大和証券では、各種暗証番号や個人情報をご入力いただくホームページは、「SSL」を利用した暗号化通信技術を使用しています。ホームページのアドレス(URL)が「https」で始まっていることや、ブラウザに鍵マークが表示されていることで、「SSL」を利用しているホームページであることがご確認いただけます。
鍵マークをクリックして表示されるウィンドウ内の「証明書の表示」をクリックすると、以下のような証明書の情報が表示されますので、発行先が「www.daiwa.co.jp」となっていることをご確認ください。
なお、大和証券では、企業の実在性をより確実に認証する証明書であるEV SSL証明書(シマンテック社)を導入しております。
2.心当たりのない電子メールは開かないようにする。
心当たりのない企業等からのメールは開かないようにしてください。開いた場合でも、安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。
3.「お気に入り登録(ブックマーク)」を行い、そこからアクセスをする。
大和証券のURLを「お気に入り登録(ブックマーク)」し、利用する際は、必ずそこから利用するように習慣づけてください。
4.誰でも利用できるパソコンでのログイン・取引を控える。
インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用するパソコンでのログインや取引は控えるようにしてください。
※当社の本支店に設置しているオンライントレードコーナーのパソコンは、お客さまが席から離れると自動的に画面が初期化されるように設定しておりますので、安心してご利用いただけます。
5.セキュリティソフトを常に最新版にする。
セキュリティソフトを常に最新版にし、OS(WindowsやMacなど)やブラウザ(Internet Explorerなど)には、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。
◆スパイウェア
スパイウェアとは、パソコンの内部の個人情報やキーボードの入力履歴などをユーザーが気づかないうちに外部に送信する悪意のあるソフトウェアのことをいいます。
<対策>
1.セキュリティソフトを常に最新版にする。
セキュリティソフトを常に最新版にし、OS(WindowsやMacなど)やブラウザ(Internet Explorerなど)には、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。
2.心当たりのないメールは開かない、不審なページにアクセスしないようにする。
心当たりのない企業等からのメールは開かないようにしてください。また、フリーソフトのダウンロード、 不審なホームページへのアクセス、ファイル交換ソフトを経由したファイルなどに注意してください。
3.誰でも利用できるパソコンでのログイン・取引を控える。
インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用するパソコンでのログインや取引は控えるようにしてください。
※当社の本支店に設置しているオンライントレードコーナーのパソコンは、お客さまが席から離れると自動的に画面が初期化されるように設定しておりますので、安心してご利用いただけます。
4.ソフトウェアキーボードを利用する。
ソフトウェアキーボードとは、実際のキーボードを押すことなく画面上に表示されるキーボードをマウスでクリックして入力を行うものです。「支店番号」、「口座番号」、「ログインパスワード」の入力時にパソコンのキーボードから直接入力しないため、キーボードの操作履歴を盗み取るスパイウェア対策に効果があります。
◆なりすまし詐欺
なりすまし詐欺とは、電子メール等で差出人名を偽装したりして、お客さまの個人情報を聞き出そうとしたり、フィッシングサイトに誘導をはかったりする詐欺行為です。
当社からお送りする電子メールアドレスは「●●●●@daiwa.co.jp」「ddfx@fxmail.daiwa.co.jp」「dd365fx@daiwa365fx.daiwa.co.jp」というメールアドレスから配信されます。上記アドレス以外が発信元の電子メールは当社とは一切関係ございませんのでご注意ください。
以上
閉じる

加入協会: