下記、「確定利益を自動振替する」方式と「確定利益を自動振替しない」方式をご選択に当たってのご注意事項をご確認のうえ、確定利益自動振替の停止申込を行ってください。
「確定利益を自動振替する」方式
【現在方式】
  メリット   デメリット
メリット
・約定後、即時に確定利益を委託保証金として利用することができる
・確定利益で追加の委託保証金の発生を回避することができる
・現金保証金の範囲内で確定利益と差替え出金することができる
デメリット
・決済益と決済損を相殺することはできない(委託保証金から引出す操作が必要)
・自動振替分が買付余力に加算されない(買付余力への加算は委託保証金からの引出しが必要)
「確定利益を自動振替しない」方式
  メリット   デメリット
メリット
・決済益と決済損を相殺することができる
・翌日より決済益が買付余力に加算される(他の商品の買付が可能)
デメリット
・受渡日まで決済益を委託保証金として利用することはできない
・約定日は確定利益を利用したお取引ができない、またお取引口座から出金することはできない
【ご注意】
・初期状態は「確定利益を自動振替する」方式となります。
・「確定利益を自動振替しない」方式への変更申込取消は申込当日のサービス時間内のみ可能となります。
・「確定利益を自動振替しない」方式へ設定を変更した場合、翌営業日の約定分より反映します。
・「確定利益を自動振替しない」方式へ設定を変更した場合、原則「確定利益を自動振替する」方式への変更は不可となりますので、ご注意下さい。
・特定一般口座をご開設の場合、特定口座での設定が特定一般口座にも反映されます。
この画面からはブラウザーの「戻る(Back)」ボタンは使用しないでください。

Copyright(c) DAIWA Securities Co., Ltd.