ホーム

「ダイワFX」におけるロスカット基準変更機能の追加について

平成21年3月24日
大和証券株式会社
大和証券をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
当社は、平成21年4月5日(日)より、ダイワのオンライントレード専用サービス「ダイワFX」において、「ロスカット基準」をお客さまが任意に変更できる機能を追加いたします。
これにより、お客さまのリスク管理機能が向上し、より使いやすい「ダイワFX」になります。
【ロスカット基準変更機能の概要】
■サービス開始日
平成21年4月5日(日) 6:00
※4月4日(土)の19:00より臨時システムメンテナンスを行います。(翌1:00〜6:00は通常のメンテナンス時間)
■「ロスカット基準変更機能」について
・ 最大レバレッジが「20倍」以下の場合に、ロスカット基準を証拠金維持率の「20%」「30%」「40%」「50%」からお客さま自身が任意に選択できる機能を追加します。
・ 最大レバレッジで「50倍」を選択されている場合のロスカット基準は、従来どおり「50%」となります。
・ 変更後のロスカット基準と証拠金維持率の差が10%未満の場合、変更申込を受付けできません。
・ プレアラートとアラートの基準は下表の通りとなります。
選択したロスカット基準 プレアラート基準 アラート基準
20% 80% 50%
30% 90% 60%
40% 100% 70%
50% 110% 80%
■ご注意事項
上記のサービス拡充に伴い、4月5日6:00以降に「ダイワFX」画面に遷移する際、パソコン画面上にて、契約締結前交付書面等の書面を再交付いたします。既に同意されているお客さまも再度電子交付の上、同意していただく必要があります。
再交付のお手続きは、「ダイワFX」口座の開設時期に関わらず「ダイワFX」をご利用の全てお客さまが対象となりますので、あらかじめご了承ください。
度重なる再交付でお客さまにはご迷惑をおかけしますが、お客さまのリスク管理機能向上を目的としたサービス改善となりますので、なにとぞご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
【再交付の方法について】
「ダイワのオンライントレード(パソコン)」にログインしていただき、「ダイワFX」ボタンをクリックすると、「ダイワFX」のお取引画面が表示される前に、再交付の案内画面が表示されます。その画面にて「書面電子交付」画面へご案内いたします。
※モバイルでは同意のお手続きを行うことができません。一度パソコンでお手続きしていただく必要があります。
※最新版の交付書面に未同意の場合、「ダイワFX」を立ち上げるたびに、案内画面が表示されます。
※最新版の交付書面に未同意の場合、新規注文を発注できません。
当社は、今後もお客さまに親しまれる証券会社、お客さまより選ばれる証券会社を目指して、ご満足いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

お取引にあたっての手数料等およびリスクについて

  • 「ダイワFX」の取引手数料は、無料です。ただし、当社が提示するBid(売値)とAsk(買値)には、差額であるスプレッドがあります。
  • 「ダイワFX」を行なうには、証拠金をお預けいただく必要があります。必要となる証拠金の額は、当社が定める計算式によって算出されます。また、必要な証拠金は、通貨ペア(通貨の組合せ)やその通貨の価格によって変化しますので、本取引の額の証拠金の額に対する比率は、常に一定ではありません。
  • 「ダイワFX」は、取引対象である通貨の価格変動により取引価格が変動します。また、取引対象である通貨の金利変動により金利差相当額(スワップポイント)が受取りから支払いに転じることもあります。通貨の需給の偏りにより、スワップポイントが金利差を反映せず、買付けた通貨の対象国の金利が売付けた通貨の対象国の金利よりも高い場合にもスワップポイントを支払うことになる場合があります。したがって、元本や利益を保証するものではなく、損失が発生することがあります。また、お客さまにお預けいただいた証拠金の額を上回る取引を行なうことができるため、証拠金を上回る額の損失が生じるおそれがあります。

その他ご留意事項

  • お取引に際しては、必ず「ダイワFX」の契約締結前交付書面等、お客さま向け資料の内容をよくお読みください。
以上
閉じる

加入協会: